221件中 21 - 30件表示
  • 乙女の祈り (黛ジュンの曲)

    乙女の祈り (黛ジュンの曲)から見た橋幸夫橋 幸夫

    作詞はなかにし礼、作曲・編曲は鈴木邦彦である。橋幸夫と共演したハワイ100年祭記念映画「夜明けの二人」(松竹)の挿入歌となった。乙女の祈り (黛ジュンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • からだ救済体操

    からだ救済体操から見た橋幸夫橋 幸夫

    バックで流れる歌「からだ救済体操」はハロー!プロジェクトの楽曲も手がける渡部チェルが作曲し、橋幸夫が歌っている(ただCD化はおろか、橋のオフィシャルページでも紹介されていない)。からだ救済体操 フレッシュアイペディアより)

  • 橋宏之

    橋宏之から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋 宏之(はし ひろゆき、1963年8月27日 - )は東京都出身の演歌歌手である。橋幸夫の甥にあたる。橋宏之 フレッシュアイペディアより)

  • 学園ソング

    学園ソングから見た橋幸夫橋 幸夫

    『美しい十代』をうたった三田明、『女学生』の安達明、『いつでも夢を』の橋幸夫と吉永小百合、『青春の城下町』の梶光夫,『草原の丘』の本間千代子、『下町の太陽』の倍賞千恵子、『愛と死をみつめて』の青山和子などがいる。学園ソング フレッシュアイペディアより)

  • 村中 龍人

    村中龍人から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫公演(2006年)龍太郎 役村中龍人 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸芸能社

    神戸芸能社から見た橋幸夫橋 幸夫

    昭和33年(1957年)4月1日、三代目山口組・田岡一雄組長は「神戸芸能社」を株式会社として法人登記した。資本金は百万円。社長は田岡一雄。本社事務所は、兵庫県神戸市生田区橘通り2丁目の山口組本家。月給は田岡一雄が25万円、山沖一雄が15万円であった。ひばりの他に田端義夫、高田浩吉、里見浩太朗、 山城新伍、橋幸夫、三波春夫、北条喜久子らの興行権を持った。神戸芸能社 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴懸の径 -佐伯孝夫 優しい詩集-

    鈴懸の径 -佐伯孝夫 優しい詩集-から見た橋幸夫橋 幸夫

    いつでも夢を - 橋幸夫・吉永小百合の楽曲鈴懸の径 -佐伯孝夫 優しい詩集- フレッシュアイペディアより)

  • 高校三年生 (舟木一夫の曲)

    高校三年生 (舟木一夫の曲)から見た橋幸夫橋 幸夫

    歌詞は、高校生活も残りわずかになった高校三年生の純朴な気持ちが綴られている。この曲を録音した当時、舟木は現役の高校三年生であった(レコード発売は卒業後)。レコードジャケットの舟木は学生服姿であるが、これは舞台で学生服を着ることがあった橋幸夫に対抗する意味合いがあった。現在でも学園ソング(青春歌謡)の定番としてこの曲が挙げられることが多い。また「高校三年生」以降も舟木はいくつもの青春歌謡を発表している。高校三年生 (舟木一夫の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 田坂啓

    田坂啓から見た橋幸夫橋 幸夫

    広島県尾道市出身。早稲田大学仏文科卒。大映株式会社脚本家養成所を1956年了。1960年『襲われた手術』の共同脚本でデビュー1963年、橋幸夫と吉永小百合主演で主題歌が大ヒットした『いつでも夢を』も共作した。東映と契約した1962年『恐喝』で一本立ち。『第三の忍者』『花と龍』、大川橋蔵の映画版『銭形平次』、『十一人の侍』など、時代劇の脚本を主に書いた。その後フリーの脚本家となり、1960年代後半から主に松竹の渡辺祐介監督とのコンビで「ザ・ドリフターズ全員集合!!シリーズ」など多数の喜劇脚本を手がけた。またテレビドラマの脚本も多く『眠狂四郎』『鬼平犯科帳』『荒野の素浪人』『素浪人罷り通る』『御家人斬九郎』『剣客商売』『西遊記』『東京警備指令 ザ・ガードマン』、花登筐原作の『どてらい男』の第2シリーズ(花登と共作)その他、2時間ドラマなど多数ある。映画脚本は他に丹波哲郎主演の怪作『コレラの城』やタモリの映画デビュー作『喜劇役者たち 九八とゲイブル』、フジテレビの劇場用映画第1作『御用金』、『金環蝕』『君よ憤怒の河を渉れ』などがある。田坂啓 フレッシュアイペディアより)

  • ビギンの一五一会 58ドライブ

    ビギンの一五一会 58ドライブから見た橋幸夫橋 幸夫

    いつでも夢を - 橋幸夫・吉永小百合の1962年の楽曲。同年の第4回日本レコード大賞受賞曲。ビギンの一五一会 58ドライブ フレッシュアイペディアより)

221件中 21 - 30件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード