222件中 31 - 40件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見たベガルタ仙台

    開幕戦で仙台に4-0で圧勝するなどスタートダッシュに成功、第17節まで川崎戦の1敗しか負けがなく、4勝12分1敗とし上位につけた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た川崎フロンターレ

    なお、この年には川崎と公式戦で7試合戦い、全て敗れた(内訳はJ2リーグ4試合(うち1試合は延長Vゴール負け)、ナビスコ杯2試合(2回戦、横浜FCは1回戦で東京Vに1勝1分で勝ち上がり)、天皇杯1試合(4回戦、横浜FCは3回戦でFC東京に勝利)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たアルビレックス新潟

    J2に参入。バイエル・レバークーゼンのコーチに就任したリトバルスキーに代わって、前年まで新潟を率いた永井良和を監督に据えたが、シーズン途中で永井は辞任し、阪倉コーチの監督代行を経て信藤健仁がシーズン終盤の指揮を執った。シーズン成績は12チーム中9位に終わった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た大宮アルディージャ

    リーグ終了後、チーム内得点王となる16ゴールを挙げながらもシーズン後半に精彩を欠いたアンデルソンが退団し、山田卓也・滝澤邦彦などの経験豊富な選手、またチョ・ヨンチョルや太田宏介、昨年大宮にレンタル移籍していた内田智也らが他チームに完全移籍するなど、主力選手の多くがチームを離れた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たFC東京

    チーム名に愛称は設けず単に横浜FCとしている(J加盟クラブで愛称なしの事例はFC東京に次ぐ2クラブ目)が、いずれはフリューゲルスを名乗ると思われた。しかし奥寺康彦は名称継承する事を否定した為、フリューゲルス襲名希望のサポーターグループが解散した経緯がある。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た東京電力

    このうちの福島での主管試合は、当初開催される予定だった9月23日にニッパツ球技場、三ツ沢陸上競技場、日産スタジアムを初めとした首都圏近隣地域でのスタジアムの開催日程確保ができなかったためでもあるが、あづま競技場がJ1・J2規格を満たしていないものの、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震、東京電力福島第一原子力発電所事故)からの復興を祈願し、福島県同胞に真剣勝負の場を見てもらうことで、希望と勇気を与えたいということで特別許可を得て開催されることになった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たユナイテッドアローズ

    ユニフォームサプライヤーのヒュンメルとスーツサプライヤーのユナイテッドアローズとのコラボレーション作品で、12本の縞はチームとサポーターの絆の象徴を表している。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たミズノ

    1999年 - 2000年 ミズノ横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た中野洋司

    監督兼GMである岸野の意向を反映した補強となり、新潟から中野洋司、横浜FMから藤田優人、鹿島から宮崎智彦を獲得。また、新人として井手口正昭、荒堀謙次、佐藤謙介、韓国アンダー代表に選ばれている朴台洪などの有力大学生の獲得にも成功した。前年に続いて鳥栖ゆかりの選手の獲得も行い、鳥栖を支えてきたDFの飯尾和也、鳥栖でJ2の日本人得点王の経験を持つ藤田祥史、2010年に特別指定選手として鳥栖で3試合に出場した森本良が入団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た金裕晋

    前年まで鳥栖監督を務めていた岸野靖之が監督に就任。岸野と共に鳥栖から高地系治、柳沢将之、武岡優斗、渡邉将基が入団し、これに加えて鳥栖在籍歴のあるJFL・鳥取のシュナイダー潤之介、韓国釜山の金裕晋など岸野の戦術を理解する選手を積極的に獲得(このため横浜FCの鳥栖化と揶揄された)。さらに前仙台のFWサーレスや、仙台、新潟などで活躍したシルビーニョといった外国籍選手も獲得、東京Vから元日本代表FW大黒将志をレンタル移籍で獲得。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 31 - 40件表示

「横浜FC」のニューストピックワード