前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た小沢一郎

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川に比例復活すら許さず約4万票差をつけて破り、返り咲きを果たした。総選挙後、衆議院環境委員長に就任。2009年の国政復帰後は小沢一郎民主党幹事長(当時)に接近し、「反小沢」の色彩が強い「七奉行の会」からは距離を置くようになり、後述の2010年6月の代表選で七奉行からの「卒業」を明らかにしている。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た野田佳彦

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た岡田克也

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た仙谷由人

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た玄葉光一郎

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た安住淳

    2011年8月31日、民主党代表野田佳彦の下、幹事長輿石東を補佐する役職として設置された民主党幹事長代行に就任。2012年9月28日、民主党幹事長代行を退任(後任は安住淳)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た細川護煕

    1992年5月、前熊本県知事の細川護煕が『文藝春秋』に新党構想を掲載し、日本新党を結党。樽床も新党結成に参加し、1993年の第40回衆議院議員総選挙に日本新党公認で初当選する。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た前原誠司

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た渡部恒三

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た三井辨雄

    2010年6月、鳩山由紀夫首相の辞任に伴う民主党代表選挙に世代交代、党内の結束を訴え出馬した。代表選では一新会の三井辨雄が選挙対策本部長に就任し、推薦人には樋高剛ら小沢の側近が名を連ねるなど、実質的に小沢グループの支援を受けたが、菅直人に敗れた(菅291票、樽床129票)。菅新執行部の下で国会対策委員長に就任。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「樽床伸二」のニューストピックワード