前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示
  • 1962年の音楽

    1962年の音楽から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫「江梨子」「若いやつ」「舞妓はん」1962年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 第4回日本レコード大賞

    第4回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    第4回の大賞は、橋幸夫/吉永小百合の「いつでも夢を」に決定した。橋幸夫/吉永小百合それぞれ初の受賞。第4回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 炎加世子

    炎加世子から見た橋幸夫橋 幸夫

    1960年(昭和35年)に松竹大船撮影所の社員監督大島渚にスカウトされ、同年8月9日に公開された映画『』で、満19歳にして初主演・映画デビューを果たす、とされるが、同年3月15日に東映が配給して公開された東映東京撮影所製作、小沢茂弘監督の映画『ずべ公天使』 に小さな役ですでに映画出演はしている。以降、同年中に篠田正浩監督の『乾いた湖』、田村孟監督の『悪人志願』(主演)等の6作に出演、強烈な印象を残す。郷鍈治、加山雄三、松方弘樹、江波杏子、三上真一郎、佐々木功、橋幸夫、森山加代子、星由里子らとともに、新進女優として注目される。炎加世子 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸黄門 (第29-30部)

    水戸黄門 (第29-30部)から見た橋幸夫橋 幸夫

    28部までは助三郎・格之進役の俳優が歌っていた主題歌「あゝ人生に涙あり」は、御三家の西郷輝彦、橋幸夫、舟木一夫がG3K(御三家)として歌った。また、第1話で舟木が紀州藩主・徳川光貞役、第1話と最終回では西郷が高松藩主・松平頼常役、橋が尾張藩主・徳川光友役で出演した。3人は第30部にも同じ役で登場する。水戸黄門 (第29-30部) フレッシュアイペディアより)

  • 銀座ACB

    銀座ACBから見た橋幸夫橋 幸夫

    当時、学生だった橋幸夫や大宅映子も常連客であった。常連客は大半が演奏を聴く目的で来店していたため、喫茶店でありながらメニューはアイスコーヒーのみであった。銀座ACB フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正

    吉田正から見た橋幸夫橋 幸夫

    生涯作曲数は2400曲を越える。都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、ムード歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広く手掛けた。また、鶴田浩二、三浦洸一、フランク永井、橋幸夫、和田弘とマヒナスターズなど多くの歌手を育て上げ、日本歌謡史の黎明期を支えたひとりである。吉田正 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年の音楽

    1966年の音楽から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫「霧氷」「雨の中の二人」1966年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 アキラ

    清水アキラから見た橋幸夫橋 幸夫

    主なレパートリーは、村田英雄、牧伸二、林家三平、青江三奈、春日八郎、山本譲二、五木ひろし、谷村新司、堀内孝雄、橋幸夫、研ナオコ、淡谷のり子、井上陽水、宇崎竜童、美空ひばり、北島三郎、坂田利夫、ブルース・リー、和田アキ子、南こうせつ、渡部陽一など。清水アキラ フレッシュアイペディアより)

  • 黛ジュン

    黛ジュンから見た橋幸夫橋 幸夫

    1970年2月1日を以って、橋幸夫が所属するワールド・プロへ移籍。同年にミュージシャンの江藤勲と結婚し一旦引退する。しかし、江藤の家庭内暴力などが原因で、1973年の離婚。その後本格的に芸能界へ復帰する。しかし以前のような人気は得られず低迷するものの、1980年には「風の大地の子守唄」「男はみんな華になれ」が久々のヒット。さらに、1983年には日活ロマンポルノ「女帝」にも出演する。1993年には久々の新曲「すべてがさよならになる」を発売。2005年には、1970年に東京サンケイホールで行われた『リサイタル'70』などがCD化された。黛ジュン フレッシュアイペディアより)

  • 王様のレストラン

    王様のレストランから見た橋幸夫橋 幸夫

    新潟県出身。初代オーナーが病気になった時にスー・シェフとして雇われ、初代オーナーの死後そのまま昇格した。特にやる気はなかったが、以前パリに住み、客として3年通い続けた"L'Ambroisie"の「サーモンの臓物パイ」の味を見事に再現したその潜在能力に気づいた千石が、彼女の眠っていた才能を開花させていく。後日、EU代表の口利きで、パリの有名店「マール・オ・ヴュペール」に引き抜かれそうになる。千石が戻って来た当初はタバコを吸っていたが、千石が一旦店を去る頃には、料理人として舌が台無しになるという理由で禁煙し、稲毛(後述)が喫煙しようとした際に止めすらしている。「私の心の支え」と公言するほどの橋幸夫(ただし若い頃に限られる)の大ファンで、いつもCDウォークマンで彼のリズム歌謡を聴いている。ちなみに、ドラマの最終回で橋幸夫が本人役で来店して、他の従業員から「あれ、橋幸夫じゃない?ホンモンだよ!!」と言われ喜んで自ら橋のテーブルに挨拶しに行くが、間近で顔を見ると戻ってきて「あれは橋幸夫じゃない!」と言って、他の従業員も「他人の空似」ということで納得してしまった。時々フランス語を使うが、本人曰く「日本人にしか通じないフランス語」でクセが強い発音である。王様のレストラン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード