394件中 71 - 80件表示
  • オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!

    オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!から見た橋幸夫橋 幸夫

    『ご本人と一緒』(ごほんにんといっしょ)とは、当番組では欠かせないサプライズ的な企画であった。内容は物真似をしている出場者が途中で物真似をされている本人が登場すると言うものであり、第1号の女性ゲストは清水アキラに物真似された青江三奈で、第6回には宇多田ヒカルの母親である藤圭子もNYから番組出演の為に帰国して登場した。男性ゲストの第1号はコロッケに物真似された美川憲一であった。その他にも北島三郎・野口五郎・橋幸夫などと言った大物歌手や海外アーティストも出演することがあった。オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!! フレッシュアイペディアより)

  • オールスター大行進

    オールスター大行進から見た橋幸夫橋 幸夫

    出演歌手:フランク永井、三浦洸一、松尾和子、佐川満男、雪村いづみ、橋幸夫、美空ひばり、小野透、坂本九、森山加代子、藤島恒夫、水原弘、朝丘雪路、三橋美智也、ペギー葉山、春日八郎、三波春夫、アイ・ジョージ、西田佐知子 他オールスター大行進 フレッシュアイペディアより)

  • 橋宏之

    橋宏之から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋 宏之(はし ひろゆき、)は演歌歌手である。「ひろゆき」、「橋ひろゆき」の名前も用いた。橋幸夫の甥。橋宏之 フレッシュアイペディアより)

  • 春の歌まつり

    春の歌まつりから見た橋幸夫橋 幸夫

    第3回(1965年4月2日):橋幸夫、園まり、都はるみ春の歌まつり フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ロンゲストショー

    ザ・ロンゲストショーから見た橋幸夫橋 幸夫

    1979年3月に終了した後もこれの続編とも取れる「ウィークエンド東京」(司会:橋幸夫)が同年4月より1981年3月末までの2年間放送された。ザ・ロンゲストショー フレッシュアイペディアより)

  • またたびの詩

    またたびの詩から見た橋幸夫橋 幸夫

    『またたびの詩』は、1978年6月25日に発売された橋幸夫のオリジナルアルバム。LP(SJX-20067)とカセットテープ(VCH-1559)の2形式で発売された。またたびの詩 フレッシュアイペディアより)

  • ふたり (橋幸夫のアルバム)

    ふたり (橋幸夫のアルバム)から見た橋幸夫橋 幸夫

    『ふたり』は、1976年9月にビクターレコードより発売された、橋幸夫のLP盤でのオリジナルアルバム(SJX-10163)である。ふたり (橋幸夫のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 歌のグランド・ショー

    歌のグランド・ショーから見た橋幸夫橋 幸夫

    NHKには1968年1月7日放送分の映像(モノクロ映像)が保存されており、横浜市にある放送ライブラリーでも視聴が可能である。この回では、美空ひばりが「真赤な太陽」を歌唱する際、ジャッキー吉川とブルー・コメッツと、同曲を作曲した原信夫が演奏に加わった。他にも橋幸夫、西郷輝彦、和田弘とマヒナスターズが出演した。歌のグランド・ショー フレッシュアイペディアより)

  • ワールド映画

    ワールド映画から見た橋幸夫橋 幸夫

    『恋の乙女川』 : 監督市村泰一、出演橋幸夫、配給松竹、1969年1月11日公開 - 日本ビクターと提携製作ワールド映画 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫チャリティ・ショウ

    橋幸夫チャリティ・ショウから見た橋幸夫橋 幸夫

    「橋幸夫チャリティ・ショウ」は、1963年9月に発売された橋幸夫のミュージックブック(MBK6008)。ソノシートが付属している。橋幸夫チャリティ・ショウ フレッシュアイペディアより)

394件中 71 - 80件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード

  • 新春 LINEおみくじ〜LINEのお年玉キャンペーン2019〜

  • 来年からは立場が変わり新たなステージが待っています。

  • 米川の水かぶり