394件中 21 - 30件表示
  • 遠山の金さん捕物帳

    遠山の金さん捕物帳から見た橋幸夫橋 幸夫

    原作は陣出達朗。後に四代目 市川段四郎・橋幸夫・杉良太郎・高橋英樹・松方弘樹・松平健らの主演作品へと続いていく、NETテレビ/テレビ朝日と東映京都の製作による『遠山の金さん』シリーズの第1作目。遠山の金さん捕物帳 フレッシュアイペディアより)

  • ご存じ金さん捕物帳

    ご存じ金さん捕物帳から見た橋幸夫橋 幸夫

    ご存じ金さん捕物帳(ごぞんじきんさんとりものちょう)はNETテレビ(現・テレビ朝日)で1974年9月29日から1975年3月30日にかけて日曜20時枠で放送された橋幸夫主演による連続テレビ時代劇。全27回。ご存じ金さん捕物帳 フレッシュアイペディアより)

  • 五木ひろし

    五木ひろしから見た橋幸夫橋 幸夫

    上京して4ヶ月後の1964年9月、第15回コロムビア全国歌謡コンクールにて優勝、コロムビアの専属歌手となる。「歌うミスター平凡」(雑誌『平凡』主催)に選抜され1965年6月、“松山まさる”を芸名として、コロムビアから「新宿駅から/信濃路の果て」でデビュー。しかし頼みの綱だった上原が同年8月、軽井沢へ向かう車中で心臓発作のため急死、五木はまだ17歳だった。シングルを計6枚発売するもヒットに至らず、1967年に日本グラモフォンへ移籍。この時期は都はるみや北島三郎らスター歌手の前座や、キャバレー回りが主で仕事は大半地方巡業だった。1967年4月、“一条英一”に改名して、ポリドール・レーベルから「俺を泣かせる夜の雨/流れ星(B面は愛田健二)」で再デビュー。シングルを計3枚発売するもヒットに至らず、橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の「御三家」には大きく水をあけられ、三田明など10代の歌手にもどんどん追い抜かれた。1968年、プロダクションの倒産とともに契約を解除される。仕事は0になり貯金も尽き、食べる物にも困った。机の引き出しの奥から出てきたフジテレビの食堂の食券を握り締め、東中野のアパートから当時東京・河田町に社屋が存在したフジテレビまで歩いて行ったこともある。同じアパートに住んでいたホステスから弾き語りを勧められ、銀座の高級クラブ『クニ』で歌い始め1969年、ここで作曲家の遠藤実を紹介され、ミノルフォンと契約。12月、“三谷謙”に再び改名して、「雨のヨコハマ/東京 長崎 札幌」で再デビューを果たすもヒットに至らず。五木ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た橋幸夫橋 幸夫

    1962年(昭和37年) - 高校在学中、『キューポラのある街』(浦山桐郎監督)にヒロイン役で出演、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞(17歳での受賞は2012年時点で史上最年少記録)。ビクターから『寒い朝』でレコードデビューし20万枚のヒット。橋幸夫とのデュエットで30万枚の大ヒットとなった『いつでも夢を』で「第4回日本レコード大賞」受賞。この頃から日活の清純派女優として浜田光夫とコンビを組む。同年3月31日からイタリアのミラノで開かれた「ミラノ国際見本市」の中で、4月15日から4月19日まで開催された『ミラノ日本映画見本市』のため、4月10日、清水雅(東宝社長)を団長として、川喜多長政、奥山融、そして、他の映画会社各社代表女優の佐久間良子(東映)、星由里子(東宝)らと共に日活代表女優としてイタリアへ出発。岸惠子が日本からではなく現地参加でミラノで合流している。吉永は星と共に同国のヴェネツィアも訪れている。4月25日、帰国。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なイタリア訪問となった。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川哲夫

    宮川哲夫から見た橋幸夫橋 幸夫

    1966年(昭和41年)、45歳。「雨の中の二人」ヒット。楽曲「霧氷」で、歌手の橋幸夫、作曲の利根一郎とともに、第8回レコード大賞を受賞。宮川哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 西川晶

    西川晶から見た橋幸夫橋 幸夫

    その後、橋幸夫の店にてウェイターの仕事をしながら、歌手活動などアシスタントを行う。その後、こまどり姉妹の前唄にて全国巡業し、レコード発売とともに活動をした。さらに、五木ひろし、中条きよし、八代亜紀などがデビューした全日本歌謡選手権に出場し、作曲家船村徹の助言「歌では言う所はないけれど、もう一度一から出直して見たらどうか」という一言が、今日の西川晶を作る事に繋がり、現在に至る。作曲、作詞を手がけ、コンサート活動を行いながら、地元静岡を発信地として、活動を行っている。西川晶 フレッシュアイペディアより)

  • 白根一男

    白根一男から見た橋幸夫橋 幸夫

    男性アイドル歌手として、10代で橋幸夫の股旅歌謡を歌う、学生服でのステージ(舟木一夫)、作曲もこなすなど、1960年代前半の青春歌謡の歌い手であった。白根一男 フレッシュアイペディアより)

  • 乙女の祈り (黛ジュンの曲)

    乙女の祈り (黛ジュンの曲)から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫と共演したハワイ100年祭記念映画「夜明けの二人」(松竹)の挿入歌となった。乙女の祈り (黛ジュンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ROCK THE MIX

    ROCK THE MIXから見た橋幸夫橋 幸夫

    恋のメキシカン・ロック / スカポンタス feat. 橋幸夫ROCK THE MIX フレッシュアイペディアより)

  • 徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)

    徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)から見た橋幸夫橋 幸夫

    キャスト:橋幸夫(磯の源太)、淡島千景(お歌の方)、岩井友見(小雪)、天津敏(蜂須賀刑部)、松村康世(お市)、香月京子(千草)、宮崎美恵子(蜂須賀鶴松)、志摩靖彦(松平頼義)、長沢純(寅次郎)、北村英三(村田孫右ヱ門)、杉村春子(語り手)徳川おんな絵巻 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

394件中 21 - 30件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード

  • 新春 LINEおみくじ〜LINEのお年玉キャンペーン2019〜

  • 来年からは立場が変わり新たなステージが待っています。

  • 米川の水かぶり