221件中 41 - 50件表示
  • 第15回NHK紅白歌合戦

    第15回NHK紅白歌合戦から見た橋幸夫橋 幸夫

    15回目を記念して、創世記の紅白の看板スターである藤山一郎、淡谷のり子、渡辺はま子、伊藤久男が再出場し、それぞれ自身の代表曲である「長崎の鐘」(藤山)、「桑港のチャイナタウン」(渡辺)、「別れのブルース」(淡谷)、「イヨマンテの夜」(伊藤)を披露した。藤山の「長崎の鐘」の際には、当時の若手「四天王」である橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦、三田明がコーラスを担当し、同曲を盛り上げた。第15回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第6回日本レコード大賞

    第6回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    第6回の大賞は、和田弘とマヒナスターズの「ウナ・セラ・ディ東京」と接戦となったが、青山和子の「愛と死をみつめて」に決定した。青山和子は初の受賞。18歳での受賞で、10代は第4回の橋幸夫(19歳)/吉永小百合(17歳)以来2年ぶり。第6回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回日本レコード大賞

    第3回日本レコード大賞から見た橋幸夫橋 幸夫

    佐伯孝夫「白い花のブルース」(歌・平野こうじ)/「磯ぶし源太」(歌・橋幸夫第3回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 新御三家

    新御三家から見た橋幸夫橋 幸夫

    新御三家(しんごさんけ)とは、1970年代に日本を代表するトップアイドル歌手として爆発的な人気を得て大活躍した郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎 の3人(ビッグスリー)を指す総称。それ以前に橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦が『御三家』と呼ばれていた事に倣った名称であり、略して『御三家』と呼ばれることもある。新御三家 フレッシュアイペディアより)

  • 窓からコンチワ

    窓からコンチワから見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫 - 古本屋「勉強堂」の息子・満。つや子の恋人でもある窓からコンチワ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見た橋幸夫橋 幸夫

    日本の1960年代男性アイドル歌手のビッグスリー - 橋幸夫、西郷輝彦、舟木一夫 ⇒ 御三家ビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • 晴乃ピーチク・パーチク

    晴乃ピーチク・パーチクから見た橋幸夫橋 幸夫

    本名は手塚清三。1963年5月12日、石川県金沢市で橋幸夫コンサートで司会中に軍刀を持った暴漢に襲われて橋幸夫と共に怪我をした。晴乃ピーチク・パーチク フレッシュアイペディアより)

  • スターパレード

    スターパレードから見た橋幸夫橋 幸夫

    ティーンエイジャー向けに企画された歌謡番組。橋幸夫などの人気歌手たちがレギュラー出演し、歌を披露していた。スターパレード フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦日記

    夫婦日記から見た橋幸夫橋 幸夫

    タコ焼き夫婦(橋幸夫、丘みつ子)夫婦日記 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山の金さん (2007年のテレビドラマ)

    遠山の金さん (2007年のテレビドラマ)から見た橋幸夫橋 幸夫

    ご存じ金さん捕物帳(橋幸夫、1974年 - 1975年)遠山の金さん (2007年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

221件中 41 - 50件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード