155件中 61 - 70件表示
  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た俳優

    橋 幸夫(はし ゆきお、本名:橋 幸男(読み同じ)、1943年5月3日 - )は、東京都荒川区出身の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。血液型はA型。歌手の他に、俳優としても活躍、著書に認知症の実母の介護生活を綴った「お母さんは宇宙人」がある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たいつでも夢を

    1962年、吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」が発売から「1ヶ月で30万枚という驚異的な記録をたて(半年後の翌年5月に100万枚突破)」る大ヒットとなり、第4回日本レコード大賞を受賞した。1966年、「霧氷」で再び第8回日本レコード大賞を受賞。同賞ではいずれも史上初となる2度目の大賞受賞、新人賞と大賞の2冠を達成した(当時は最優秀新人賞と最優秀歌唱賞は存在しなかったため、主要な賞は新人賞と大賞のみだった)。人気と実力を兼ね備えた若手ナンバーワン歌手と目され、映画にも多数出演した。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た雨の中の二人

    雨の中の二人(SB3034) 1橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た潮来笠

    1960年に「潮来笠」でビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からデビュー、同曲で第2回日本レコード大賞新人賞を受賞し、「第11回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。紅白歌合戦には1976年の「第27回NHK紅白歌合戦」まで17回連続出場、通算19回出場した。後にデビューした舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集める。実はビクターからデビューする以前にコロムビアのオーディションに落ちており、もしコロムビアからデビューしていたら、舟木一夫という芸名になる予定であったと後に述べている。神戸芸能社で仕事をした時期もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たあの娘と僕

    あの娘と僕(SB3029) 1橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た恋と涙の太陽

    恋と涙の太陽(SB3037) 1橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たチェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-

    涙にさよならを(MBK3123) 1橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たトラクター

    クボタ - トラクター「L」シリーズ/「ブルトラ」シリーズ、コンバイン「NX」シリーズ等橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たボクシング

    1943年5月3日、東京都荒川区に呉服屋の9人兄弟の末っ子として生まれた。ちなみに、「橋」という珍しい苗字は、先祖が代々滋賀県で神主を務めていたことに由来するという。学生時代は悪童でボクシングに熱中し、プロテストを勧められたこともあり、心配した母が遠藤実の歌謡教室に通わせたことが、歌の世界に入るきっかけとなった。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た東京都

    橋 幸夫(はし ゆきお、本名:橋 幸男(読み同じ)、1943年5月3日 - )は、東京都荒川区出身の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。血液型はA型。歌手の他に、俳優としても活躍、著書に認知症の実母の介護生活を綴った「お母さんは宇宙人」がある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード