130件中 71 - 80件表示
  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た護憲

    民主党入党後は、党内で旧社会党系議員が中心の新政局懇談会を率いており、鳩山由紀夫が民主党代表就任時に日本国憲法の改正を示唆する発言を行った際は辞職を促す等、党内の護憲派の代表格である。一方、2004年には改憲論者である小沢一郎との間で日本の安全保障・国際協力の基本原則に関して合意し、国際連合の警察的機能に貢献するための別組織を作って国際協力を進めながらも、自衛隊は国土防衛に徹し、海外へは派遣しない方針を確認した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た北海道札幌西高等学校

    北海道札幌市生まれ。母・美喜は経済学者の野呂榮太郎の妹である。中学生時代に交通事故に遭い療養生活を余儀なくされ、4年かけて16歳で中学校を卒業する。北海道札幌西高等学校に入学するが、1年生の2学期から東京都立九段高等学校に転校し、同校を卒業。東京大学に進学し、法学部を卒業する。大学時代の親友に江田五月がおり、日本社会主義青年同盟の学生班に揃って所属していた。また大学在学中の1965年、24歳で司法試験に合格。司法修習第20期を経て、1968年に弁護士登録。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た平成維新の会

    北海道知事退任後、新党ブームの時期には平成維新の会顧問やMPD・平和と民主運動の呼びかけ人を務めた。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見たカラ出張

    知事在任中は一村一品運動を推進して地域経済の活性化を図り、第1回アジア冬季競技大会の北海道への招致にも成功。しかし、地方博ブームにのって開催した1988年の「世界・食の祭典」では約90億円にものぼる多額の赤字を計上し、関係者が自殺する事態に発展したため、北海道議会に問責決議が提出され、道民の間からも「ショックの祭典」等、揶揄する声が上がった。横路道政の下では他に、道庁職員のカラ出張も社会問題化した。道路建設のための小樽運河埋め立ての計画が持ち上がった際は運河を分割した上でその一方を半分の幅を残して埋め立て、一方を埋め立てない「足して二で割る」案を採用し、決着させた。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た第44回衆議院議員総選挙

    2005年、第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。同年の第163回国会から衆議院副議長を務める。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た比例北海道ブロック

    2012年11月16日に衆議院が解散されたことを受け失職。1ヶ月後に執行された第46回衆議院議員総選挙では、自民党新人の船橋利実に競り負け、重複立候補した比例北海道ブロックで復活し11選。直近の元衆議院議長が小選挙区で落選したのは初である。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た西山事件

    1972年、衆議院予算委員会で沖縄返還に伴う日米間の密約を示した外務省極秘電信を暴露し、西山事件の発端になった。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た国旗及び国歌に関する法律

    1999年の衆議院本会議における国旗及び国歌に関する法律案の採決では反対票を投じている。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た社会問題

    知事在任中は一村一品運動を推進して地域経済の活性化を図り、第1回アジア冬季競技大会の北海道への招致にも成功。しかし、地方博ブームにのって開催した1988年の「世界・食の祭典」では約90億円にものぼる多額の赤字を計上し、関係者が自殺する事態に発展したため、北海道議会に問責決議が提出され、道民の間からも「ショックの祭典」等、揶揄する声が上がった。横路道政の下では他に、道庁職員のカラ出張も社会問題化した。道路建設のための小樽運河埋め立ての計画が持ち上がった際は運河を分割した上でその一方を半分の幅を残して埋め立て、一方を埋め立てない「足して二で割る」案を採用し、決着させた。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横路孝弘

    横路孝弘から見た民進党代表

    民主党入党後は、党内で旧社会党系議員が中心の新政局懇談会を率いており、鳩山由紀夫が民主党代表就任時に日本国憲法の改正を示唆する発言を行った際は辞職を促す等、党内の護憲派の代表格である。一方、2004年には改憲論者である小沢一郎との間で日本の安全保障・国際協力の基本原則に関して合意し、国際連合の警察的機能に貢献するための別組織を作って国際協力を進めながらも、自衛隊は国土防衛に徹し、海外へは派遣しない方針を確認した。横路孝弘 フレッシュアイペディアより)

130件中 71 - 80件表示