151件中 21 - 30件表示
  • 全国勝手連連合会

    全国勝手連連合会から見た横路孝弘横路孝弘

    なお、1983年の北海道知事選挙に際して、候補となった横路孝弘を支援する団体が「横路孝弘と勝手に連帯する若者連合」を名乗ったことに由来する勝手連の動きとは上記のように直接の連動性はない。全国勝手連連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部未喜男

    阿部未喜男から見た横路孝弘横路孝弘

    土井たか子、横路孝弘と同期である。社会党右派グループ「水曜会」の代表を務めた。1993年(平成5年)、横光克彦に地盤を譲り引退。引退後は横光の後援会会長を務めていた。阿部未喜男 フレッシュアイペディアより)

  • 小林恒人

    小林恒人から見た横路孝弘横路孝弘

    島本虎三の勇退に伴い、1979年10月の第35回衆議院議員総選挙で日本社会党公認で北海道1区から立候補したが落選。翌1980年6月の第36回衆議院議員総選挙で初当選を果たした。得票数は同じ北海道1区で立候補した社会党の現職、横路孝弘を上回った。1983年12月第37回衆議院議員総選挙、1986年7月第38回衆議院議員総選挙、1990年2月第39回衆議院議員総選挙でも再選された。小林恒人 フレッシュアイペディアより)

  • 第175回国会

    第175回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    各党派に属しない議員 - 4(議長:横路孝弘 - 民主党から離脱、副議長:衛藤征士郎 - 自由民主党から離脱、元民主党1、元自由民主党1)第175回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 第176回国会

    第176回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    各党派に属しない議員 - 5(議長:横路孝弘 - 民主党から離脱、副議長:衛藤征士郎 - 自由民主党から離脱、元民主党2、元自由民主党1)第176回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 第178回国会

    第178回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    無所属 - 9 (議長:横路孝弘、副議長:衛藤征士郎を含む)第178回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市立二条小学校

    札幌市立二条小学校から見た横路孝弘横路孝弘

    正面にNTT病院がある。また、元・北海道知事、および元・衆議院議長の横路孝弘が卒業した小学校としても知られている。平日の始業前に開かれる「朝の活動」では、スポーツ・音楽・読書など、特色のある活動が行われている。また、各種研究大会・発表会も数多く開催されている。札幌市立二条小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇陛下御在位二十年記念式典

    天皇陛下御在位二十年記念式典から見た横路孝弘横路孝弘

    主催者である内閣を代表し、内閣総理大臣の鳩山由紀夫が式典委員長として式辞を述べた。また、三権の長である衆議院議長の横路孝弘、参議院議長の江田五月、最高裁判所長官の竹?博允が祝辞を述べた。また、閣内で副総理に位置づけられているため、内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策担当)の菅直人が開会の辞などを担当した。天皇陛下御在位二十年記念式典 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木秀典

    佐々木秀典から見た横路孝弘横路孝弘

    1983年、第13回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から、元委員長・飛鳥田一雄の引退を受けて第35回衆議院議員総選挙に東京1区から日本社会党公認で立候補する。保守政治家を父に持つ佐々木が、社会党から出馬したことで話題になるが、両選挙では落選。1986年には郷里の旭川市長選挙に立候補するが落選する。旭川弁護士会会長及び北海道弁護士連合会副理事長を経て、1990年の第39回衆議院議員総選挙に前衆議院副議長・安井吉典の後継者として社会党公認で立候補し、初当選(同区で旭川西高の後輩である自民党の今津寛も当選)。以後、連続当選5回。1993年に成立した細川内閣では法務政務次官に就任する。1996年、社会民主党を離党し、旧民主党・民主党の結党に参加。1999年の民主党代表選挙では、新政局懇談会会長・横路孝弘の推薦人になった。衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、内閣委員長、決算行政監視委員長を歴任。2003年の第43回衆議院議員総選挙では今津に敗北し比例復活で再選。佐々木秀典 フレッシュアイペディアより)

  • 川村清一

    川村清一から見た横路孝弘横路孝弘

    北海道小樽市生まれ。函館師範学校(現在の北海道教育大学函館校)卒。1946年北海道教職員組合情報宣伝部長、1948年浦河町立浦河第一中学校校長を経て、1955年日本社会党から北海道議会議員に初当選。1963年日本社会党北海道本部委員長。1965年の同党公認で第7回参議院議員通常選挙にて初当選。以後連続3期。参議院農林水産委員会理事を長く務め、1979年に再び同党北海道本部委員長に就任。横路孝弘の知事選の裏方役に徹し、横路道政誕生に尽力した。1983年横路知事の誕生と共に引退。川村清一 フレッシュアイペディアより)

151件中 21 - 30件表示