140件中 11 - 20件表示
  • 岡崎トミ子

    岡崎トミ子から見た横路孝弘横路孝弘

    1990年、東北放送を退社。第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧宮城県第1区から出馬し、初当選を果たした。1993年の第40回衆議院議員総選挙で再選。1994年、村山内閣で文部政務次官に任命された。1996年、社会党解党に伴い、事実上の後継政党である社会民主党結党に参加したが、間もなく離党。同年、新党さきがけを離党した菅直人や鳩山由紀夫、新進党の鳩山邦夫、元北海道知事の横路孝弘らが結成した旧民主党結党に参加し、党副代表に就任。しかし、結党直後の第41回衆議院議員総選挙で落選した。岡崎トミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た横路孝弘横路孝弘

    1990年、第39回衆議院議員総選挙(旧北海道4区・自民党公認)2期目当選。1991年北海道知事選挙で圧倒的な強さを誇る横路孝弘知事への対抗馬に名前が挙がったが固辞した。実弟邦夫の東大法学部同級生で自身の友人で自身の選挙区内の白老町に別荘所有の国際政治学者舛添要一を自民党道連に紹介し舛添も一時乗り気だったが横路知事の圧倒的な強さを感じ辞退、告示一ヶ月前を切った段階で前年議席を失った中曽根派前代議士の佐藤が出馬表明し惨敗した。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年9月民主党代表選挙

    2010年9月民主党代表選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    衆議院議員305人、参議院議員106人 - もともとは衆院308名で衆参総計414名であった。しかしこの選挙までに、衆議院の石川知裕が小沢一郎金権問題で逮捕され離党、小林千代美は辞職し、衆参総計412人に減っていた。加えて衆議院議員中島正純は、政治資金収支の不正報告が発覚し、選挙期間中の9月7日に離党した。反対に、形式的に離党しているだけの横路孝弘・西岡武夫両議長は、民主党籍があるため一票を行使できる。2010年9月民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 田中角栄を追放する勝手連

    田中角栄を追放する勝手連から見た横路孝弘横路孝弘

    「勝手連」の名称は、同年春の北海道知事選挙に当選した横路孝弘の支援組織として一世を風靡した勝手連(「横路孝弘と勝手に連帯する若者連合」)に便乗したものである。当然ではあるが、「本家」の勝手連とのつながりはなく、「自発的に参集してある人物を支援する」という勝手連本来の選挙スタイルとも異なるものであった。田中角栄を追放する勝手連 フレッシュアイペディアより)

  • 政治家の年金未納問題

    政治家の年金未納問題から見た横路孝弘横路孝弘

    横路孝弘(1995.05?2000.12、5年8か月間)政治家の年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原豊

    桑原豊から見た横路孝弘横路孝弘

    新政局懇談会初代会長横路孝弘 - 1999年9月と2002年9月の民主党代表選挙で96年初当選同期生方幸夫と共に推薦人として支援桑原豊 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年北海道知事選挙

    1991年北海道知事選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    北海道知事の任期4年が満了したことに伴って実施された選挙である。北海道知事選挙は第1回(1947年)以来、一貫して統一地方選挙の日程で実施されている。また北海道は旧社会党が強い地域で、知事選挙では保革による一騎打ちの激しい選挙戦が展開されてきた。この時の選挙戦は事実上、3期目を目指す現職で社会党などが推薦する横路孝弘候補に対し、自民党推薦の佐藤静雄候補と共産党が推薦する道労連議長の斎藤敏夫候補が挑む展開となったが、横路候補が佐藤候補らに大差をつけて圧勝する結果となった。1991年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 田村正敏

    田村正敏から見た横路孝弘横路孝弘

    1983年の北海道知事選挙では「横路孝弘と勝手に連帯する若者連合」(愛称・勝手連)を発足させ、日本社会党推薦の横路孝弘を当選させる。田村正敏 フレッシュアイペディアより)

  • 第163回国会

    第163回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    召集日である9月21日に衆議院議長選挙で、衆議院議長に河野洋平、衆議院副議長に横路孝弘が選出され、内閣総理大臣指名選挙(首班指名)では衆参両院で小泉純一郎が指名され、第3次小泉内閣を発足した。第163回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 辻一彦

    辻一彦から見た横路孝弘横路孝弘

    社民党から旧民主党の結党を経て民主党結成参加し翌年9月の民主党代表選挙では横路孝弘推薦人。小選挙区比例代表並立制に移行した1996年第41回衆議院議員総選挙で福井3区から出馬し当選。次の2000年第42回衆議院議員総選挙で前回破った新人高木毅に敗れて落選した為、そのまま政界を引退した。2008年9月5日肺炎で死去。叙正四位。辻一彦 フレッシュアイペディアより)

140件中 11 - 20件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード