140件中 51 - 60件表示
  • 北海道第1区 (中選挙区)

    北海道第1区 (中選挙区)から見た横路孝弘横路孝弘

    横路孝弘(社会、1969・72・76・79・80年)北海道第1区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 秋元正博

    秋元正博から見た横路孝弘横路孝弘

    2005年、鈴木宗男に請われて新党大地の副代表となり、衆議院議員選挙に北海道1区から出馬。2005年衆院選時では新党大地唯一の選挙区候補であった。横路孝弘らを相手に選挙戦を戦ったが供託金300万円没収。新党大地は政党要件を満たさないので比例区との重複立候補は不可能であった。秋元正博 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島一正

    岡島一正から見た横路孝弘横路孝弘

    党内では保守系の議員の一人ではあるが、イラク日本人人質事件が発生した直後の2004年4月10日、生方幸夫、小林千代美らとともに民主党衆参27名の署名を集め、イラクから自衛隊を撤退させるよう声明を出した。また、署名はしなかったものの、小沢一郎や横路孝弘も賛同していることを明らかにした。岡島一正 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東秀子

    伊東秀子から見た横路孝弘横路孝弘

    当初は日本共産党に所属していたが離党、1990年の第39回衆議院議員総選挙で北海道第1区において日本社会党公認候補として初出馬し横路孝弘道知事や竹村泰子参院議員の全面的支援で憲政史上最多得票で初当選を飾り鈴木喜久子らとマドンナ議員として注目を集める(社会党現職小林恒人も再選)。東京佐川急便事件の際には、事件と小沢一郎の関係を追及し、一躍有名になった。1993年再選(社会党新人池田隆一も同区で当選)。小森龍邦らと共に社会党左派の論客として知られるようになる。伊東秀子 フレッシュアイペディアより)

  • 池田隆一

    池田隆一から見た横路孝弘横路孝弘

    1991年の統一地方選挙で小樽市議会議員選挙に立候補して当選。1993年に小林恒人衆議院議員の引退に伴い日本社会党公認で第40回衆議院議員総選挙に北海道教職員組合組織内候補として北海道第1区から立候補し、当時北海道知事だった横路孝弘からも全面的な支援を受けて初当選を果たした(同区で社会党現職伊東秀子や公明党新人長内順一や日本新党公認新党さきがけ推薦の新人荒井聰も横路の支援を受け当選)。日本民主教育政治連盟に所属した。池田隆一 フレッシュアイペディアより)

  • 小室寿明

    小室寿明から見た横路孝弘横路孝弘

    1991年、島根県議会議員選挙に松江市選挙区から日本社会党公認で出馬し、初当選。1996年、社会党解党に伴う社会民主党結党に参加するが、同年に離党し新党さきがけを離党した菅直人や鳩山由紀夫、社民党を離党した輿石東や横路孝弘元北海道知事らが結党した旧民主党に参加。小室寿明 フレッシュアイペディアより)

  • 川村清一

    川村清一から見た横路孝弘横路孝弘

    北海道小樽市生まれ。函館師範学校卒。1946年北海道教職員組合情報宣伝部長、1948年浦河町立浦河第一中学校校長を経て、1955年日本社会党から北海道議会議員に初当選。1963年日本社会党北海道本部委員長。1965年の同党公認で第7回参議院議員通常選挙にて初当選。以後連続3期。参議院農林水産委員会理事を長く務め、1979年に再び同党北海道本部委員長に就任。横路孝弘の知事選の裏方役に徹し、横路道政壇上に尽力した。1983年横路知事の誕生と共に引退。川村清一 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬孝且

    対馬孝且から見た横路孝弘横路孝弘

    2012年(平成24年)- 急性腎不全のため死去。86歳没。葬儀委員長は、横路孝弘衆議院議長。対馬孝且 フレッシュアイペディアより)

  • 幌延深地層研究センター

    幌延深地層研究センターから見た横路孝弘横路孝弘

    1980年ごろ、当時の上山利勝幌延町長は札幌市の皮革なめし工場の誘致を試みた。同じころ、原子力船むつの母港の誘致も行ったが、いずれも成功には至らなかった。1981年2月、泊発電所に次ぐ道内二か所目の原子力発電所を誘致すべく、町費を投じてボーリング調査をしたが、沿岸の浜里地区の地盤は脆弱で、立地には不適であった。1981年夏、上山と旧知の仲だった中川一郎科学技術庁長官から、南太平洋諸国の反対により頓挫した海洋投入に代わる放射性廃棄物施設の誘致話を持ちかけられた。3000トン級の港湾を整備し、町営倉庫の保管料と電源三法交付金が町の歳入となるというものであった。1982年2月25日の毎日新聞のスクープ記事により動燃による低レベル廃棄物施設計画が公知となると、町内の商工業者は誘致期成会を結成。近隣の浜頓別町と東利尻町(現:利尻富士町)の議会は反対の決議を採択するなどの反応を見せた。1983年1月の中川の死去、同年4月の北海道知事選挙で誘致に否定的な横路孝弘の当選、長崎県的山大島や鹿児島県馬毛島など他の候補地が現れたことなどにより、幌延の誘致計画は白紙に戻るかに見られた。しかし、1984年4月21日、共同通信は高レベル廃棄物のガラス固化体貯蔵施設計画を報じた。これを受け、中川町議会では誘致反対の決議を採択するなど、周辺町村は反対の動きを強めた。幌延深地層研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 三権の長

    三権の長から見た横路孝弘横路孝弘

    公選知事を経験した後に三権の長に就任した人物は細川護熙と横路孝弘の2人である。三権の長 フレッシュアイペディアより)

140件中 51 - 60件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード