222件中 71 - 80件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見た迫井深也

    信藤が監督を続投。期限付き移籍で獲得した迫井深也や吉本岳史、経験豊富な廣長優志などを起用した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た佐藤謙介

    監督兼GMである岸野の意向を反映した補強となり、新潟から中野洋司、横浜FMから藤田優人、鹿島から宮崎智彦を獲得。また、新人として井手口正昭、荒堀謙次、佐藤謙介、韓国アンダー代表に選ばれている朴台洪などの有力大学生の獲得にも成功した。前年に続いて鳥栖ゆかりの選手の獲得も行い、鳥栖を支えてきたDFの飯尾和也、鳥栖でJ2の日本人得点王の経験を持つ藤田祥史、2010年に特別指定選手として鳥栖で3試合に出場した森本良が入団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た田島宏晃

    JFL正会員となり、Jリーグ準会員として承認された。ソシオ制度を巡る内紛、責任企業不在による資金難などクラブ運営は迷走を始めたが、ライバルの本田技研から水原大樹や田島宏晃を加えたチームは首位を独走した。10月8日のJFL後期第7節、国士舘大学戦に勝利し(5-3)、Jリーグ昇格条件の2位以内が確定し、10月22日のJFL後期第8節で静岡産業大学に勝利して2年連続優勝を決めた。シーズン終了後、翌年からのJリーグ加盟が正式承認された。しかし、独自のチームとして歩み始め「フリューゲルス」名称の譲渡を横浜FMに求めないとした横浜FCから離れる元横浜Fサポーターも現れ、観客動員数は減少した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たナドベザ・ペーター

    だが、開幕戦でこの年からJ2へ昇格した愛媛に0-1で敗れると足達は早々と解任され(同年中に横浜FCのユース部門責任者に就任)、この年からコーチとして入団していた高木琢也が後任監督に就任した。Jリーグ史上、リーグ戦1試合終了時点で監督が解任されたのは2012年現在でもこの1件のみである(これとは別に2004年のナドベザ・ペーター(C大阪)のように、体調不良で実際の指揮を取らずに辞任した例もある)。フロントは昨年度の不振とキャンプからのチーム作りの遅れなどを理由としたが、この監督交代に対してゴール裏に集うサポーターの多くは怒りを示し、ホーム開幕戦となった第2節の鳥栖戦で横断幕掲示やコール斉唱などの応援行動をボイコットする抗議活動を行った。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た中里崇宏

    ペ・スンジン、大久保哲哉、内田智也、阿部巧など、かつて横浜FCに所属した選手が復帰した。また、杉山新、田原豊、永井雄一郎、堀之内聖を完全移籍で獲得。小野瀬康介がユースから昇格し、韓国U-19代表候補の羅誠洙(ナソンス)、2010シーズン特別指定選手だった中里崇宏とプロ契約を結んだ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たルディ・バタ

    ベテランの後藤義一や有馬が引退し、廣長が移籍した一方、城彰二、ルディ・バタ、マシューなどの大型補強を行った。また、シーズン途中に当時引退してコーチを務めていた後藤が急遽現役復帰した。最終成績は年間3勝の鳥栖を上回っただけの11位(12チーム中)で、3失点以上の試合が13もあるなど、年間88失点を喫した守備陣に課題を残したシーズンであった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た小野信義

    足達が監督を続投。室井市衛、渡辺光輝、鄭容臺、吉野智行、アウグストなどを獲得した一方、小野信義などが退団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た水原大樹

    JFL正会員となり、Jリーグ準会員として承認された。ソシオ制度を巡る内紛、責任企業不在による資金難などクラブ運営は迷走を始めたが、ライバルの本田技研から水原大樹や田島宏晃を加えたチームは首位を独走した。10月8日のJFL後期第7節、国士舘大学戦に勝利し(5-3)、Jリーグ昇格条件の2位以内が確定し、10月22日のJFL後期第8節で静岡産業大学に勝利して2年連続優勝を決めた。シーズン終了後、翌年からのJリーグ加盟が正式承認された。しかし、独自のチームとして歩み始め「フリューゲルス」名称の譲渡を横浜FMに求めないとした横浜FCから離れる元横浜Fサポーターも現れ、観客動員数は減少した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た安孝錬

    この陣容で「J1復帰」を目標に掲げてスタートしたが、開幕から8試合勝利なし(3分5敗)と低迷。第9節(対水戸)でようやく初勝利を手にしたものの、以降は5月30日の愛媛戦に勝利するまで8試合勝ちなし(1分7敗)であった。その後も勝ち点を奪えない状況が続いていたが、元韓国代表の安孝錬の加入と小野智吉の怪我からの復帰でチーム状況は好転。特に安の所でボールが収まるようになり前線にタメができるようになった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た吉武剛

    長年横浜FCを支えた北村知隆や吉武剛など11人が抜けた一方で、新たに11人の選手を獲得。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 71 - 80件表示

「横浜FC」のニューストピックワード