221件中 91 - 100件表示
  • 第8回日本レコード大賞

    第8回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    第8回の大賞は、橋幸夫の「霧氷」に決定した。橋幸夫は4年ぶり2度目の受賞。2度目の受賞は史上初。個人としては初の受賞。『君といつまでも』を大ヒットさせた加山雄三は、当時のマスコミから「大賞は加山で決まり」と評されていたが、特別賞にとどまった。第8回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大島節

    大島節から見た橋幸夫橋 幸夫

    大島町波浮港出身の、レコード大賞作詞家、宮川哲夫(みやが わてつお、1966年作品「霧氷」でレコード大賞受賞、歌手橋幸夫、作曲利根一郎)は、1974年(昭和49年)に52歳で亡くなったが、1976年(昭和51年)に出版された遺稿「公園の手品師 宮川哲夫詩集」(宮川哲夫遺作品編集室発行、発行者宮川和恵)の47P - 48Pで「大島節」のオリジナル作詞を残していたことが記録されている。以下の7詞であるが、4つは出身地である波浮港を詞ったものである。大島節 フレッシュアイペディアより)

  • 第25回日本レコード大賞

    第25回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    第25回の大賞は、細川たかしの「矢切の渡し」に決定した。細川は2年連続2度目の受賞。2連覇は史上初、2度目は第8回の橋幸夫以来17年ぶりであった。第25回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ぼんち

    ザ・ぼんちから見た橋幸夫橋 幸夫

    潮来の伊太郎?、あれ?(おさむ、橋幸夫のものまね)ザ・ぼんち フレッシュアイペディアより)

  • 赤川れいか

    赤川れいかから見た橋幸夫橋 幸夫

    2009年、橋幸夫&安倍里葎子のデュエット曲「今夜は離さない」の作詞家・藤波研介と出会い、2010年2月シングル「扉/私を愛して」でユニバーサルミュージック(元・ポリドール)よりメジャーデビュー。「扉」は、東北の民謡花笠音頭をアレンジしている。作曲は、インディーズ時代からの音楽仲間で現在は電気を引かずに自給自足しながら山で生活する異色の作曲家カレン小町。編曲は、同じ山形県出身の庄司龍。赤川れいか フレッシュアイペディアより)

  • サンテンラッキーセブンショー

    サンテンラッキーセブンショーから見た橋幸夫橋 幸夫

    第1回目のゲストは橋幸夫だった。サンテンラッキーセブンショー フレッシュアイペディアより)

  • 霧氷 (曲)

    霧氷 (曲)から見た橋幸夫橋 幸夫

    霧氷(むひょう)は、橋幸夫が1966年10月5日に発売したシングル盤レコード。霧氷 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • いつでも笑みを!

    いつでも笑みを!から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫がゲスト出演した際に語られたものであるが、「いつでも笑みを!」のタイトルは、橋と吉永小百合がデュエットで歌った「いつでも夢を」から採られ由来しているという。いつでも笑みを! フレッシュアイペディアより)

  • 三度笠

    三度笠から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫:「潮来笠」や「赤い夕日の三度笠」という曲をレパートリーに持つ。三度笠 フレッシュアイペディアより)

  • ぼんちおさむ

    ぼんちおさむから見た橋幸夫橋 幸夫

    少年時代、土曜日となれば吉本新喜劇、道頓堀アワー、松竹新喜劇とお笑い番組のTV放送に夢中だったという。高校卒業後、曾我廼家明蝶が主宰する明蝶学院の演劇科で学び、喜劇役者を目指すがその演劇科が閉鎖となり、タイヘイトリオに師事し漫才に転向する。里見まさと(旧芸名・まさと)と組んだ「ザ・ぼんち」時代には、「そーなんですよ川崎さん」(山本耕一の真似)、「潮来の伊太郎?あれ?」(橋幸夫の真似)、「おさむちゃんで?す」などのギャグで1980年代前半の漫才ブームの頂点を極めた。ぼんちおさむ フレッシュアイペディアより)

221件中 91 - 100件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード