221件中 71 - 80件表示
  • 東京ビートルズ

    東京ビートルズから見た橋幸夫橋 幸夫

    東京ビートルズの音源を所有する日本ビクター(現ビクターエンタテイメント)では、1980年代後期から1990年代始め頃、クレイジー・キャッツやトニー谷、橋幸夫などのリマスター盤CD再発を始めていたが、これらの企画に携わっていたのが大滝詠一であった。一連のビクター系音源リマスター再リリースの最後の切り札として東京ビートルズを考えていた大滝は1992年(平成4年)の夏、ニッポン放送のラジオ番組ラジオビバリー昼ズのゲストとして招かれ、同番組のホスト高田文夫から「私は銀座の松竹セントラルの一番前の席で東京ビートルズの生演奏を見た!もちろん本物のビートルズも武道館へ見に行った。両方のビートルズを見ている生き証人である!」と聞かされ仰天し、意気投合した大滝・高田による東京ビートルズ再発売に向けたさまざまなプロモーションが行われ、1993年(平成5年)、大滝本人によりプロデュースされ、「抱きしめたい」、「プリーズ・プリーズ・ミー」、「キャント・バイ・ミー・ラブ」、「ツイスト・アンド・シャウト」のシングル4曲を収めた『meet the東京ビートルズ』がビクターよりCDとして発売された。東京ビートルズ フレッシュアイペディアより)

  • IT'S A WONDERFUL WORLD

    IT'S A WONDERFUL WORLDから見た橋幸夫橋 幸夫

    桜井は「橋幸夫さんと吉永小百合さんの『いつでも夢を』をイメージして作った楽曲」と語っており、それは詞の中でも明確に指している。IT'S A WONDERFUL WORLD フレッシュアイペディアより)

  • 東京タムレ

    東京タムレから見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫・吉永小百合のデュエットによるヒット曲として知られる。桑田佳祐がデュエットで参加し、原曲とは逆で、原曲の女性パートを桑田が、男性パートを原が歌い、夫婦デュエットを披露している。橋幸夫を意識した、サザン・桑田のオリジナル曲にはない桑田の歌声も聴きどころである。東京タムレ フレッシュアイペディアより)

  • ヤングおー!おー!

    ヤングおー!おー!から見た橋幸夫橋 幸夫

    村田英雄、三波春夫、春日八郎、島倉千代子、水原弘、石原裕次郎、美空ひばり、デューク・エイセス、斎東満、北島三郎、橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦、森進一、ヒデとロザンナ、坂本九、ジェリー藤尾、森山加代子、中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり、ザ・ワイルドワンズ、水前寺清子、千昌夫、黛ジュン、奥村チヨ、小川知子、由紀さおり、トワ・エ・モワ、北山修、はしだのりひことクライマックス、杉田二郎、和田アキ子、内山田洋とクール・ファイブ、かまやつひろし、堺正章、井上順、尾崎紀世彦、にしきのあきら、五木ひろし、小柳ルミ子、天地真理、南沙織、欧陽菲菲、八代亜紀、沢田研二、西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎、麻丘めぐみ、三善英史、山口百恵、桜田淳子、森昌子、あべ静江、アグネス・チャン、浅田美代子、石川さゆり、チェリッシュ、かぐや姫、フィンガー5、中条きよし、城みちる、あいざき進也、殿さまキングス、海援隊、あのねのね、浅野ゆう子、伊藤咲子、林寛子、麻生よう子、荒川務、シェリー、片平なぎさ、岩崎宏美、岡田奈々、細川たかし、JOHNNY'Sジュニア・スペシャル、ずうとるび、しばたはつみ、真木ひでと、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、研ナオコ、井上純一、キャンディーズ、斎藤こず恵、ピンク・レディー、内藤やす子、新沼謙治、角川博、清水健太郎、狩人、川崎麻世、松崎しげる、榊原郁恵、大場久美子、高田みづえ、石野真子、石川ひとみ、中原理恵、渡辺真知子、原田真二、ツイスト、サザンオールスターズ、能瀬慶子、水越けいこ、浜田省吾、ロブバード、松田聖子、中森明菜、河合奈保子、三原順子、柏原芳恵、田原俊彦、近藤真彦、山本譲二、沖田浩之、クールス、THE ALFEE、ジューシィ・フルーツ、ザ・ヴィーナス、又吉&なめんなよ(M-BAND=当番組がテレビ初出演)、チャゲ&飛鳥、松本伊代、堀ちえみ、チープ・トリック、レスリー・マッコーエン、ノーランズほかヤングおー!おー! フレッシュアイペディアより)

  • ブロマイド

    ブロマイドから見た橋幸夫橋 幸夫

    舟木一夫、吉永小百合、西郷輝彦、本間千代子、ジャニーズ、九重佑三子、橋幸夫、美空ひばり、三田明、高田美和ブロマイド フレッシュアイペディアより)

  • ハラッド

    ハラッドから見た橋幸夫橋 幸夫

    みんないい子(わるい子ヴァージョン)に続く桑田・原の夫婦デュエットでカバーアルバム『東京タムレ』に収録。原曲は橋幸夫・吉永小百合のデュエット曲である。ただし原曲とは逆で女性パートは桑田が男性パートは原が担当していた夫婦デュエットとなっている。ハラッド フレッシュアイペディアより)

  • 山川豊

    山川豊から見た橋幸夫橋 幸夫

    当初、山川 豊という芸名でのデビューは予定されていなかった。同じ事務所で先輩である橋幸夫のマネージャー「山川 豊」が、デビュー直前に階段から落ちて転落死したため、亡くなったマネージャーを哀悼する形で、そのまま芸名として名乗ってデビューすることになり、今日に至る。山川豊 フレッシュアイペディアより)

  • 葉山 葉子(業務提携)

    葉山葉子から見た橋幸夫橋 幸夫

    橋幸夫特別公演「吉良仁吉・三下り半」葉山葉子 フレッシュアイペディアより)

  • 池田政之

    池田政之から見た橋幸夫橋 幸夫

    夢の架け橋 (原作:橋幸夫、中日劇場)★池田政之 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉パイレーツ

    千葉パイレーツから見た橋幸夫橋 幸夫

    元粳寅組の組員で、満次の付き人的存在。満次曰く「橋幸夫に似ている」。満次を射殺しようとした鯉の放つマシンガンの餌食に身代わりになったり、ヤクザ時代の習性で「親分」と呼んだ直後に満次に刃物を突きつけられ、殺害されるなど、劇中で何度も死んでいるがそのたびに生き返り、しまいには死んでもすぐ生き返ることが特技になってしまった。千葉パイレーツ フレッシュアイペディアより)

221件中 71 - 80件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード