155件中 71 - 80件表示
  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たタモリのネタでNIGHTフィーバー!

    タモリのネタでNIGHTフィーバー!(フジテレビ)橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たワイドショー

    1969年には「京都・神戸・銀座」がオリコンチャートでトップ10入りするヒットを記録。同年日本航空国際線スチュワーデスだった凡子(なみこ)夫人と搭乗飛行機内で知り合い、1970年に婚約。翌1971年1月に結婚し、長女・長男(橋龍吾)をもうけた。凡子夫人もエッセイストやタレントとして芸能活動を行い、1982年4月から1985年3月までフジテレビ系ワイドショー『ワイドワイドフジ』の司会を担当したほか、講演活動などを行った。夫婦での共著もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た子連れ狼 (萬屋錦之介版)

    1971年発売の「子連れ狼」は、元々は劇画のイメージソングだったが、テレビドラマ『子連れ狼』第3部の主題歌になったことで、お茶の間にも浸透。同じくトップ10入りするヒットとなった。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た第11回NHK紅白歌合戦

    1960年に「潮来笠」でビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からデビュー、同曲で第2回日本レコード大賞新人賞を受賞し、「第11回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。紅白歌合戦には1976年の「第27回NHK紅白歌合戦」まで17回連続出場、通算19回出場した。後にデビューした舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集める。実はビクターからデビューする以前にコロムビアのオーディションに落ちており、もしコロムビアからデビューしていたら、舟木一夫という芸名になる予定であったと後に述べている。神戸芸能社で仕事をした時期もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た喧嘩富士

    喧嘩富士 (大映京都)1 勝新太郎・橋幸夫・小林勝彦橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たそこは青い空だった

    そこは青い空だった  橋幸夫・吉永小百合・夢のコンビ2(MBK3108) 1橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見たすっ飛び野郎

    すっ飛び野郎 (松竹京都))1 橋幸夫・丹波哲郎・倍賞千恵子橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た江梨子

    江梨子 (大映京都)1 橋幸夫・三条魔子橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た橋幸夫の地球楽団

    橋幸夫の地球楽団(2012年10月7日 - 2017年3月26日)橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た軍刀

    1963年5月12日、金沢市の金沢市観光会館で、ショーを行った際に暴漢に襲われるという事件が起こる。ラストステージのフィナーレのときにそれは起こった。客席から一人の男性が軍刀を持ち橋に切りかかる。それを止めに入ったマネージャーも右手中指をちぎれそうになるくらいの重傷を負う。橋は咄嗟の判断で軍刀の刃を握り締め、相手に抜かれないように両手で強く握り締めた。その後、関係者などに取り押さえられ橋は大事には至らなかったが、手のひらと腕と肩と顔に2週間の怪我を負った。尚、橋はこの後遺症で左手小指を伸ばすことができない。それでも、このような危機を凌ぐことが出来たのは、「ボクシングをやっていたからだった」と橋本人が語っている。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード