前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • FLY! FLY! FLY!

    FLY! FLY! FLY!から見た機内食機内食

    「空のレストラン 機内食工場」FLY! FLY! FLY! フレッシュアイペディアより)

  • エコノミークラス

    エコノミークラスから見た機内食機内食

    その上に、1978年にアメリカのジミー・カーター政権によって施行された航空規制緩和(ディレギュレーション。新規航空会社の設立や路線開設が事実上自由化された)の影響もあり各航空会社の利幅が急激に減少したことから、シートピッチの縮小や機内サービスにあたる客室乗務員数の削減、歯ブラシや歯磨きなどのキットの廃止、アルコール類や機内映画(イヤホン貸し出し)の有償提供(この2つは1970年代までIATAにより有償で提供することと決められていた)、機内食の選択が不可など、そのサービスはコストを意識したものとなっていった。エコノミークラス フレッシュアイペディアより)

  • お子様ランチ

    お子様ランチから見た機内食機内食

    なお、国際線航空便の機内食では、特別食(スペシャルミール)の一つとして、子供向けの食事(チャイルドミール)が用意されており、食器や盛り付けなどに工夫が凝らされている。ただし、事前に航空会社か旅行会社(ツアーの場合)に申し込む必要がある。お子様ランチ フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスクラス

    ビジネスクラスから見た機内食機内食

    しかし、1970年代前半のボーイング747型機などの大型機の導入に伴う海外旅行の大衆化によって、エコノミークラスに『団体割引運賃』などの各種割引運賃が導入されたことにより、当時アメリカを代表する航空会社であったパンアメリカン航空が、通常料金でエコノミークラスに搭乗する顧客(主に出張で利用する社用客)への専用サービスとして、専用コンパートメントの設置や座席サイズの拡大、機内食の充実を行った『クリッパークラス』(Clipper Class)と呼ばれる中間クラスを導入したのが始まりといわれている。ビジネスクラス フレッシュアイペディアより)

  • ライアンエアー

    ライアンエアーから見た機内食機内食

    機内食や飲料の無償提供の廃止と有料販売化。ライアンエアー フレッシュアイペディアより)

  • カップヌードル

    カップヌードルから見た機内食機内食

    また、日本向け製品で用いられているアルミ箔と紙を貼り合わせた構造の密封性の高いフタは、安藤がアメリカから帰国する際の機内食で出されたマカダミアナッツの密封パックで使われていたものをヒントにしている。安藤はこのパックを開封したものに加え、未開封のものを別に1つもらって持ち帰り、容器の開発時の資料とした。その現物は今も日清食品で大切に保管されている。カップヌードル フレッシュアイペディアより)

  • 食堂車

    食堂車から見た機内食機内食

    カナダの旅客列車を運行するVIA鉄道においても事情は同様であるが、中距離列車では、供食車両を設ける代わりに旅客機の機内食同様の食事のシートサービスが行われている。食堂車 フレッシュアイペディアより)

  • ナイフ

    ナイフから見た機内食機内食

    なお機内食に供される食器ではハイジャック防止の観点から、プラスチック製の鋸刃のものが利用されているともされるが、ただ実際には、食器を使い捨てとすることで衛生的で簡便な食事の提供を目指している(→機内食)。ナイフ フレッシュアイペディアより)

  • ベジタリアニズム

    ベジタリアニズムから見た機内食機内食

    機内食 - 国際線の特別食としてベジタリアン料理の設定がある。ベジタリアニズム フレッシュアイペディアより)

  • 山樹氷

    山樹氷から見た機内食機内食

    過去には、全日空の機内食にも採用された。山樹氷 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード