155件中 21 - 30件表示
  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た佐川急便

    佐川急便:創業者の佐川清が橋のファンであり、橋を副社長に迎えたレコード会社「リバスター音産」を設立した。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たオリコン

    1969年には「京都・神戸・銀座」がオリコンチャートでトップ10入りするヒットを記録。同年日本航空国際線スチュワーデスだった凡子(なみこ)夫人と搭乗飛行機内で知り合い、1970年に婚約。翌1971年1月に結婚し、長女・長男(橋龍吾)をもうけた。凡子夫人もエッセイストやタレントとして芸能活動を行い、1982年4月から1985年3月までフジテレビ系ワイドショー『ワイドワイドフジ』の司会を担当したほか、講演活動などを行った。夫婦での共著もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た関西テレビ放送

    徳川おんな絵巻(1971年、関西テレビ) - 源太橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た日本航空

    1969年には「京都・神戸・銀座」がオリコンチャートでトップ10入りするヒットを記録。同年日本航空国際線スチュワーデスだった凡子(なみこ)夫人と搭乗飛行機内で知り合い、1970年に婚約。翌1971年1月に結婚し、長女・長男(橋龍吾)をもうけた。凡子夫人もエッセイストやタレントとして芸能活動を行い、1982年4月から1985年3月までフジテレビ系ワイドショー『ワイドワイドフジ』の司会を担当したほか、講演活動などを行った。夫婦での共著もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たYouTube

    YouTube/ポッドキャストでも放送後1週間に限定して配信されていた。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たフジテレビ

    1969年には「京都・神戸・銀座」がオリコンチャートでトップ10入りするヒットを記録。同年日本航空国際線スチュワーデスだった凡子(なみこ)夫人と搭乗飛行機内で知り合い、1970年に婚約。翌1971年1月に結婚し、長女・長男(橋龍吾)をもうけた。凡子夫人もエッセイストやタレントとして芸能活動を行い、1982年4月から1985年3月までフジテレビ系ワイドショー『ワイドワイドフジ』の司会を担当したほか、講演活動などを行った。夫婦での共著もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たテレビ東京

    大江戸捜査網 第345話「やくざ同心怒りの復讐」(1978年、12ch) - 一色兵馬橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たテレビ朝日

    ご存知時代劇 伊豆の佐太郎(1973年、NET橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た日本コロムビア

    1960年に「潮来笠」でビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からデビュー、同曲で第2回日本レコード大賞新人賞を受賞し、「第11回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。紅白歌合戦には1976年の「第27回NHK紅白歌合戦」まで17回連続出場、通算19回出場した。後にデビューした舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集める。実はビクターからデビューする以前にコロムビアのオーディションに落ちており、もしコロムビアからデビューしていたら、舟木一夫という芸名になる予定であったと後に述べている。神戸芸能社で仕事をした時期もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たクボタ

    クボタ - トラクター「L」シリーズ/「ブルトラ」シリーズ、コンバイン「NX」シリーズ等橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

155件中 21 - 30件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード