258件中 81 - 90件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見た鹿児島ユナイテッドFC

    中田体制2年目。甲府から5年ぶりに復帰の渡邉将基、町田からカルフィン・ヨン・ア・ピンを完全移籍で獲得。新外国人としてジョン・チュングンを補強、ユースから山本凌太郎が昇格、大学生の中山雄希、新井純平、高校生の市川暉記が新加入した。一方で、安英学が引退、内田智也(香港1部・Southern District FC)、市村篤司(讃岐)、ロク・シュトラウス、松下年宏(鹿児島)と契約を更新せず、大?玲央が徳島、小野瀬康介が山口、渋谷飛翔が名古屋へ移籍、似鳥康太は岡山に復帰した。3月にナ・ソンスが鹿児島へ期限付き移籍、C大阪を昨年末退団し無所属だった北野貴之が加入、7月に元柏のレアンドロ・ドミンゲスが加入した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た西河翔吾

    昨年途中で辞任したルスが監督に復帰。岡山から田所諒、徳島から津田知宏、山形から西河翔吾、大宮から藤井悠太を完全移籍で、ベトナム1部・ホアンアイン・ザライからグエン・トゥアン・アインを期限付き移籍で獲得。新外国人選手としてデニス・ハリロヴィッチを獲得、さらに一度は契約を更新しなかった野崎陽介と再契約をした。一方で、中島崇典(鳥取)、黒津勝(鳥取)、村井泰希、井手口正昭(ベトナム1部・ホアンアイン・ザライ)らと契約を更新せず、小池純輝が千葉、パク・テホンがKリーグ2部・大邱FCへ移籍した。開幕直後に新外国人選手としてイバ、岡山ネクストから似鳥康太が期限付き移籍で加入した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た貞富信宏

    JAPANサッカーカレッジ元監督の足達勇輔が監督に就任。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹、貞富信宏などを獲得した。リーグ戦は第6節から15試合勝ち星無しを喫するなどで、11位(12チーム中)で終わった。なお、シーズン途中に元日本代表の三浦知良、山口素弘、望月重良など獲得した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たドウグラス・マルケス・ドス・サントス

    山口体制3年目。ユースから高丘陽平と石井圭太が昇格。熊本から南雄太、東京Vから小池純輝と飯尾一慶を獲得。ホナウドをジョインヴィレから、ドウグラスをフィゲイエンセから完全移籍で獲得した。また、フェリペも完全移籍で獲得。永田拓也を浦和、松下年宏を仙台からそれぞれ完全移籍で獲得した。安英学を自由契約から獲得し、野村直輝を日本経済大学から新加入した。また、朴成鎬も浦項から完全移籍で獲得した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た永井良和

    リトバルスキーがバイエル・レバークーゼンのコーチ就任に伴い監督を退任。新潟元監督の永井良和が後任監督に就任したが、シーズン途中に退任し、9月に信藤健仁が監督に就任した。J2初年度は12チーム中9位の成績。2001年のJリーグカップは1回戦でJ1の東京Vに勝利(2回戦で川崎に敗退)、天皇杯は3回戦でJ1のFC東京に勝利を収めた(4回戦で川崎に敗退)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た佐藤一樹

    JAPANサッカーカレッジ元監督の足達勇輔が監督に就任。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹、貞富信宏などを獲得した。リーグ戦は第6節から15試合勝ち星無しを喫するなどで、11位(12チーム中)で終わった。なお、シーズン途中に元日本代表の三浦知良、山口素弘、望月重良など獲得した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た中田仁司

    しかし失点、得失点差でワースト2位になるなどチームは低迷。ルスがクラブの成績不振、並びに自らの健康面の不安を理由として9月12日の札幌戦(札幌ドーム)試合後に辞意を表明、慰留に努めたが9月15日を持って辞任、後任監督に強化育成テクニカルディレクターの中田仁司が就任した。なお、順位は15位。シーズン終了後に中田が監督を退任し、強化育成テクニカルダイレクターに復帰した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た野村直輝

    山口体制3年目。ユースから高丘陽平と石井圭太が昇格。熊本から南雄太、東京Vから小池純輝と飯尾一慶を獲得。ホナウドをジョインヴィレから、ドウグラスをフィゲイエンセから完全移籍で獲得した。また、フェリペも完全移籍で獲得。永田拓也を浦和、松下年宏を仙台からそれぞれ完全移籍で獲得した。安英学を自由契約から獲得し、野村直輝を日本経済大学から新加入した。また、朴成鎬も浦項から完全移籍で獲得した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た鄭充根

    中田体制2年目。甲府から5年ぶりに復帰の渡邉将基、町田からカルフィン・ヨン・ア・ピンを完全移籍で獲得。新外国人としてジョン・チュングンを補強、ユースから山本凌太郎が昇格、大学生の中山雄希、新井純平、高校生の市川暉記が新加入した。一方で、安英学が引退、内田智也(香港1部・Southern District FC)、市村篤司(讃岐)、ロク・シュトラウス、松下年宏(鹿児島)と契約を更新せず、大?玲央が徳島、小野瀬康介が山口、渋谷飛翔が名古屋へ移籍、似鳥康太は岡山に復帰した。3月にナ・ソンスが鹿児島へ期限付き移籍、C大阪を昨年末退団し無所属だった北野貴之が加入、7月に元柏のレアンドロ・ドミンゲスが加入した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た眞中幹夫

    2000年 : 水原大樹、眞中幹夫、後藤義一、横山博敏、有馬賢二横浜FC フレッシュアイペディアより)

258件中 81 - 90件表示

「横浜FC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]