222件中 41 - 50件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見た鄭容臺

    足達が監督を続投。室井市衛、渡辺光輝、鄭容臺、吉野智行、アウグストなどを獲得した一方、小野信義などが退団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た阿部巧

    リーグ終了後、阿部巧はレンタル終了、早川知伸、戸川健太、金裕晋らのDF陣が退団した。なお、岸野はシーズン途中の9月1日からGM兼任となった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た山田卓也

    J1開幕戦は浦和に1-2と惜敗したが、久保が40mのロングシュートを決めた。第2節は横浜FMに1-0で勝利、J1初勝利および横浜ダービーの初対戦初勝利を挙げた。しかし、第3節に川崎に0-6で大敗した後は、久保や奥らがケガで戦列を離れ、外国人選手がチーム戦術にフィットしないなど、チームは低迷。そのため、平本一樹、山田卓也などを獲得するが、前半戦は最下位で折り返した(また、このチームの当時の選手やスタッフなどの経歴を見ると、チームの3分の1が元東京Vの選手などである)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た奥大介

    昨シーズンにチームの総得点61点のうち30得点を挙げた城とアレモンの2人が抜けた攻撃陣を補強するため、横浜FMから元日本代表MF奥大介、久保竜彦、東京Vからジウマール・シウバを獲得した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た早川知伸

    主力選手退団を穴埋めのため、千葉に期限付き移籍していた早川知伸が復帰、韓国から劉孝眞、名古屋から片山奨典、大宮から田中輝和が加入し、またレンタル移籍だった戸川健太・須藤右介は完全移籍となり、難波宏明と並びチーム2位の7得点を決めた池元友樹もレンタル移籍期間延長となった。さらに4月には2006年から2007年7月まで在籍していた鄭容臺が約2年ぶりに復帰した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た吉本岳史

    信藤が監督を続投。期限付き移籍で獲得した迫井深也や吉本岳史、経験豊富な廣長優志などを起用した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た鹿島アントラーズ

    監督兼GMである岸野の意向を反映した補強となり、新潟から中野洋司、横浜FMから藤田優人、鹿島から宮崎智彦を獲得。また、新人として井手口正昭、荒堀謙次、佐藤謙介、韓国アンダー代表に選ばれている朴台洪などの有力大学生の獲得にも成功した。前年に続いて鳥栖ゆかりの選手の獲得も行い、鳥栖を支えてきたDFの飯尾和也、鳥栖でJ2の日本人得点王の経験を持つ藤田祥史、2010年に特別指定選手として鳥栖で3試合に出場した森本良が入団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たセレッソ大阪

    だが、開幕戦でこの年からJ2へ昇格した愛媛に0-1で敗れると足達は早々と解任され(同年中に横浜FCのユース部門責任者に就任)、この年からコーチとして入団していた高木琢也が後任監督に就任した。Jリーグ史上、リーグ戦1試合終了時点で監督が解任されたのは2012年現在でもこの1件のみである(これとは別に2004年のナドベザ・ペーター(C大阪)のように、体調不良で実際の指揮を取らずに辞任した例もある)。フロントは昨年度の不振とキャンプからのチーム作りの遅れなどを理由としたが、この監督交代に対してゴール裏に集うサポーターの多くは怒りを示し、ホーム開幕戦となった第2節の鳥栖戦で横断幕掲示やコール斉唱などの応援行動をボイコットする抗議活動を行った。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たサガン鳥栖

    ベテランの後藤義一や有馬が引退し、廣長が移籍した一方、城彰二、ルディ・バタ、マシューなどの大型補強を行った。また、シーズン途中に当時引退してコーチを務めていた後藤が急遽現役復帰した。最終成績は年間3勝の鳥栖を上回っただけの11位(12チーム中)で、3失点以上の試合が13もあるなど、年間88失点を喫した守備陣に課題を残したシーズンであった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た横浜市

    横浜FC(よこはまエフシー、Yokohama F.C.)は、日本の神奈川県横浜市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「横浜FC」のニューストピックワード