1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • 武井択也

    武井択也から見た橋本英郎橋本英郎

    2011年は、レギュラーの橋本英郎がキャンプ中に長期離脱したことで開幕からレギュラーに定着し、チーム事情に応じ本職のボランチのみならず、サイドハーフやサイドバックもこなすマルチロールぶりを発揮し、出場停止の1試合を除く33試合に出場し、日刊スポーツ制定のガンバで年間を通じて活躍した選手に贈られる「黄金の脚賞」を受賞した。武井択也 フレッシュアイペディアより)

  • 飯倉大樹

    飯倉大樹から見た橋本英郎橋本英郎

    2009年6月28日のJリーグ第15節ガンバ大阪戦(横浜国際総合競技場)で、ボールがラインを割ってコーナーキックになることを阻止しようとしてピッチ内に戻したボールが橋本英郎の足元に渡ってしまいゴールを許した。試合はこのゴールが決勝ゴールとなり1-2で逆転負けした。飯倉大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ダービー

    大阪ダービーから見た橋本英郎橋本英郎

    橋本英郎(G:1998年 - 2011年、C:2015年 - 2016年)大阪ダービー フレッシュアイペディアより)

  • AC長野パルセイロ

    AC長野パルセイロから見た橋本英郎橋本英郎

    開幕後、ジョニー・レオーニがから加入。橋本英郎がC大阪から、コンハードがトンベンセFCから期限付き移籍で加入。一方、平岡将豪がいわきFCへ、パク・ゴンが群馬へ、近藤祐介が相模原へ、金久保彩が鹿児島へ、高慶汰がブリオベッカ浦安へ期限付き移籍。碓井鉄平が長崎へ復帰。リーグ戦は昨年と同じ3位。天皇杯は3回戦でJ2・横浜FCに敗れた。AC長野パルセイロ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た橋本英郎橋本英郎

    新戦力として浦和から永田充、長崎から梶川諒太、町田から内藤圭佑、C大阪から昨年長野に在籍していた橋本英郎を完全移籍で、C大阪から武田博行、G大阪から内田達也を期限付き移籍で獲得し、高木善朗が完全移籍に移行。町田へ期限付き移籍していた畠中槙之輔が復帰し、二川孝広の期限付き移籍期間が延長された。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た橋本英郎橋本英郎

    5月21日 - 橋本英郎、サッカー選手1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 庄司悦大

    庄司悦大から見た橋本英郎橋本英郎

    仙台加入時のリリースで「自分の得意なプレーであるパス」と自ら語るように、ボランチとしてフィールド中盤からの多彩なパス出しに特徴を持つ。日本代表経験を持つMF橋本英郎も「強弱の付け方、長短織り交ぜた多彩さなど、パス能力に秀でた選手」「視野の広さがあり、パスを出す選択肢が多い」と評している。J2における年間通算パス数は2016年(山口)に4127本、2017年(岐阜)に4101本と、いずれも2位に大差をつけてのトップとなっている。庄司悦大 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見た橋本英郎橋本英郎

    2010年、開幕当初は前年同様なかなか出場機会を得られなかったが、主力選手にケガ人が続出したことで、4月10日のJ1第6節大宮戦でこの年初めてスタメンで起用される。J1第8節FC東京戦でリーグ戦初得点を挙げ、ACLグループリーグ第5節の水原三星戦では、ロスタイムに決勝点を挙げチームの逆転勝利に貢献。シーズン中盤から高校3年生ながら遠藤保仁・二川孝広・橋本英郎・明神智和らの代表経験者で構成されたG大阪の「黄金の中盤」に割って入り、主に左サイドハーフ、または2トップの一角として起用され、2004年に森本貴幸が記録した高校生Jリーガーのシーズン最多得点(4得点)を更新する7得点を挙げる活躍を見せ、G大阪では初となるJリーグベストヤングプレーヤー賞(新人王)を受賞し、G大阪の公式応援番組『GAMBA TV〜青と黒〜』の年末特別企画『GAMBA TV アウォーズ』では、選手とサポーターが選ぶシーズンMVPに選出された。 なお、2010年のJ1リーグで放ったシュート数は日本人選手トップを記録した。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た橋本英郎橋本英郎

    2006年からは、二川孝広・橋本英郎に加えこの年新加入した明神智和とで構成された抜群のパスワークで相手を圧倒する中盤は「黄金の中盤」と称され、ガンバの攻撃陣を牽引していたが、10月に日本代表でのインド遠征中に発熱してから体調が戻らず、後にウイルス性肝炎と判明したことで、シーズン終盤は1ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。12月2日に行われたリーグ最終節の浦和戦で復帰するも、チームは敗れリーグ連覇を逃した。2007年はシーズン通して大きな体調不良もなく、リーグ戦全34試合にフル出場し、ナビスコカップ優勝にも貢献。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示

「橋本英郎」のニューストピックワード