95件中 71 - 80件表示
  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た日本教職員組合

    日本民主教育政治連盟に所属しており日本教職員組合の支持を受けている。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見たカラ出張

    知事在任中は一村一品運動を推進して地域経済の活性化を図り、第1回アジア冬季競技大会の北海道への招致にも成功。しかし、地方博ブームにのって開催した1988年の「世界・食の祭典」では約90億円にものぼる多額の赤字を計上し、関係者が自殺する事態に発展したため、北海道議会に問責決議が提出され、道民の間からも「ショックの祭典」等、揶揄する声が上がった。横路道政の下では他に、道庁職員のカラ出張も社会問題化した。道路建設のための小樽運河埋め立ての計画が持ち上がった際は運河を分割した上でその一方を半分の幅を残して埋め立て、一方を埋め立てない「足して二で割る」案を採用し、決着させた。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た第44回衆議院議員総選挙

    知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区で無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の鳩山由紀夫衆議院議員や菅直人厚生大臣(当時)を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道第1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道第5区に国替えした(小野は現職町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た日本民主教育政治連盟

    日本民主教育政治連盟に所属しており日本教職員組合の支持を受けている。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た西山事件

    1972年、衆議院予算委員会で沖縄返還に伴う日米間の密約を示した外務省極秘電信を暴露し、西山事件の発端になった。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た1991年北海道知事選挙

    1983年、衆院議員を辞職し、同年4月の北海道知事選挙に周囲から推される形で出馬する。元日本大学全学共闘会議書記長の田村正敏や実業家の菊地日出男らが率いる勝手連の選挙運動により支持を広げ、自由民主党、新自由クラブ及び大学時代の親友である江田五月も所属する社会民主連合が推す前副知事らを破り、当選した。横路の北海道知事在任中、1969年の当選同期であり、党派を超えて親交のあった羽田孜農林水産大臣(当時)が荒井聰(後に衆議院議員)に北海道庁への転勤を命じている。1987年の知事選では、元食糧庁長官の松浦昭らを破り、再選。1991年の知事選では、自民党が推薦する佐藤静雄を100万票超の大差で破り、3選。当選後、荒井聰を知事室長に起用した。1994年、翌年の知事選に出馬しない意向を表明し、あわせて国政復帰を明言した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た第32回衆議院議員総選挙

    1969年、父・節雄の急逝を受け、第32回衆議院議員総選挙に旧北海道第1区から日本社会党公認で出馬し、初当選。以後5期連続で当選する。社会党では「新しい流れの会」の幹事を務め、党内では「社会党のプリンス」の異名を取った。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見たMPD・平和と民主運動

    北海道知事退任後、新党ブームの時期には平成維新の会顧問やMPD・平和と民主運動の呼びかけ人を務めた。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た国旗及び国歌に関する法律

    北海道知事在任中、北海道議会において自民党議員の質問に対する答弁で「日の丸は国旗、君が代は国歌」と、出身母体である日本社会党とは異なる方針を明言した。ただし、国旗及び国歌に関する法律案の採決では反対票を投じている。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た全学共闘会議

    1983年、衆院議員を辞職し、同年4月の北海道知事選挙に周囲から推される形で出馬する。元日本大学全学共闘会議書記長の田村正敏や実業家の菊地日出男らが率いる勝手連の選挙運動により支持を広げ、自由民主党、新自由クラブ及び大学時代の親友である江田五月も所属する社会民主連合が推す前副知事らを破り、当選した。横路の北海道知事在任中、1969年の当選同期であり、党派を超えて親交のあった羽田孜農林水産大臣(当時)が荒井聰(後に衆議院議員)に北海道庁への転勤を命じている。1987年の知事選では、元食糧庁長官の松浦昭らを破り、再選。1991年の知事選では、自民党が推薦する佐藤静雄を100万票超の大差で破り、3選。当選後、荒井聰を知事室長に起用した。1994年、翌年の知事選に出馬しない意向を表明し、あわせて国政復帰を明言した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

95件中 71 - 80件表示

「横路孝弘」のニューストピックワード