151件中 61 - 70件表示
  • 西山太吉

    西山太吉から見た横路孝弘横路孝弘

    1971年5月18日頃、沖縄返還時の日米間の密約について外務省女性事務官が情報を持っているとの極秘の情報を得ると女性事務官に接触。それほど親交あった訳ではない女性外務官に酒を飲ませた上でかなり強引に性的関係をもった。さらに同月22日再び誘い同ホテルで肉体関係をもった直後に機密文書持ち出しを懇願し、外務官の一応受諾を得てさらに電話でその決断を促し、その後も関係を継続して西山との関係のため依頼を拒み難い心理状態になったのに乗じて十数回にわたり秘密文書の持出しをさせていた。そして同年6月17日沖縄返還協定が締結され、もはや情報の得る必要がなくなったと考えた西山は同月28日外務官が渡米して8月上旬帰国した後は、態度を急変して他人行儀となり、外務官との関係も立消えとなり得た情報を国会議員の横路孝弘と楢崎弥之助に提供した。西山太吉 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年北海道知事選挙

    1987年北海道知事選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    この時の知事選挙は、前回(1983年)の知事選挙で当選した横路孝弘の革新道政を継続させるか否かが争点となった。また選挙戦に入ると「売上税」問題も争点に浮上して有権者の関心も高まり、激しい選挙戦が展開された。当時の北海道は減反や二百海里減船対策、国の第8次石炭政策による相次ぐ炭鉱閉山など、北海道の基幹産業である農漁業や炭鉱業が産業構造転換を前にして問題に直面している中で行われた選挙となった。横路候補はこれら一連の産業構造転換を「国による地方いじめの時代」とし、「地方の復権」「地方の自立」を訴え、対する松浦候補は元食糧庁長官という経歴から「中央との太いパイプ」を前面に打ち出し、公共事業など国の予算の重点配分による危機打開を提示し、真っ向から対立した。選挙の結果、現職の横路候補が新人の松浦候補と山辺候補を大差で破って再選を果たした。1987年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 社青同解放派

    社青同解放派から見た横路孝弘横路孝弘

    東京外大で寮運動を行ない、東大に学士入学した滝口弘人が社青同東大学生班を結成(後に江田五月、横路孝弘も参加)。社青同解放派 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た横路孝弘横路孝弘

    1977年7月10日 第11回参議院選挙全国区に無所属で出馬し84万票を獲得して初当選。田英夫、横路孝弘らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人になった。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た横路孝弘横路孝弘

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充、事務局長に長島昭久、事務局長代理に長妻昭、事務局次長に風間直樹、事務局長補佐として花咲宏基、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道第1区

    北海道第1区から見た横路孝弘横路孝弘

    1996年(平成8年)の小選挙区制施行から5回連続で横路孝弘が当選していた民主王国であったが、2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では自由民主党の新人、船橋利実が接戦の末に横路を破り、初当選した(横路は比例復活で当選)。2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙では横路が船橋から議席を取り戻した。北海道第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 非核三原則

    非核三原則から見た横路孝弘横路孝弘

    安倍内閣施政下の2016年、非核三原則に対する認識を質した民進党の横路孝弘衆議院議員の質問に、大臣就任前に「日本独自の核保有を国家戦略として検討すべきである」との核保有論を主張していた稲田朋美は以下のように答弁した。非核三原則 フレッシュアイペディアより)

  • 池田元久

    池田元久から見た横路孝弘横路孝弘

    1990年、NHKを退職し第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で出馬し、中選挙区時代の旧神奈川4区より初当選。しかし1993年の第40回衆議院議員総選挙では新党ブームに乗る新生党や日本新党、新党さきがけの躍進の煽りを受けて社会党は惨敗し、池田も落選した。その後社会党は党名を社会民主党に改めるが退潮傾向に歯止めがかからず、池田は社民党を離党し、山花貞夫元社会党委員長や、横路孝弘元北海道知事、新党さきがけを離党した菅直人、鳩山由紀夫らを中心に結党した旧民主党に入党。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙では民主党公認で神奈川6区から出馬し、3年ぶりに国政へ復帰した。2000年の第42回衆議院議員総選挙で3選。池田元久 フレッシュアイペディアより)

  • 第179回国会

    第179回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    無所属 - 9 (議長:横路孝弘、副議長:衛藤征士郎を含む)第179回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 三権の長

    三権の長から見た横路孝弘横路孝弘

    公選知事を経験した後に三権の長に就任した人物は細川護熙(内閣総理大臣)と横路孝弘(衆議院議長)の2人である。三権の長 フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示