140件中 31 - 40件表示
  • 地崎宇三郎 (三代)

    地崎宇三郎 (三代)から見た横路孝弘横路孝弘

    地崎の道連会長在職中に引退表明した事が中川一郎自殺と並び1983年北海道知事選挙(新人対決)での前副知事三上顕一郎が日本社会党推薦横路孝弘に敗北したことに繋がったとする見方も多い。地崎宇三郎 (三代) フレッシュアイペディアより)

  • 平野貞夫

    平野貞夫から見た横路孝弘横路孝弘

    羽田・小沢と69年初当選同期で党派・与野党・保革超え親交有った横路孝弘が道知事勇退と国政復帰を明言する前後に、札幌市内で小沢の使者として懇談している。平野貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 見城 美枝子

    見城美枝子から見た横路孝弘横路孝弘

    1995年新人代議士で地域政党「東京市民21」代表委員海江田万里に担ぎ出され第17回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から無所属で立候補、横路孝弘・二院クラブ・生活者ネットからも支援を受けたが定数4のところ6位と大敗を喫する。(次点は新党さきがけ新人中村敦夫。実は海江田の前所属政党日本新党の党首だった細川護煕も、海江田が結党に参加しなかった新進党の新人候補として擁立すべく見城に接触した。)見城美枝子 フレッシュアイペディアより)

  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た横路孝弘横路孝弘

    なお実際には、子ども手当法にこのように書かれているからといって、これらの年齢で卒業することを強制されるものではなく、実際にはこれに当てはまらない年齢の在学者も大勢いる。ただし、役所の説明文書などのレベルにとどまらず、正式な法律の条文内に学校の卒業年齢を一律に規定してしまったのは、これらの法律が最初である。以前は、児童手当法での小学校卒業年齢の規定はあったものの、中学校以上での年齢主義を裏付ける記載はまったく存在しなかった。なお、国会などではこれらの在学年齢に関する記述が議題になったことはない。なお、国会議員が全員、最低年齢で小中高と卒業したからそういう発想になったわけではなく、民主党の横路孝弘衆議院議長自身が、16歳で中学校を卒業したという経歴の持ち主である。また高校を卒業していない国会議員(民主党の家西悟)も存在する。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • 堂垣内尚弘

    堂垣内尚弘から見た横路孝弘横路孝弘

    知事退任に伴い、後継者に三上顕一郎副知事を指名したが、三上は日本社会党推薦の横路孝弘(後に衆議院議長)に敗れた。堂垣内尚弘 フレッシュアイペディアより)

  • 島本虎三

    島本虎三から見た横路孝弘横路孝弘

    1979年第35回衆議院議員総選挙不出馬を表明し衆議院解散で国会議員を引退したが小樽の近隣の仁木町の有志の要請で町長選挙に出馬し当選し1987年まで2期8年務めた。町長時代には山村開発センターを設置し郷土資料館を併設した。道知事横路孝弘やセゾングループの総帥堤清二の助けも借り町おこしに尽力。島本虎三 フレッシュアイペディアより)

  • 川橋幸子

    川橋幸子から見た横路孝弘横路孝弘

    1999年の民主党党首選挙横路孝弘候補の推薦人となる。川橋幸子 フレッシュアイペディアより)

  • MPD・平和と民主運動

    MPD・平和と民主運動から見た横路孝弘横路孝弘

    結成時の呼びかけ人は、田英夫、横路孝弘、八代英太、斎藤まさし(本名:酒井剛)らであった。斎藤は田の娘婿である。MPD・平和と民主運動 フレッシュアイペディアより)

  • 井上哲夫

    井上哲夫から見た横路孝弘横路孝弘

    三重県四日市市海蔵地区生まれ。三重県立四日市高等学校、名古屋大学法学部卒業。民間企業で働きながら司法試験に26歳で合格。司法修習20期を経て、弁護士登録。司法修習の同期には高村正彦(元外務大臣)、江田五月(参議院議長)、横路孝弘(衆議院議長)、神崎武法(元公明党代表)、松尾邦弘(元検事総長)らがいる。その後三重県弁護士会会長も務める。井上哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 世界・食の祭典

    世界・食の祭典から見た横路孝弘横路孝弘

    当時の知事横路孝弘に対し、北海道議会は問責決議を行った。このことは横路のキャリアやイメージに暗い影を投げかけることにもなった。世界・食の祭典 フレッシュアイペディアより)

140件中 31 - 40件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード