222件中 51 - 60件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見た日本フットボールリーグ

    そのような中、日本サッカー協会は、特例中の特例としてJ2の下位に位置する日本フットボールリーグ(JFL)への「準会員」資格での参加を認めた。一時期、Y.S.C.C.との統合案が挙がったが、それは白紙となった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た柏レイソル

    その後、前年までJ1にいたや神戸と昇格争いを続け、第43節に(開幕直後を除いては)クラブ史上初めての首位に立ち、11月26日に鳥栖に勝利してJ2初優勝を決めた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た愛媛FC

    だが、開幕戦でこの年からJ2へ昇格した愛媛に0-1で敗れると足達は早々と解任され(同年中に横浜FCのユース部門責任者に就任)、この年からコーチとして入団していた高木琢也が後任監督に就任した。Jリーグ史上、リーグ戦1試合終了時点で監督が解任されたのは2012年現在でもこの1件のみである(これとは別に2004年のナドベザ・ペーター(C大阪)のように、体調不良で実際の指揮を取らずに辞任した例もある)。フロントは昨年度の不振とキャンプからのチーム作りの遅れなどを理由としたが、この監督交代に対してゴール裏に集うサポーターの多くは怒りを示し、ホーム開幕戦となった第2節の鳥栖戦で横断幕掲示やコール斉唱などの応援行動をボイコットする抗議活動を行った。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たジェフユナイテッド市原・千葉

    主力選手退団を穴埋めのため、千葉に期限付き移籍していた早川知伸が復帰、韓国から劉孝眞、名古屋から片山奨典、大宮から田中輝和が加入し、またレンタル移籍だった戸川健太・須藤右介は完全移籍となり、難波宏明と並びチーム2位の7得点を決めた池元友樹もレンタル移籍期間延長となった。さらに4月には2006年から2007年7月まで在籍していた鄭容臺が約2年ぶりに復帰した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た貞富信宏

    JAPANサッカーカレッジ監督などを務めた足達勇輔を監督に招聘。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹、貞富信宏などを獲得した。開幕戦を落とすものの、その後2勝2分。しかし、そこから15試合勝ち星なしという泥沼状態に陥る。レオックの増資引き受けによる事実上のオーナー交代の時期とも重なり、財政的な不安がなくなったフロントは方針を転換し、各チームで世代交代の影響を受けていた三浦知良、山口素弘、望月重良など経験豊富な元日本代表選手達を新たに獲得し、チームの強化を図った。特に山口の入団は、既に以前より少なくなっていたとはいえ、横浜FCを応援する元横浜Fサポーター、そして山口本人にとって、他の選手やクラブへの移籍とは少し違った意味を持っていた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た永井良和

    J2に参入。バイエル・レバークーゼンのコーチに就任したリトバルスキーに代わって、前年まで新潟を率いた永井良和を監督に据えたが、シーズン途中で永井は辞任し、阪倉コーチの監督代行を経て信藤健仁がシーズン終盤の指揮を執った。シーズン成績は12チーム中9位に終わった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た佐藤一樹

    JAPANサッカーカレッジ監督などを務めた足達勇輔を監督に招聘。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹、貞富信宏などを獲得した。開幕戦を落とすものの、その後2勝2分。しかし、そこから15試合勝ち星なしという泥沼状態に陥る。レオックの増資引き受けによる事実上のオーナー交代の時期とも重なり、財政的な不安がなくなったフロントは方針を転換し、各チームで世代交代の影響を受けていた三浦知良、山口素弘、望月重良など経験豊富な元日本代表選手達を新たに獲得し、チームの強化を図った。特に山口の入団は、既に以前より少なくなっていたとはいえ、横浜FCを応援する元横浜Fサポーター、そして山口本人にとって、他の選手やクラブへの移籍とは少し違った意味を持っていた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た遠藤昌浩

    新クラブの結成に動いてから半年足らずで日本フットボールリーグ(JFL)で戦うことになり、2月に準会員としてのJFL参加が仮承認され奥寺康彦GM、ピエール・リトバルスキー監督、阪倉裕二コーチ、そして選手には外国人選手パベルを含む元Jリーガー22人と契約した。クラブ初の公式戦となった4月25日のJFL第2節、横浜国際競技場に公式発表で1万1283人が集まったジャトコ戦では2-2の引き分けに終わったが(初ゴールは遠藤昌浩が記録)、5月3日の第3節、三ツ沢球技場での水戸ホーリーホック戦で初勝利するとその後は順調に白星を重ね、JFLの初代優勝チームとなった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た後藤義一

    ベテランの後藤義一や有馬が引退し、廣長が移籍した一方、城彰二、ルディ・バタ、マシューなどの大型補強を行った。また、シーズン途中に当時引退してコーチを務めていた後藤が急遽現役復帰した。最終成績は年間3勝の鳥栖を上回っただけの11位(12チーム中)で、3失点以上の試合が13もあるなど、年間88失点を喫した守備陣に課題を残したシーズンであった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た小野瀬康介

    ペ・スンジン、大久保哲哉、内田智也、阿部巧など、かつて横浜FCに所属した選手が復帰した。また、杉山新、田原豊、永井雄一郎、堀之内聖を完全移籍で獲得。小野瀬康介がユースから昇格し、韓国U-19代表候補の羅誠洙(ナソンス)、2010シーズン特別指定選手だった中里崇宏とプロ契約を結んだ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 51 - 60件表示

「横浜FC」のニューストピックワード