394件中 11 - 20件表示
  • 潮来笠

    潮来笠から見た橋幸夫橋 幸夫

    「潮来笠」(いたこがさ)は、1960年7月5日にビクターより発売された橋幸夫のシングルである(VS-367)潮来笠 フレッシュアイペディアより)

  • 第6回日本レコード大賞

    第6回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    第6回の大賞は、青山和子の「愛と死をみつめて」に決定した。青山和子は初の受賞。18歳での受賞で、10代は第4回の橋幸夫(19歳)/吉永小百合(17歳)以来2年ぶり。 和田弘とマヒナスターズの「ウナ・セラ・ディ東京」との接戦だった。第6回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た橋幸夫橋 幸夫

    舟木 一夫(ふなき かずお、本名:上田 成幸、1944年12月12日 - )は、日本の歌手、タレント。橋幸夫、西郷輝彦とともに“御三家”と呼ばれている。学生服と八重歯がトレードマークで、デビュー当時は、学園ソングとよばれる、高校生活をテーマにした歌が多かった。血液型はO型。身長172cm。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年東京オリンピック

    1964年東京オリンピックから見た橋幸夫橋 幸夫

    「東京五輪音頭」(作詞:宮田隆、作曲:古賀政男、歌:三波春夫・橋幸夫・つくば兄弟・神楽坂浮子・三橋美智也・坂本九・北島三郎・畠山みどり・大木伸夫・司富子)1964年東京オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正

    吉田正から見た橋幸夫橋 幸夫

    生涯作曲数は2400曲を超える。都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、ムード歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広く手掛けた。また、鶴田浩二、三浦洸一、フランク永井、松尾和子、橋幸夫、和田弘とマヒナスターズなど多くの歌手を育て上げ、日本歌謡史の黎明期を支えたひとりである。吉田正 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍里葎子

    安倍里葎子から見た橋幸夫橋 幸夫

    1983年、橋幸夫の新作としてデュエット曲『今夜は離さない』制作に当たって作詞家から相手役オーディションの誘いを受け、先入観をなくすために名前を伏せて録音した数人の音源を聞いた中から橋幸夫らによって安倍が選出される。しかし、同曲ヒット後に自分ひとりでもやれると考えて橋の事務所から一方的に離脱。以降、松方弘樹、桜木健一、林与一、誠直也らとデュエット曲を発表、「デュエットの女王」の異名を得る。安倍里葎子 フレッシュアイペディアより)

  • 黛ジュン

    黛ジュンから見た橋幸夫橋 幸夫

    1970年2月1日を以って、橋幸夫が所属するワールド・プロへ移籍。同年にミュージシャンの江藤勲と結婚し一旦引退する。しかし、江藤の家庭内暴力などが原因で、1973年の離婚。その後本格的に芸能界へ復帰する。しかし以前のような人気は得られず低迷するものの、1980年にはレコード会社をCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)へ移籍、「風の大地の子守唄」「男はみんな華になれ」が久々のヒット。さらに、1983年には日活ロマンポルノ「女帝」にも出演する。1993年には久々の新曲「すべてがさよならになる」を発売。2005年には、1970年に東京サンケイホールで行われた『リサイタル'70』などがCD化された。黛ジュン フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た橋幸夫橋 幸夫

    股旅物…ディック・ミネ「旅姿三人男」、橋幸夫「潮来笠」、氷川きよし「箱根八里の半次郎」など。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山の金さん (テレビ朝日)

    遠山の金さん (テレビ朝日)から見た橋幸夫橋 幸夫

    江戸北町奉行「遠山左衛門尉」とお節介焼きの遊び人「金さん」と言う二つの顔を持つ男、遠山金四郎の活躍を描く。前作の橋幸夫版終了から半年後に、放送時間枠をそれまでの日曜日夜8時枠から木曜日夜8時枠に移動して制作された。主演の杉良太郎は、中村梅之助・市川段四郎・橋幸夫に次いで4代目にあたる。遠山の金さん (テレビ朝日) フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た橋幸夫橋 幸夫

    黎明期(第7回頃)までは戦前・戦中派の歌手も常連として名を連ねていたが、第8回(1957年)を以って戦前からの第一人者的存在である藤山一郎が後進に道を譲る形で歌手としての出場を辞退。以後、回を重ねる毎に戦前派の歌手の名は消えてゆく。入れ替わるように、第10回(1959年)では新世代デュオ歌手のザ・ピーナッツが(姉妹または兄弟での出場はこれが初めて)、翌第11回(1960年)では御三家の筆頭として1960年代の歌謡界を牽引するスター歌手となる橋幸夫や、ロカビリーブームの第一人者である平尾昌章(現:平尾昌晃)が、第12回(1961年)では当時NHKで放送中であった『夢であいましょう』内「今月の歌」コーナーから誕生した「上を向いて歩こう」のヒットにより坂本九がそれぞれ初出場するなど、出場者の顔ぶれにも「世代交代」の色が年々強く反映されるようになってゆく。そして第13回(1962年)では前年まで連続出場していた淡谷のり子、林伊佐緒、伊藤久男が落選、完全に戦後派の歌手のみの顔ぶれとなった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

394件中 11 - 20件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード

  • 新春 LINEおみくじ〜LINEのお年玉キャンペーン2019〜

  • 来年からは立場が変わり新たなステージが待っています。

  • 米川の水かぶり