前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た小沢一郎

    知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区で無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の鳩山由紀夫衆議院議員や菅直人厚生大臣(当時)を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道第1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道第5区に国替えした(小野は現職町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た鳩山由紀夫

    知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区で無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の鳩山由紀夫衆議院議員や菅直人厚生大臣(当時)を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道第1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道第5区に国替えした(小野は現職町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た荒井聰

    1983年、衆院議員を辞職し、同年4月の北海道知事選挙に周囲から推される形で出馬する。元日本大学全学共闘会議書記長の田村正敏や実業家の菊地日出男らが率いる勝手連の選挙運動により支持を広げ、自由民主党、新自由クラブ及び大学時代の親友である江田五月も所属する社会民主連合が推す前副知事らを破り、当選した。横路の北海道知事在任中、1969年の当選同期であり、党派を超えて親交のあった羽田孜農林水産大臣(当時)が荒井聰(後に衆議院議員)に北海道庁への転勤を命じている。1987年の知事選では、元食糧庁長官の松浦昭らを破り、再選。1991年の知事選では、自民党が推薦する佐藤静雄を100万票超の大差で破り、3選。当選後、荒井聰を知事室長に起用した。1994年、翌年の知事選に出馬しない意向を表明し、あわせて国政復帰を明言した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た江田五月

    北海道札幌市生まれ。母・美喜は経済学者の野呂榮太郎の妹である。中学生時代に交通事故に遭い療養生活を余儀なくされ、4年かけて16歳で中学校を卒業する。北海道札幌西高等学校に入学するが、1年生の2学期から東京都立九段高等学校に転校し、同校を卒業。東京大学に進学し、東京大学法学部を卒業する。大学時代の親友に江田五月がおり、日本社会主義青年同盟の学生班に揃って所属していた。また大学在学中の1965年、24歳で司法試験に合格。司法修習第20期を経て、1968年に弁護士登録。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た菅直人

    知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区で無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の鳩山由紀夫衆議院議員や菅直人厚生大臣(当時)を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道第1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道第5区に国替えした(小野は現職町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た鈴木宗男

    2009年、第45回衆議院議員総選挙で10選。民社国連立政権発足に先立ち、衆議院議長に就任する。副議長経験者が議長に就任するのは原健三郎衆議院議長の就任以来、約20年ぶりであった。また民選知事経験者が国会の議長に就任するのは史上初めてである。9月17日、鈴木宗男事件による収賄罪で一・二審で実刑判決を受けて上告中の鈴木宗男を外務委員長に指名した。鈴木は翌年9月に実刑判決が確定し議員を失職したため、鈴木を外務委員長に指名した横路の責任を追及する声が野党から上がった。2012年11月16日に衆議院が解散されたことを受け失職。1ヶ月後に執行された第46回衆議院議員総選挙では、北海道1区において自民新顔の船橋利実に競り負け、比例区で復活当選した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た羽田孜

    1983年、衆院議員を辞職し、同年4月の北海道知事選挙に周囲から推される形で出馬する。元日本大学全学共闘会議書記長の田村正敏や実業家の菊地日出男らが率いる勝手連の選挙運動により支持を広げ、自由民主党、新自由クラブ及び大学時代の親友である江田五月も所属する社会民主連合が推す前副知事らを破り、当選した。横路の北海道知事在任中、1969年の当選同期であり、党派を超えて親交のあった羽田孜農林水産大臣(当時)が荒井聰(後に衆議院議員)に北海道庁への転勤を命じている。1987年の知事選では、元食糧庁長官の松浦昭らを破り、再選。1991年の知事選では、自民党が推薦する佐藤静雄を100万票超の大差で破り、3選。当選後、荒井聰を知事室長に起用した。1994年、翌年の知事選に出馬しない意向を表明し、あわせて国政復帰を明言した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た町村信孝

    知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区で無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の鳩山由紀夫衆議院議員や菅直人厚生大臣(当時)を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道第1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道第5区に国替えした(小野は現職町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た横光克彦

    知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区で無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の鳩山由紀夫衆議院議員や菅直人厚生大臣(当時)を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道第1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道第5区に国替えした(小野は現職町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た船橋利実

    2009年、第45回衆議院議員総選挙で10選。民社国連立政権発足に先立ち、衆議院議長に就任する。副議長経験者が議長に就任するのは原健三郎衆議院議長の就任以来、約20年ぶりであった。また民選知事経験者が国会の議長に就任するのは史上初めてである。9月17日、鈴木宗男事件による収賄罪で一・二審で実刑判決を受けて上告中の鈴木宗男を外務委員長に指名した。鈴木は翌年9月に実刑判決が確定し議員を失職したため、鈴木を外務委員長に指名した横路の責任を追及する声が野党から上がった。2012年11月16日に衆議院が解散されたことを受け失職。1ヶ月後に執行された第46回衆議院議員総選挙では、北海道1区において自民新顔の船橋利実に競り負け、比例区で復活当選した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード