76件中 51 - 60件表示
  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た2010年6月民主党代表選挙

    2010年6月、鳩山由紀夫首相の辞任に伴う民主党代表選挙に世代交代、党内の結束を訴え出馬した。代表選では一新会の三井辨雄が選挙対策本部長に就任し、推薦人には樋高剛ら小沢の側近が名を連ねるなど、実質的に小沢グループの支援を受けたが、菅直人に敗れた(菅291票、樽床129票)。菅新執行部の下で国会対策委員長に就任。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た雲南市

    島根県飯石郡三刀屋町(現雲南市)生まれ。父は仕立て服職人。幼少期に、幼い妹が樽床の目の前で交通事故により亡くなっている。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た国民の声

    1998年、太陽党、国民の声、フロム・ファイブの3党が合流し民政党が結成されるが、民政党はすぐに民主党に合流した。民主党では若手議員のグループ「ダッシュの会」の初代代表世話人を務める。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た東アジア

    「アメリカの防衛力に全面的に依存し、追従することが国益になる」という日本の戦後の基本的な外交姿勢は既に時代遅れであると主張しており、「対米追従外交」を転換するため、「東アジア自由貿易圏」の確立など、主体性を発揮した外交政策を実現すべきであると主張している。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た第46回衆議院議員総選挙

    民主党の政権運営について「優・良・可・不可でいえば『良の下』ぐらいで合格点だ。こういう状況の中でよく乗り越えてきた」と評価し、2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に挑んだが、大阪12区で自民党の北川に敗れ、比例復活もならず落選した。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た第40回衆議院議員総選挙

    1992年5月、前熊本県知事の細川護煕が『文藝春秋』に新党構想を掲載し、日本新党を結党。樽床も新党結成に参加し、1993年の第40回衆議院議員総選挙に日本新党公認で初当選する。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た第44回衆議院議員総選挙

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では大阪12区で自民党の北川知克に敗れ、比例復活もならず落選した。落選中、民主党ベテランの渡部恒三最高顧問が選んだ次世代のリーダー候補「七奉行の会」に、元職から唯一抜擢される(他の6人は岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、仙谷由人)。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見たフロム・ファイブ

    1994年末、日本新党の解党により新進党に合流する。1996年の第41回衆議院議員総選挙には新進党公認で大阪府第12区から出馬し、当選。1997年12月、同月末の新進党解党に先駆けて同党を離党し、細川護煕を党首にフロム・ファイブを結成。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た大阪府第12区

    1994年末、日本新党の解党により新進党に合流する。1996年の第41回衆議院議員総選挙には新進党公認で大阪府第12区から出馬し、当選。1997年12月、同月末の新進党解党に先駆けて同党を離党し、細川護煕を党首にフロム・ファイブを結成。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た民政党

    1998年、太陽党、国民の声、フロム・ファイブの3党が合流し民政党が結成されるが、民政党はすぐに民主党に合流した。民主党では若手議員のグループ「ダッシュの会」の初代代表世話人を務める。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「樽床伸二」のニューストピックワード