140件中 91 - 100件表示
  • 第177回国会

    第177回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    無所属 - 9 (議長:横路孝弘、副議長:衛藤征士郎を含む)第177回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た横路孝弘横路孝弘

    この東京都による購入計画が浮上すると、丹羽宇一郎駐中大使は6月7日付け『フィナンシャル・タイムズ』によるインタビューで、「購入が実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」として、日本政府関係者として初めて反対を明言した。これに対して石原都知事からは不快感を呈され、藤村修官房長官からは「領土問題など存在しない」とする日本政府の立場から「政府の立場を表明したものでは全くない」と反論された。また、関連して、同年5月4日に衆議院議長・横路孝弘(旧社会党)と習近平国家副主席との会談に同席した丹羽が、「(尖閣諸島購入を支持する)日本の国民感情はおかしい、日本は変わった国なんですよ」と尖閣諸島の実効支配の強化を望む日本の国民感情を揶揄していたことも判明した。丹羽はこの件で改めて与野党やメディアから批判を浴び、更迭されることになった。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立九段高等学校

    東京都立九段高等学校から見た横路孝弘横路孝弘

    横路孝弘(政治家、札幌西高校から転校し1年2学期から)東京都立九段高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 箕輪登

    箕輪登から見た横路孝弘横路孝弘

    1987年の北海道知事選挙では元農林水産官僚の松浦昭を擁立したが、松浦は現職の横路孝弘知事に大敗し、自民党北海道連会長であった箕輪は引責辞任に追い込まれた。田中派分裂に当たっては経世会に参加。箕輪登 フレッシュアイペディアより)

  • 竹村泰子

    竹村泰子から見た横路孝弘横路孝弘

    神戸市で出生し最終学歴は聖和女子短大中退。札幌市に転居後に市民運動家として平和・人権・環境・民族問題に取り組み、1983年北海道知事に就任して間もない横路孝弘から地盤を預かる形で旧北海道1区で無所属・日本社会党推薦で出馬し衆院初当選。1986年の総選挙では次点(旧北海道1区の地盤は伊東秀子が継承、小選挙区制導入後に横路が国政復帰)。竹村泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦昭

    松浦昭から見た横路孝弘横路孝弘

    1987年4月 北海道知事選で革新系現職横路孝弘に敗れて落選松浦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 全国勝手連連合会

    全国勝手連連合会から見た横路孝弘横路孝弘

    なお、1983年の北海道知事選挙に際して、候補となった横路孝弘を支援する団体が「横路孝弘と勝手に連帯する若者連合」を名乗ったことに由来する勝手連の動きとは上記のように直接の連動性はない。全国勝手連連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽宇一郎

    丹羽宇一郎から見た横路孝弘横路孝弘

    また、関連して、同年5月4日に衆議院議長・横路孝弘(旧社会党)と中国国家副主席・習近平国家副主席との会談に同席した丹羽が、「日本の国民感情はおかしい、日本は変わった国なんですよ」と、東京都の計画に賛意を示す日本の世論を揶揄・批判していたことも判明している。丹羽宇一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山井和則

    山井和則から見た横路孝弘横路孝弘

    第45回衆議院議員総選挙で、NTT労働組合アピール21の準組織内候補者に小宮山洋子、横路孝弘と一緒に選ばれている。山井和則 フレッシュアイペディアより)

  • 池田元久

    池田元久から見た横路孝弘横路孝弘

    1990年、NHKを退職し第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で出馬し、初当選。しかし1993年の第40回衆議院議員総選挙では新党ブームに乗る新生党や日本新党、新党さきがけの躍進の煽りを受けて社会党は惨敗し、池田も落選した。その後社会党は党名を社会民主党に改めるが退潮傾向に歯止めがかからず、池田は社民党を離党し、山花貞夫元社会党委員長や、横路孝弘元北海道知事、新党さきがけを離党した菅直人、鳩山由紀夫らを中心に結党した旧民主党に入党。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙では民主党公認で神奈川県第6区から出馬し、3年ぶりに返り咲きを果たした。2000年の第42回衆議院議員総選挙で3選。池田元久 フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード