98件中 11 - 20件表示
  • インボランタリー・アップグレード

    インボランタリー・アップグレードから見た機内食機内食

    どの乗客をアップグレードさせるかは、多くの場合航空会社の現場による判断とされているが、「普通運賃もしくは上位運賃クラス」「自社や同じ航空連合のマイレージサービス上級会員」「こぎれいな服装」などの乗客が優先される。航空会社によって対応は異なるが、ビジネスクラスの乗客であれば本来利用できる空港ラウンジを使用できない、機内食はエコノミークラスと同等などの制約がある場合がある。インボランタリー・アップグレード フレッシュアイペディアより)

  • 無店舗販売

    無店舗販売から見た機内食機内食

    機内販売 - 旅客機内で物品を販売する。車内販売と形態はよく似ているが、販売するのは客室乗務員である。また、品物の内容も大きく異なり、ブランド物のアクセサリや、航空会社のオリジナル商品、国際線では免税品も扱っている。格安航空会社では、機内食を廃し酒類や食品を置いている。無店舗販売 フレッシュアイペディアより)

  • 江頭匡一

    江頭匡一から見た機内食機内食

    第二次世界大戦後、米軍基地で物販を始めたことを切っ掛けに、1950年、ロイヤルの前身会社『キルロイ特殊貿易株式会社』を設立。1951年、福岡空港の国内線運航開始と同時に同空港内に食堂運営と機内食の納入を始めた。江頭匡一 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台

    仙台から見た機内食機内食

    萩の月 - 本社・工場が大河原町、小売の本店が仙台市内にある。東亜国内航空の仙台?福岡便の機内菓子から発展。仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 玉羊羹

    玉羊羹から見た機内食機内食

    日中戦争中の1937年に、福島県二本松市の和菓子店「玉嶋屋」が開発した。戦場の兵士に送る慰問袋用の菓子として、日本陸軍から開発の指示が出されたものである。以前から市販されていたアイスボンボン(風船に入ったアイスクリーム)を参考に、圧縮空気を使って風船に詰める装置を設計した。当時は「日の丸羊羹」の商品名だった。軍用のほかに、1939年に世界一周飛行を行った毎日新聞社の飛行機「ニッポン号」にも、同様の風船入り羊羹30個が機内食として搭載された。玉羊羹 フレッシュアイペディアより)

  • リコンファーム

    リコンファームから見た機内食機内食

    リコンファームは航空会社が長らく旅客に対して義務付けてきた手続きで、とりわけ繁忙期はリコンファームをしないと予約がキャンセル扱いとされる場合がある。リコンファームによる搭乗意思の確認が、機内食の準備等において航空会社の営業において有利であったという事情や、ダブルブッキングを事前に確認できること、キャンセル待ち予約者に航空券を数日前には発行できるという利点も指摘される。さらに、フライトスケジュールの変更があった場合に予約者からのリコンファームがあると、その際に予約者に変更事項を伝えることができる利点もある。リコンファーム フレッシュアイペディアより)

  • エンプロイド・フリーチケット

    エンプロイド・フリーチケットから見た機内食機内食

    機内でのサービス(機内食のチョイスなど)が後回しになることが多い。エンプロイド・フリーチケット フレッシュアイペディアより)

  • 浜幸

    浜幸から見た機内食機内食

    無添加の土佐の水菓子「土佐の日曜市」…JAL国際線の機内食に採用されていた。浜幸 フレッシュアイペディアより)

  • エイエイエスケータリング

    エイエイエスケータリングから見た機内食機内食

    株式会社エイエイエスケータリング()は、関西国際空港において機内食の製造を行う企業で、グルメ杵屋の連結子会社である。略称はAASC。本社は大阪府泉南市泉州空港南1番地。エイエイエスケータリング フレッシュアイペディアより)

  • 香港&上海ホテルズ

    香港&上海ホテルズから見た機内食機内食

    創業当時は社名の通り主に香港と上海でホテルを経営し、1960年代にはキャセイ・パシフィック航空と合同で機内食事業にも進出、さらに香港の夜景見物でおなじみのトラムの運営にも携わるなど活動の場を広げていった。香港&上海ホテルズ フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード