99件中 71 - 80件表示
  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見たコラボレーション

    近年、スカポンタスとのコラボレーションで新録されている。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た前科

    逮捕された男は、過去に傷害事件を起こしたこともある前科持ちの男であった。また同ステージに参加していた漫才師、晴乃ピーチク・パーチクのパーチク(手塚清三)も後頭部に怪我を負っている。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た漫才師

    逮捕された男は、過去に傷害事件を起こしたこともある前科持ちの男であった。また同ステージに参加していた漫才師、晴乃ピーチク・パーチクのパーチク(手塚清三)も後頭部に怪我を負っている。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見たデュエット

    1962年、吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」が30万枚以上を売り上げる大ヒットとなり、第4回日本レコード大賞を受賞した。1966年、「霧氷」で再び第8回日本レコード大賞を受賞。人気と実力を兼ね備えた若手ナンバーワン歌手と目され、映画にも多数出演した。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た潮来市

    2005年、橋のデビュー45周年を記念して茨城県潮来市の前川あやめ園に記念碑が建てられた。映画「潮来笠」で橋が演じた潮来の伊太郎を(実際に映画で伊太郎を演じたのは小林勝彦であって橋は端役だった)モチーフとしたブロンズ像、「潮来笠」の一番の歌詞が刻まれた歌碑、「潮来笠」「伊太郎旅唄」「いつでも夢を」「恋のメキシカンロック」「盆ダンス」の5曲が流れるジュークボックスのセット。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見たサブロック

    サブロックリズムを取り入れた曲橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た軍刀

    1963年5月12日、金沢市の金沢市観光会館で、ショーを行った際に暴漢に襲われるという事件が起こる。ラストステージのフィナーレのときにそれは起こった。客席から一人の男性が軍刀を持ち橋に切りかかる。それを止めに入ったマネージャーも右手中指をちぎれそうになるくらいの重傷を負う。橋は咄嗟の判断で軍刀の刃を握り締め、相手に抜かれないように両手で強く握り締めた。その後、関係者などに取り押さえられ橋は大事には至らなかったが、手のひらと腕と肩と顔に2週間の怪我を負った。尚、橋はこの後遺症で左手小指を伸ばすことができない。それでも、このような危機を凌ぐことが出来たのは、「ボクシングをやっていたからだった」と橋本人が語っている。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見たジュークボックス

    2005年、橋のデビュー45周年を記念して茨城県潮来市の前川あやめ園に記念碑が建てられた。映画「潮来笠」で橋が演じた潮来の伊太郎を(実際に映画で伊太郎を演じたのは小林勝彦であって橋は端役だった)モチーフとしたブロンズ像、「潮来笠」の一番の歌詞が刻まれた歌碑、「潮来笠」「伊太郎旅唄」「いつでも夢を」「恋のメキシカンロック」「盆ダンス」の5曲が流れるジュークボックスのセット。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た王様のレストラン

    王様のレストラン:山口智子が演じている磯野しずかは橋幸夫ファンという設定である。レストランの従業員で「恋のアウトボート」を合唱するなど代表曲が多く使用されている。また、最終回にはレストランの客役で橋本人も登場した。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た御三家

    1960年に「潮来笠」でビクターレコードからデビュー、同曲で第2回日本レコード大賞新人賞受賞。後にデビューした舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」として人気を集める。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「橋幸夫」のニューストピックワード