前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示
  • 客室乗務員

    客室乗務員から見た機内食機内食

    飛行機の搭乗および降機時の乗客への各種案内、厨房での機内食や飲み物の加工および乗客への配布および回収や、新聞や雑誌類の配布および回収、機内販売(国際線では免税品の販売)やクレジットカードの勧誘などの営業活動、入国書類や税関申告用紙の配布などの機内での各種サービスを行う(入国書類を客室乗務員に記入させる乗客もいるが、これは法律で禁じられているケースもある)。客室乗務員 フレッシュアイペディアより)

  • アシアナ航空

    アシアナ航空から見た機内食機内食

    機内食はビビンバ・カルビ・栄養サムパブなどの韓国伝統料理のほか、日本発着路線には京懐石料理を、また誕生日や結婚などのお祝いケーキなどと言った特別機内食提供される。なお、特別機内食利用の際は機内食がある区間で、お祝いケーキはソウル仁川・ソウル金浦・プサン(釜山)発便のみ提供ができるものの、出発の24時間前までに予約営業センターへ注文する必要がある。アシアナ航空 フレッシュアイペディアより)

  • スカイトラックス

    スカイトラックスから見た機内食機内食

    ファーストクラスにおける総合評価の他、空港ラウンジ・座席・機内食・ラウンジで提供される食事・機内でのアメニティの品質に対する乗客の評価に基づいて選出される。スカイトラックス フレッシュアイペディアより)

  • スーパーシート

    スーパーシートから見た機内食機内食

    2004年にJALとJASが統合し新たに誕生したJALは、スーパーシートをJASの中間クラスだった「レインボーシート」に似た「クラスJ」に衣替えした。言い換えれば「スーパーシートの大衆化」である。料金を低廉にし、ほとんどの割引運賃と組み合わせて予約可能とすることで、搭乗客は安い料金でより快適な座席での旅が楽しめる一方で、「クラスJ」導入後に、専用カウンター、優先搭乗、機内食、優先手荷物引渡しのサービスが打ち切られ、座席配置も従来のスーパーシートのそれに比べれば若干窮屈になったことから、従来からスーパーシートを利用していた搭乗客にとってはサービスの簡素化となったと受け止められた。ANAが後に行ったスーパーシートの高級化が好評であったことから、後に対抗措置として「国内線ファーストクラス」を追加導入すると発表した。スーパーシート フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージン・アメリカ

    ヴァージン・アメリカから見た機内食機内食

    ファーストクラスは前後55インチ、横幅は28インチ。電源、マッサージ機能などがついている。機内食やアルコールも無償提供される。映画やゲームもついている。ヴァージン・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス DC-8

    ダグラス DC-8から見た機内食機内食

    機内設備については、機内食を温めるためのハイテンプオーブンや水洗式のトイレ、座席内蔵型テーブルや座席内蔵型のランプ、座席内蔵型の酸素マスクなど、機内サービスの充実と快適性の向上を目的とした最新設備が多数奢られた。なお座席内蔵型ののランプと座席内蔵型の酸素マスクについては、整備上の問題点から-50シリーズ以降は現在多く見られるような天井部に内蔵される形に改修された。ダグラス DC-8 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ横断ウルトラクイズのクイズ形式

    アメリカ横断ウルトラクイズのクイズ形式から見た機内食機内食

    第9回 : 「離陸直前空席待ち早押しクイズ」が行われた。列に並ぶ順番は所持している荷物重量の重い順で決められた。正解者が出なかった場合は航空券1枚を運搬車の中に入ったヤギに食べられてしまう。正解者が出なかったのは7桁の数同士の足し算問題で、直前に徳光から計算機の使用も認められたが、間に合う者はいなかった。10席用意された復活枠のうち9名が復活。ただし、機内食は与えられず、おにぎり1個のみだった。第9回の優勝者はここで復活。アメリカ横断ウルトラクイズのクイズ形式 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た機内食機内食

    なお2017年ウィンタースケジュールでは旧ノースウエスト航空の路線と合わせ、アトランタ、デトロイト、ミネアポリス、シアトル、ロサンゼルス、ポートランド、ホノルルのアメリカ7都市とグアムから成田、及び成田-コロールに向けて運航を行っている。名古屋/中部発着のデトロイト線では、デルタ航空が運航する日本路線としては初めて日本の特定地域の特産物を取り入れた限定機内食(松阪牛使用)の提供をビジネスクラス以上の乗客を対象に実施しているなど、近年では日本人向けの機内サービス向上に努力していると評価されている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • エコノミークラス

    エコノミークラスから見た機内食機内食

    その上に、1978年にアメリカのジミー・カーター政権によって施行された航空規制緩和(ディレギュレーション。新規航空会社の設立や路線開設が事実上自由化された)の影響もあり各航空会社の利幅が急激に減少したことから、シートピッチの縮小や機内サービスにあたる客室乗務員数の削減、歯ブラシや歯磨きなどのキットの廃止、アルコール類や機内映画(イヤホン貸し出し)の有償提供(この2つは1970年代までIATAにより有償で提供することと決められていた)、機内食の選択が不可など、そのサービスはコストを意識したものとなっていった。エコノミークラス フレッシュアイペディアより)

  • ファーストクラス

    ファーストクラスから見た機内食機内食

    日本において、日本航空が日本国内の4路線(東京/羽田 - 大阪/伊丹線、札幌/新千歳線、福岡線、沖縄/那覇線)に導入している「国内線ファーストクラス」は、日本航空の国内線クラスの3クラスで最上級である。専用カウンターや専用保安検査場、空港ラウンジや預かり手荷物の重量制限の割増、有名レストランや料亭と提携した機内食が提供されるほか、日本の航空会社の国内線として最大の130センチを超える前後幅を持つ本革シートを装備している。2011年よりJRで採用が始まっている「グランクラス」においても、類似したコンセプトの大型シートが導入されている。いずれも、国内線の従来の上級シート(スーパーシートやグリーン車など)より優れるものの、やはり国際線で言えば米国国内線などと同じく中短距離用ビジネスクラスの座席に近いものである。なお、かつてのスーパーシートでは、座席の予約コードが「F」となっている場合があり、旧日本エアシステムが合併まで導入していた3クラス制でも、スーパーシートが最上級客室として扱われていた。ファーストクラス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード

  • 新ジャパンプロジェクト

  • 少女☆歌劇 レヴュースタァライト −Re LIVE−

  • 来年からは立場が変わり新たなステージが待っています。