151件中 71 - 80件表示
  • 勝手連

    勝手連から見た横路孝弘横路孝弘

    1983年の北海道知事選挙に際して、候補となった横路孝弘を支援する団体が「横路孝弘と勝手に連帯する若者連合」を名乗ったことに由来する。この選挙で横路は保守系候補を破って当選し、その存在が広く知られるようになった。勝手連 フレッシュアイペディアより)

  • 尻餅 (菓子)

    尻餅 (菓子)から見た横路孝弘横路孝弘

    1980年代に地域振興運動として一村一品運動が広まる。当時の北海道知事横路孝弘の提唱もあり、様似町でも新しい名産品を考案することにあった。それまで様似町の土産は海産物が定番であったが、何か変わったものができないかと検討を行った。様似駅が日高本線に終着駅、すなわち「どん尻」であること、検討を行っていた際に酒に酔って出た話題に「“尻餅をついた”というけど、ついた餅は見たことがない」と話が出た。この酒の席での話を元に、様似町にある昭和初期創業の老舗菓子屋「梅屋」の二代目である平田能久(ひらた よしひさ)が考案した。尻餅 (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 竹村泰子

    竹村泰子から見た横路孝弘横路孝弘

    神戸市生まれ。聖和女子短大中退。フリーアナウンサーを経て結婚後、札幌市に転居後に市民運動家として平和・人権・環境・民族問題に取り組み、1983年第37回衆議院議員総選挙で、北海道知事に就任して間もない横路孝弘から地盤を預かる形で旧北海道1区で無所属・日本社会党・新自由クラブ北海道連推薦で出馬し衆院初当選。1986年の第38回衆議院議員総選挙では次点(旧北海道1区の地盤は伊東秀子が継承、小選挙区制導入後に横路が国政復帰)。竹村泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 中川イセ

    中川イセから見た横路孝弘横路孝弘

    北海道を代表する女傑ともいわれ、元北海道知事の横路孝弘は、中川を「北海道を開拓した北の女性の代表」と評した。雑誌『北海道味と旅』の編集長を務めた網走出身の山本祥子は中川を世に紹介し続け、「覚者としての人の味が、一種迫力となって伝わってくる」と語った。小説家の司馬遼太郎は紀行集『街道をゆく』において、中川の風貌を「自分が何者で、何をすべきかを知っている顔」と評した。中川イセ フレッシュアイペディアより)

  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た横路孝弘横路孝弘

    なお実際には、子ども手当法にこのように書かれているからといって、これらの年齢で卒業することを強制されるものではなく、実際にはこれに当てはまらない年齢の在学者も大勢いる。ただし、役所の説明文書などのレベルにとどまらず、正式な法律の条文内に学校の卒業年齢を一律に規定してしまったのは、これらの法律が最初である。以前は、児童手当法での小学校卒業年齢の規定はあったものの、中学校以上での年齢主義を裏付ける記載はまったく存在しなかった。なお、国会などではこれらの在学年齢に関する記述が議題になったことはない。なお、国会議員が全員、最低年齢で小中高と卒業したからそういう発想になったわけではなく、民主党の横路孝弘衆議院議長自身が、16歳で中学校を卒業したという経歴の持ち主である。また高校を卒業していない国会議員(民主党の家西悟)も存在する。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • 町村信孝

    町村信孝から見た横路孝弘横路孝弘

    政界入りを父・金五に大反対され、夫人には3回落選するまで付き合ってほしいと懇願する中で1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選。以降10期連続当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。1991年北海道知事選挙では現職横路孝弘の圧倒的な強さの前に鳩山由紀夫・舛添要一と共に当時の選挙区でのライバルで落選中の中曽根派の佐藤静雄を支援したが惨敗。町村信孝 フレッシュアイペディアより)

  • 保利耕輔

    保利耕輔から見た横路孝弘横路孝弘

    2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に佐賀3区から出馬。自民党を離党してみんなの党から出馬した広津らを破り、11選。総選挙後、党憲法改正推進本部長に就任。2012年の第46回衆議院議員総選挙で12選。なお同選挙を最後に佐賀3区は廃止されるため同選挙区から選出された最後の国会議員となった。横路孝弘の後任の衆議院議長に名前が挙がったが、これを固辞した。同年、衆議院憲法審査会長に就任。保利耕輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦昭

    松浦昭から見た横路孝弘横路孝弘

    1987年4月 北海道知事選で革新系現職横路孝弘に敗れて落選松浦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 地崎宇三郎 (三代)

    地崎宇三郎 (三代)から見た横路孝弘横路孝弘

    地崎の道連会長在職中に引退表明した事が中川一郎自殺と並び1983年北海道知事選挙(新人対決)での前副知事三上顕一郎が日本社会党推薦横路孝弘に敗北したことに繋がったとする見方も多い。地崎宇三郎 (三代) フレッシュアイペディアより)

  • Aiba札幌駅前

    Aiba札幌駅前から見た横路孝弘横路孝弘

    ところが、ホッカイドウ競馬を主管する北海道農政部がビルの賃借料を年間8億6000万円と試算したことに財政課など道庁内部からも異論の声が上がったうえ、当時競馬開催に関する実務を行っていた北海道競馬事務所が知事の決裁もないのに予定地を確約する文書を土地所有者に出していたことが明るみになるなど、手続きのまずさも露呈。さらに計画が明らかになると候補地周辺の住民が賛成派と反対派に二分、双方が北海道議会や札幌市議会へ陳情・請願を繰り返す事態になった。当時の北海道知事横路孝弘は当初積極的に計画を推進する姿勢だったが、一連の問題が道議会でも取り上げられるようになると慎重姿勢に転じた。場外発売所の新設にあたっては競馬法施行令で所在する市町村(この場合は札幌市)の同意が必要とされているが、住民世論が二分されている状態で札幌市の同意も見込めず、翌1991年(平成3年)には北海道知事選挙も控えていたことから争点になることを回避するため、計画は知事選後まで棚上げされることとなった。結局この計画は実現せず、札幌都心部での場外発売所開設はAiba札幌駅前の開設(前述)まで待たねばならなかった。Aiba札幌駅前 フレッシュアイペディアより)

151件中 71 - 80件表示