140件中 81 - 90件表示
  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た横路孝弘横路孝弘

    横路孝弘 民主党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た横路孝弘横路孝弘

    ハト派を自認するが現実主義者であり、有事法制の必要性を訴えている。左右の極端な意見には批判的で、「たしかに安全保障政策などで、横路(孝弘)さんや横路さんの側近の意見があまりにもナンセンスで問題外のため、いらつくこともたびたびあります」と述べたこともある。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤静雄 (衆議院議員)

    佐藤静雄 (衆議院議員)から見た横路孝弘横路孝弘

    1975年、郷里に戻り33歳で北海道議会議員に初当選。3期務めた後、1983年の第37回衆議院議員総選挙に北海道第1区 (中選挙区)から自民党公認で初出馬するも落選(福田が創始者たる清和会には同じ新人候補町村信孝がおり、中曽根康弘派幹部渡辺美智雄を頼った)。1986年の第38回衆議院議員総選挙で初当選(当選同期に鳩山由紀夫・斉藤斗志二・三原朝彦・村井仁・逢沢一郎・金子一義・武村正義・杉浦正健・園田博之・中山成彬・石破茂・笹川堯・武部勤・井出正一・村上誠一郎など)。1990年の第39回衆議院議員総選挙では次点で落選。1991年北海道知事選挙を間近に控えて、現職の横路孝弘が圧倒的な強さを誇る中、町村や鳩山や舛添要一が出馬を辞退したため陣営から横路の対抗馬に担ぎ出されるが、惨敗した。佐藤静雄 (衆議院議員) フレッシュアイペディアより)

  • 社公民路線

    社公民路線から見た横路孝弘横路孝弘

    小沢自由党は、1999年1月に自民党と連立政権を組み、10月には公明党も加わった(ただし、4月から公明は実質的に閣外協力していた)。しかし2000年4月に決裂、連立残留派が保守党として分裂した(のち自民党に吸収)。2003年9月、小沢自由党は民主党に合流した(民由合併)。民主党に参加した小沢は、以前とは逆に社民党や民主党内の社民党系議員との協調路線に転じている。これは、党内で政策的距離の遠い社民党系を取り込むことで、党内地盤を固める狙いがあるという説もある。11月、小沢と社民党系議員の領袖、横路孝弘の間で、国際貢献のために、将来の国連軍への再編を想定した「国連待機部隊」を創設することで合意した。社公民路線 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤孝行

    佐藤孝行から見た横路孝弘横路孝弘

    佐藤の反小沢ぶりが広く知られるようになったのが、自民党北海道連会長として臨んだ1995年の北海道知事選挙である。道知事を勇退する横路孝弘の後継者として堀達也が立候補していたが、道連会長として、日本社会党所属ながら反小沢という点で佐藤と共通していた伊東秀子を担ぎ出した。知事選では堀が当選したが、佐藤・伊東の2人は日本全国の反小沢派から支持された。なおこの時、佐藤の伊東擁立に小沢が大激怒し、小沢が所属していた新進党が堀を推薦する一幕もあったという。佐藤孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉景子

    千葉景子から見た横路孝弘横路孝弘

    2008年8月7日、「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心の刻む集会」実行委員会が招聘した慰安婦を自称する女性を谷岡郁子と一緒に横路孝弘衆議院副議長や江田五月参議院議長に引き合わた。千葉景子 フレッシュアイペディアより)

  • 第181回国会

    第181回国会から見た横路孝弘横路孝弘

    無所属 - 6 (議長:横路孝弘、副議長:衛藤征士郎を含む)第181回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た横路孝弘横路孝弘

    2009年9月16日、新党大地が衆議院で民主党の統一会派「民主党・無所属クラブ」に参加する形で与党会派入り、9月17日に衆議院外務委員長に就任。有罪判決を受けて上告中の刑事被告人が与党会派入りして国会の常任委員長に就任するのはきわめて異例である。自民党・公明党・共産党の野党は「一、二審で有罪判決を受けて上告中の刑事被告人なので、委員会を代表して円滑かつ公平な運営にたずさわる役職にふさわしくない」として鈴木宗男の外務委員長就任に反発し、与党の民主党は「推定無罪の原則がある」「直近の民意で当選している」と反論。常任委員長は慣例として全会一致で議長指名として選出されるところ、本件については異例の起立採決で議長指名となり、横路孝弘衆議院議長が鈴木宗男を外務委員長に指名した。この国会人事については民主党が北海道で圧勝した鈴木宗男の影響力を考慮した論功行賞的な人事とする向きもある。鈴木は自身の刑事訴訟と外務委員長就任について2009年11月18日に岩屋毅から質問を受けた際には「司法は司法の判断。立法府は立法府の判断があっていい」と述べた。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 松本剛明

    松本剛明から見た横路孝弘横路孝弘

    2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では兵庫11区で4選。同年9月、衆議院議院運営委員長に就任した。なお各委員会の常任委員長を決定する際、鈴木宗男を外務委員長に起用する人事を内定していた民主党が、常任委員長人事を一括して議決するよう動議を出した際は、これを認める考えを示した。しかし、横路孝弘衆議院議長が外務委員長人事のみを分離して議決する提案を、鈴木の外務委員長就任に反対する自民党やみんなの党に対して示したため、最終的に外務委員長人事案のみ分離した上で議決された。松本剛明 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た横路孝弘横路孝弘

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充(現自由民主党衆議院議員)、事務局長に長島昭久(現民主党衆議院議員)、事務局長代理に長妻昭(現民主党衆議院議員)、事務局次長に風間直樹(現民主党参議院議員)、事務局長補佐として花咲宏基(現民主党衆議院議員)、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

140件中 81 - 90件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード