151件中 81 - 90件表示
  • 2015年北海道知事選挙

    2015年北海道知事選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    北海道知事の任期(4年)が満了したことに伴って行われる。北海道知事選挙は第1回選挙(1947年)の選挙以来、一貫して統一地方選挙の日程で実施されている。北海道は、旧日本社会党(以下、社会党)とその流れを汲む民主党が強かった地域で、与野党相乗りとなった1999年選挙を除き、与野党一騎討ちの選挙戦が展開されてきた。しかし、今回の選挙で民主党は社会党時代も含めて、独自候補を擁立せず、前年11月に出馬表明をしたフリーキャスターの佐藤のりゆきを支援する方針を2月15日に決定した。なお、民主党道連代表の横路孝弘は、独自候補を擁立できなかった責任を取り、道連代表を辞任。また日本共産党(以下、共産党)や社会民主党(以下、社民党)・維新の党・新党大地も佐藤支援を決定、知事選は四選を目指す現職で自由民主党(以下、自民党)・公明党支援の高橋はるみと佐藤の一騎討ちとなった。2015年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年北海道知事選挙

    1991年北海道知事選挙から見た横路孝弘横路孝弘

    北海道知事の任期4年が満了したことに伴って実施された選挙である。北海道知事選挙は第1回(1947年)以来、一貫して統一地方選挙の日程で実施されている。また北海道は旧社会党が強い地域で、知事選挙では保革による一騎討ちの激しい選挙戦が展開されてきた。この時の選挙戦は事実上、3期目を目指す現職で社会党などが推薦する横路孝弘候補に対し、自民党推薦の佐藤静雄候補と共産党が推薦する道労連議長の斎藤敏夫候補が挑む展開となったが、横路候補が佐藤候補らに大差をつけて圧勝する結果となった。1991年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 政治家の年金未納問題

    政治家の年金未納問題から見た横路孝弘横路孝弘

    横路孝弘(1995.05?2000.12、5年8か月間)政治家の年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 社会党左派

    社会党左派から見た横路孝弘横路孝弘

    かつて社会党左派と呼ばれた政治家や活動家は、2018年現在では社会民主党、新社会党、立憲民主党に3分解している。1996年(平成8年)に発足した民主党内の社会党出身者は、横路孝弘などを除くと、社会党左派に属していた者が多く、1996年当時の社会党分裂に際して、議員と一緒に民主党へ乗り換えた職員、オルグたちも社会主義協会籍を隠した者が少なくなかった。しかし、社会主義協会員の大部分は社民党か新社会党に現在まで所属しているのが実態である。むしろ、村山・土井社民党に残った者の方が、議員、職員・オルグとも、本来の社会党右派が多かったとする内部の指摘がある。だが、民主党に移った田邊誠と赤松広隆は右派出身である。山花貞夫は中間左派出身であるが、80年代から社会党を現実的な社民主義に転換させようとしていた。また、左右両派を比較すると、左派の方が転換が素早く、右派の方が不器用であることが多い。表向き西欧社民のイメージを振りまきながら、親北朝鮮という右派もおり、それを不器用と呼ぶかどうかは主観の問題である。左派にも右派にも現実的で柔軟な者もいれば、ポル・ポト派に近いような者もおり、左派か右派かでは一概に評価できないといえよう。国鉄改革に際しても、国労に残ったのが民同左派出身のどちらかと言えば中間右派、鉄産労を作って当局と最終妥協した方が実は左派だったとするJR経営側労務畑幹部の話も伝わる。その後、穏健右派の多くはJR連合に移っており、どちらかといえば左派の方が国労に残留している。更に1998年(平成10年)以降新民主党発足に伴い社会党以外から多くの保守派(中には自民党右派と同じ思想の者さえいる)が旧民主党へ入党したため、民主党・民進党内において左派の存在は埋没することが多かった。同一党内における思想の全く異なる勢力の共存により発言力を喪失した状態の解消は2017年の民進党分裂による立憲民主党の結成を待たなければならなかった。社会党左派 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤孝行

    佐藤孝行から見た横路孝弘横路孝弘

    佐藤の反小沢ぶりが広く知られるようになったのが、自民党北海道連会長として臨んだ1995年の北海道知事選挙である。道知事を勇退する横路孝弘の後継者として堀達也が立候補していたが、道連会長として、日本社会党所属ながら反小沢という点で佐藤と共通していた伊東秀子を担ぎ出した。知事選では堀が当選したが、佐藤・伊東の2人は日本全国の反小沢派から支持された。なおこの時、佐藤の伊東擁立に小沢が大激怒し、小沢が所属していた新進党が堀を推薦する一幕もあったという。佐藤孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の政治

    2009年の政治から見た横路孝弘横路孝弘

    9月16日 -麻生太郎内閣が総辞職、自民党総裁も辞任、 第172回国会が召集、衆議院議長に横路孝弘を選出、(旧社会党出身者として3人目)首班指名選挙で衆参両院で第93代内閣総理大臣に鳩山由紀夫を指名、鳩山由紀夫内閣発足。2009年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋利実

    船橋利実から見た横路孝弘横路孝弘

    2012年、第46回衆議院議員総選挙において北海道1区から自由民主党公認で出馬し、民主党の横路孝弘衆議院議長(当時)を破り初当選した(横路は比例復活)。現在の小選挙区比例代表並立制が導入されて以降、北海道1区では比例復活も含めて初の自民党議員となった。船橋利実 フレッシュアイペディアより)

  • 社会党右派

    社会党右派から見た横路孝弘横路孝弘

    横路孝弘 - 元北海道知事。動燃建設に反対してくれることを期待されて多数の勝手連の支援の下に当選を果たしたが、現実対応と称して動燃建設に賛成した。民主党には率先して参加し、小沢一郎と自衛隊海外派遣で合意した。社会党右派 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た横路孝弘横路孝弘

    この東京都による購入計画が浮上すると、丹羽宇一郎駐中大使は6月7日付け『フィナンシャル・タイムズ』によるインタビューで、「購入が実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」として、日本政府関係者として初めて反対を明言した。これに対して石原都知事は不快感を示し、藤村修官房長官は「領土問題は存在しない」とする日本政府の立場から「政府の立場を表明したものでは全くない」と批判した。また、関連して、同年5月4日に衆議院議長・横路孝弘(旧社会党)と習近平国家副主席との会談に同席した丹羽が、「(尖閣諸島購入を支持する)日本の国民感情はおかしい、日本は変わった国なんですよ」と発言していたことも判明した。丹羽はこの件で改めて与野党やメディアから批判を浴び、その後更迭された。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

  • 新党さきがけ

    新党さきがけから見た横路孝弘横路孝弘

    4月の第13回統一地方選挙では、1995年東京都知事選挙「官権政治から民権政治への転換」を党是としていながら自治事務次官や内閣官房副長官を経験した与野党相乗りの石原信雄を支持したが、青島幸男に敗北。同じく1995年北海道知事選挙では社会党を除名された自民党・自由連合が推薦する伊東秀子を支持したが、社会党・新進党・公明・民社協会推薦の横路孝弘知事時代の副知事堀達也に敗北。道府県議会議員選挙では9議席、指定市議会議員選挙では3議席を得た。新党さきがけ フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示