140件中 21 - 30件表示
  • 衆議院の優越

    衆議院の優越から見た横路孝弘横路孝弘

    参議院の意思でみなし否決や自然成立の日付が変わるのは、憲法の衆議院の優越規定を根幹から崩すとして反対意見も出ている。横路孝弘衆議院議長は2011年3月3日、予算案受領は機械的に行われるもので何らかの意思によって変動させることは法的安定性を害するとする、談話を発表した。予算案の受領日をめぐり、衆参両院の議長で見解が分かれる異例の事態となっている。もっとも、2011年度予算は3月29日に参議院本会議で否決され衆議院に返付されたため、衆議院の優越規定で衆議院の議決が国会議決となり、結果的として問題とならなかったが、今後の運用に波紋を残す結果となった。衆議院の優越 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地日出男

    菊地日出男から見た横路孝弘横路孝弘

    1983年4月に行われた北海道知事選挙では、札幌・すすきのの飲食店店主らに横路孝弘北海道知事誕生を目指す勝手連の結成を呼び掛け、田村正敏らと共に中心人物として活動した。画家活動も続け、2000年に札幌大丸ギャラリー (美術)にて個展や東京・銀座のアートミュージアムギンザにて移動個展を開催した。しかし、急速な業容拡大に伴って資金コストが大幅に増加し、資金繰りに行き詰り、2003年2月24日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。菊地日出男 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市立二条小学校

    札幌市立二条小学校から見た横路孝弘横路孝弘

    正面にNTT病院がある。また、元・北海道知事、現・衆議院議長の横路孝弘が卒業した小学校としても知られている。平日の始業前に開かれる「朝の活動」では、スポーツ・音楽・読書など、特色のある活動が行われている。また、各種研究大会・発表会も数多く開催されている。札幌市立二条小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年北海道知事選挙

    1987年北海道知事選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    この時の知事選挙は、前回(1983年)の知事選挙で当選した横路孝弘の革新道政を継続させるか否かが争点となった。また選挙戦に入ると「売上税」問題も争点に浮上して有権者の関心も高まり、激しい選挙戦が展開された。当時の北海道は減反や二百海里減船対策、国の第8次石炭政策による相次ぐ炭鉱閉山など、北海道の基幹産業である農漁業や炭鉱業が産業構造転換を前にして問題に直面している中で行われた選挙となった。横路候補はこれら一連の産業構造転換を「国による地方いじめの時代」とし、「地方の復権」「地方の自立」を訴え、対する松浦候補は元食糧庁長官という経歴から「中央との太いパイプ」を前面に打ち出し、公共事業など国の予算の重点配分による危機打開を提示し、真っ向から対立した。選挙の結果、現職の横路候補が新人の松浦候補と山辺候補を大差で破って再選を果たした。1987年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省設置法

    防衛省設置法から見た横路孝弘横路孝弘

    2006年11月30日に衆議院本会議で、同年12月15日には参議院本会議で、それぞれ防衛庁設置法改正案が自民、公明、民主、国民新党などの賛成多数で可決され成立した(共産、社民両党は反対)。それを受け、2007年1月9日から「防衛省設置法」に改称された。なお、民主党内には法案に対する態度に違いがあり、衆議院では横路孝弘副議長が反対、4人が欠席、2人が途中退席した。参議院では下田敦子、山下八洲夫が棄権、犬塚直史、神本美恵子、白真勲、藤末健三、松岡徹が欠席した。防衛省設置法 フレッシュアイペディアより)

  • 小林恒人

    小林恒人から見た横路孝弘横路孝弘

    島本虎三の勇退に伴い、1979年10月の第35回衆議院議員総選挙で日本社会党公認で北海道1区から立候補したが落選。翌1980年6月の第36回衆議院議員総選挙で初当選を果たした。得票数は同じ北海道1区で立候補した社会党の現職、横路孝弘を上回った。1983年12月第37回衆議院議員総選挙、1986年7月第38回衆議院議員総選挙、1990年2月第39回衆議院議員総選挙でも再選された。小林恒人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木秀典

    佐々木秀典から見た横路孝弘横路孝弘

    1983年、第13回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から、飛鳥田一雄元委員長の引退を受けて第35回衆議院議員総選挙に東京1区から日本社会党公認で立候補する。保守政治家を父に持つ佐々木が、仇敵とも言うべき社会党から出馬したことで話題になるが、両選挙では落選。1986年には郷里の旭川市長選挙に立候補するが落選する。旭川弁護士会会長及び北海道弁護士連合会副理事長を経て、1990年の第39回衆議院議員総選挙に安井吉典前衆議院副議長の後継者として社会党公認で立候補し、初当選(同区で旭川西高の後輩で総裁派閥河本派新人今津寛も当選)。以後、連続当選5回。1993年に成立した細川内閣では法務政務次官に就任する。1996年、社民党を離党し、旧民主党、民主党の結党に参加し代表選挙では新政局懇談会会長横路孝弘の推薦人になった。衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、内閣委員長、決算行政監視委員長を歴任。2003年第43回衆議院議員総選挙では今津に敗北し比例復活で再選。佐々木秀典 フレッシュアイペディアより)

  • 新党護憲リベラル

    新党護憲リベラルから見た横路孝弘横路孝弘

    1995年4月の統一地方選挙では、北海道知事選挙で自民党・自由連合の推薦と新党さきがけの支持で立候補した伊東秀子を支援し、前知事横路孝弘の後継で新進党・公明・民社協会などが推薦した堀達也らと争った(堀が当選、伊東は次点)。更に、東京都東村山市議会議員選挙に、田の関係者矢野穂積を公認候補として擁立するも、次点で落選した。その後矢野は繰り上げ当選するも、無所属として活動した。また、神奈川県議会で1名、横浜市議会で2名を当選させた。新党護憲リベラル フレッシュアイペディアより)

  • 道下大樹

    道下大樹から見た横路孝弘横路孝弘

    大学卒業後は、前述の泉より紹介(当時、泉は民主党京都府連役員を務めていた)され、かねてより敬愛していた横路孝弘・衆議院議員事務所に秘書として入所する。その後、横路議員の公設第二秘書を経て2006年より公設第一秘書となる。道下大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 森井忠良

    森井忠良から見た横路孝弘横路孝弘

    1996年8月、新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事と菅直人厚相の鳩菅新党構想が囁かれ、社民党内でも田邊誠元委員長や横路孝弘前北海道知事たちが中心となって新党構想に動き始めた。森井忠良 フレッシュアイペディアより)

140件中 21 - 30件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード