前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示
  • 遠藤実

    遠藤実から見た橋幸夫橋 幸夫

    作曲家として世に送り出した楽曲は5000曲以上(その大部分は演歌)と言われ舟木一夫、千昌夫、森昌子など多くの歌手を育てた。また、遠藤本人が作詞も併せて行った作品も一部存在する(橋幸夫、千昌夫、山本リンダ、こまどり姉妹の楽曲)。遠藤実 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫はこの年亡くなった作曲家・吉田正の追悼として吉田作曲の「いつでも夢を」を第1部トリで歌唱。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座ACB

    銀座ACBから見た橋幸夫橋 幸夫

    当時、学生だった橋幸夫や大宅映子も常連客であった。常連客は大半が演奏を聴く目的で来店していたため、喫茶店でありながらメニューはアイスコーヒーのみであった。銀座ACB フレッシュアイペディアより)

  • 炎加世子

    炎加世子から見た橋幸夫橋 幸夫

    1960年(昭和35年)に松竹大船撮影所の社員監督大島渚にスカウトされ、同年8月9日に公開された映画『』で、満19歳にして初主演・映画デビューを果たす、とされるが、同年3月15日に東映が配給して公開された東映東京撮影所製作、小沢茂弘監督の映画『ずべ公天使』 に小さな役ですでに映画出演はしている。以降、同年中に篠田正浩監督の『乾いた湖』、田村孟監督の『悪人志願』(主演)などの6作に出演、強烈な印象を残す。郷鍈治、加山雄三、松方弘樹、江波杏子、三上真一郎、佐々木功、橋幸夫、森山加代子、星由里子らとともに、新進女優として注目される。炎加世子 フレッシュアイペディアより)

  • 桑野みゆき

    桑野みゆきから見た橋幸夫橋 幸夫

    孤独(1964年・市村泰一監督、橋幸夫共演)桑野みゆき フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯孝夫

    佐伯孝夫から見た橋幸夫橋 幸夫

    潮来笠(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1960年7月)○本楽曲で橋幸夫が第2回日本レコード大賞新人賞を受賞佐伯孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第8回日本レコード大賞

    第8回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    第8回の大賞は、橋幸夫の「霧氷」に決定した。橋幸夫は4年ぶり2度目の受賞。2度目の受賞は史上初。個人としては初の受賞。第8回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • リバスター音産

    リバスター音産から見た橋幸夫橋 幸夫

    会社設立のきっかけは、社長の佐川清が歌手の橋幸夫の熱烈なファンだったことにある。また橋幸夫の後援会会長である縁から、橋が副社長を務めることとなった。J-POP、演歌(歌謡曲を含む)を取り扱っていた。リバスター音産 フレッシュアイペディアより)

  • 東京五輪音頭

    東京五輪音頭から見た橋幸夫橋 幸夫

    作曲者の古賀政男はコロムビア専属であったが、この曲に限って録音権を各レコード会社に開放していた。レコードは三波春夫(テイチク)、橋幸夫(ビクター)、三橋美智也(キング)、坂本九(東芝)、北島三郎・畠山みどり(コロムビア)、大木伸夫・司富子(ポリドール)、つくば兄弟・神楽坂浮子(ビクター)などの競作で発売されたが、最も売れたのは三波盤で、1964年末までに130万枚を売り上げた。三波サイドが東京オリンピックの年のNHK紅白歌合戦のトリを狙う目的で集中的にプロモーションを行ったことが三波盤のヒットに繋がったという。東京五輪音頭 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸黄門 (第29-30部)

    水戸黄門 (第29-30部)から見た橋幸夫橋 幸夫

    28部までは助三郎・格之進役の俳優が歌っていた主題歌「あゝ人生に涙あり」は、御三家の西郷輝彦、橋幸夫、舟木一夫がG3K(御三家)として歌った。また、第1話で舟木が紀州藩主・徳川光貞役、第1話と最終回では西郷が高松藩主・松平頼常役、橋が尾張藩主・徳川光友役で出演した。3人は第30部にも同じ役で登場する。水戸黄門 (第29-30部) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード

  • 新春 LINEおみくじ〜LINEのお年玉キャンペーン2019〜

  • 来年からは立場が変わり新たなステージが待っています。

  • 米川の水かぶり