151件中 31 - 40件表示
  • 島本虎三

    島本虎三から見た横路孝弘横路孝弘

    1979年第35回衆議院議員総選挙不出馬を表明し衆議院解散で国会議員を引退したが小樽の近隣の仁木町の有志の要請で町長選挙に出馬し当選し1987年まで2期8年務めた。町長時代には山村開発センターを設置し郷土資料館を併設した。道知事横路孝弘やセゾングループの総帥堤清二の助けも借り町おこしに尽力。島本虎三 フレッシュアイペディアより)

  • 辻一彦

    辻一彦から見た横路孝弘横路孝弘

    社民党から旧民主党の結党を経て民主党の結成に参加。翌年9月の民主党代表選挙では横路孝弘の推薦人となる。辻一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原豊

    桑原豊から見た横路孝弘横路孝弘

    新政局懇談会初代会長横路孝弘 - 1999年9月と2002年9月の民主党代表選挙で96年初当選同期生方幸夫と共に推薦人として支援桑原豊 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎武法

    神崎武法から見た横路孝弘横路孝弘

    司法修習の同期に高村正彦(自由民主党副総裁)、井上哲夫、横路孝弘(衆議院議長経験者)、江田五月(参議院議長経験者)、松尾邦弘らがいる。神崎武法 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ナルイシキン

    セルゲイ・ナルイシキンから見た横路孝弘横路孝弘

    日本との関係では、大統領府長官時代に来日している他、2012年6月、横路孝弘衆議院議長の招きで来日しており、野田佳彦首相、玄葉光一郎外相と会談している。2014年6月2日、3日に来日し東京都内で開かれた文化交流イベント「ロシア文化フェスティバル」に出席した。伊吹文明衆議院議長、山崎正昭参議院議長らと会談した。セルゲイ・ナルイシキン フレッシュアイペディアより)

  • 幌延深地層研究センター

    幌延深地層研究センターから見た横路孝弘横路孝弘

    1980年ごろ、町長及び町議会は札幌市の皮革なめし工場の誘致を試みた。同じころ、原子力船むつの母港の誘致も行ったが、いずれも成功には至らなかった。1981年2月、泊発電所に次ぐ道内二か所目の原子力発電所を誘致すべく、町費を投じてボーリング調査をしたが、沿岸の浜里地区の地盤は脆弱で、立地には不適であった。1981年夏、上山利勝町議会議長(後の町長)と旧知の仲だった中川一郎科学技術庁長官から、南太平洋諸国の反対により頓挫した海洋投入に代わる放射性廃棄物施設の誘致話を持ちかけられた。3000トン級の港湾を整備し、町営倉庫の保管料と電源三法交付金が町の歳入となるというものであった。1982年2月25日の毎日新聞のスクープ記事により動燃による低レベル廃棄物施設計画が公知となると、町内の商工業者は誘致期成会を結成。近隣の浜頓別町と東利尻町(現:利尻富士町)の議会は反対の決議を採択するなどの反応を見せた。1983年1月の中川の死去、同年4月の北海道知事選挙で誘致に否定的な横路孝弘の当選、長崎県的山大島や鹿児島県馬毛島など他の候補地が現れたことなどにより、幌延の誘致計画は白紙に戻るかに見られた。しかし、1984年4月21日、共同通信は高レベル廃棄物のガラス固化体貯蔵施設計画を報じた。これを受け、中川町議会では誘致反対の決議を採択するなど、一部の周辺町村は反対の動きを強めた。幌延深地層研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 森井忠良

    森井忠良から見た横路孝弘横路孝弘

    1996年8月、新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事と菅直人厚相の鳩菅新党構想がささやかれ、社民党内でも田邊誠元委員長や横路孝弘前北海道知事たちが中心となって新党構想に動き始めた。森井忠良 フレッシュアイペディアより)

  • 秋元正博

    秋元正博から見た横路孝弘横路孝弘

    2005年、鈴木宗男に請われて新党大地の副代表となり、第44回衆議院議員選挙に北海道1区から出馬。2005年衆院選時では新党大地唯一の選挙区候補であった。横路孝弘らを相手に選挙戦を戦ったが供託金300万円没収。新党大地は政党要件を満たさないので比例区との重複立候補は不可能であった。秋元正博 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省設置法

    防衛省設置法から見た横路孝弘横路孝弘

    2006年(平成18年)11月30日に衆議院本会議で、同年12月15日には参議院本会議で、それぞれ防衛庁設置法改正案が自民、公明、民主、国民新党などの賛成多数で可決され成立した(共産、社民両党は反対)。それを受け、2007年(平成19年)1月9日から「防衛省設置法」に改称された。なお、民主党内には法案に対する態度に違いがあり、衆議院では横路孝弘副議長が反対、4人が欠席、2人が途中退席した。参議院では下田敦子、山下八洲夫が棄権、犬塚直史、神本美恵子、白眞勲、藤末健三、松岡徹が欠席した。防衛省設置法 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ワイデル・レイモン

    カール・ワイデル・レイモンから見た横路孝弘横路孝弘

    1985年、北海道新聞産業経済賞を受賞。同年、横路孝弘北海道知事から産業貢献賞を受賞。カール・ワイデル・レイモン フレッシュアイペディアより)

151件中 31 - 40件表示