151件中 91 - 100件表示
  • 小泉旋風

    小泉旋風から見た横路孝弘横路孝弘

    また、選挙に強い筈の前述の菅のみらず綿貫民輔や田中真紀子や横路孝弘などの野党大物候補も、当選するも2位の自民党候補に追いあげられ、苦戦を強いられた。小泉旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 第46回衆議院議員総選挙

    第46回衆議院議員総選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    一方、与党民主党は改選前の230議席からほぼ4分の1、前回衆院選の308議席からは5分の1以下に留まる57議席しか獲得できず、藤村修内閣官房長官をはじめ樽床伸二総務大臣、城島光力財務大臣、田中眞紀子文部科学大臣ら現職閣僚8人(国民新党からの閣僚も含む)が落選するなど歴史的かつ壊滅的な大敗を喫した。現職の内閣官房長官が落選した選挙は過去に例がなく、現職閣僚の落選人数についても現憲法下でそれまで最多であった1976年の第34回総選挙、1983年の第37回総選挙での3人をはるかに上回るものとなった。また、各省庁でも23人の副大臣、大臣政務官が落選し、これも記録的な数字となった。ほかに菅直人前内閣総理大臣、横路孝弘前衆議院議長、海江田万里元経済産業大臣、原口一博元総務大臣ら有力候補も小選挙区で落選し、比例区で復活当選した。内閣総理大臣経験者と直近の元衆議院議長の比例区での復活は現行の小選挙区比例代表並立制が導入されて以降初の例となった(衆議院議長では土井たか子や綿貫民輔など、退任後に落選した人物はいるが解散時の議長の落選はなかった)。議席数は1998年の結党以来最少にまで落ち込み、同党の参議院議員の数(88人)より少なくなった。野田首相は「最大の責任は私にあります」と即日党代表の辞任を表明した。第46回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島一正

    岡島一正から見た横路孝弘横路孝弘

    党内では保守系の議員の一人ではあるが、イラク日本人人質事件が発生した直後の2004年4月10日、生方幸夫、小林千代美らとともに民主党衆参27名の署名を集め、イラクから自衛隊を撤退させるよう声明を出した。また、署名はしなかったものの、小沢一郎や横路孝弘も賛同していることを明らかにした。岡島一正 フレッシュアイペディアより)

  • 横路節雄

    横路節雄から見た横路孝弘横路孝弘

    妻・美喜の実兄は野呂榮太郎、長男は前衆議院議長の横路孝弘横路節雄 フレッシュアイペディアより)

  • 松本剛明

    松本剛明から見た横路孝弘横路孝弘

    2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では兵庫11区で4選。同年9月、衆議院議院運営委員長に就任した。なお各委員会の常任委員長を決定する際、鈴木宗男を外務委員長に起用する人事を内定していた民主党が、常任委員長人事を一括して議決するよう動議を出した際は、これを認める考えを示した。しかし、衆議院議長の横路孝弘が外務委員長人事のみを分離して議決する提案を、鈴木の外務委員長就任に反対する自民党やみんなの党に対して示したため、最終的に外務委員長人事案のみ分離した上で議決された。松本剛明 フレッシュアイペディアより)

  • 第177回国会

    第177回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    無所属 - 9 (議長:横路孝弘、副議長:衛藤征士郎を含む)第177回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年北海道知事選挙

    1995年北海道知事選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    北海道知事の任期(4年)が満了したことに伴って実施された選挙で、3期12年の間、北海道知事を務めてきた横路孝弘が退任したことに伴い、1983年以来12年ぶりに新人同士による一騎討ちの選挙戦となった。北海道知事選挙は第1回(1947年)以来、一貫して統一地方選挙の日程で実施されている。また北海道は旧社会党の勢力が強いところで、知事選挙では常に与野党一騎討ちの選挙戦が展開されてきた。しかし、前年国政において自民党・社会党・さきがけの三党連立政権(村山政権)が発足し、それまで道政で対立してきた自民・社会が共に与党となった中、自民党が元社会党代議士の伊東秀子を、社会党が国政野党である新進党や公明などとともに横路の後継候補である堀達也を推薦するという「ねじれ型」選挙となった。1995年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第181回国会

    第181回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    無所属 - 6 (議長:横路孝弘、副議長:衛藤征士郎を含む)第181回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た横路孝弘横路孝弘

    2009年9月16日、新党大地が衆議院で民主党の統一会派「民主党・無所属クラブ」に参加する形で与党会派入り、9月17日に衆議院外務委員長に就任。有罪判決を受けて上告中の刑事被告人が与党会派入りして国会の常任委員長に就任するのはきわめて異例である。自民党・公明党・共産党の野党は「一、二審で有罪判決を受けて上告中の刑事被告人なので、委員会を代表して円滑かつ公平な運営にたずさわる役職にふさわしくない」として鈴木宗男の外務委員長就任に反発し、与党の民主党は「推定無罪の原則がある」「直近の民意で当選している」と反論。常任委員長は慣例として全会一致で議長指名として選出されるところ、本件については異例の起立採決で議長指名となり、横路孝弘衆議院議長が鈴木宗男を外務委員長に指名した。この国会人事については民主党が北海道で圧勝した鈴木宗男の影響力を考慮した論功行賞的な人事とする向きもある。鈴木は自身の刑事訴訟と外務委員長就任について2009年11月18日に岩屋毅から質問を受けた際には「司法は司法の判断。立法府は立法府の判断があっていい」と述べた。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

151件中 91 - 100件表示