98件中 21 - 30件表示
  • ビバ・マカオ

    ビバ・マカオから見た機内食機内食

    格安航空会社のため、機内食、飲み物、毛布(買い取り制)などは全て有料となっている。ビジネスクラスはアルコール以外無料。また、座席の頭部カバーを省略するなど、低コストに徹したサービスを行っている。ビバ・マカオ フレッシュアイペディアより)

  • 有田食品

    有田食品から見た機内食機内食

    レトルト・冷凍食品など即席食品のほか、病院食や機内食などの製造・販売も行われている。有田食品 フレッシュアイペディアより)

  • めんつゆ

    めんつゆから見た機内食機内食

    柴沼醤油醸造 - 機内食向けめんつゆの日本の航空会社でのシェア8割を有する企業めんつゆ フレッシュアイペディアより)

  • ROMES 06

    ROMES 06から見た機内食機内食

    機内食専門の食品会社「西空フーズ」社員。25歳。子供の頃に患った病気が原因で、左半身に少し後遺症が残り、空港で働きたいという夢を叶えられなかったが、眺めているだけでも幸せなので、現在の仕事には満足している。ROMES 06 フレッシュアイペディアより)

  • 萩の月

    萩の月から見た機内食機内食

    1978年(昭和53年)3月1日、初めて仙台空港と福岡空港を繋ぐ定期便が就航したが、これに合わせて運行会社の東亜国内航空 (TDA) (→ 日本エアシステム (JAS) に社名変更 → 日本航空 (JAL) に吸収合併)が、提供する機内菓子を探していた。それを知った菓匠三全が積極的に営業をかけたところ、同社の主力商品である「伊達絵巻」は採用されず、新製品である「萩の月」が採用された。当時は1982年(昭和57年)6月23日の東北新幹線開業前であり、一般の旅行や移動には主に在来線等が利用され、航空便はビジネスマンやVIPが利用客の中心という時代であったため、機内菓子は高級に見せる必要があった。そのため「萩の月」は、デザインされた小さな箱に個包装されて供された。萩の月 フレッシュアイペディアより)

  • 空弁

    空弁から見た機内食機内食

    2003年ごろから空港内で空港周辺地域の名産品などを食材として採用し、各空港ごとの独自色を強く打ち出した弁当が販売されるようになりはじめた。背景としては運賃競争の激化に伴って経費削減のための国内線の機内食が廃止されたことや、航空券のインターネット予約の普及(電子航空券化)などで、空港内で滞在する時間が短くなったために、弁当を購入して航空機内で食べる人が増えたためといわれている。最近になって人気商品化しデパート・スーパーマーケットなどの駅弁セールで駅弁とともに販売されることが増えてきている。空弁 フレッシュアイペディアより)

  • ゴードン・ラムゼイ

    ゴードン・ラムゼイから見た機内食機内食

    シンガポール航空の機内食のメニューも考案している。ゴードン・ラムゼイ フレッシュアイペディアより)

  • サイパンエアー

    サイパンエアーから見た機内食機内食

    格安航空会社ではないがLCCモデルのサービスを採用した「プレミアムLCC」としており、機内サービスでは、機内食や飲み物を提供する。アルコール類は、ビジネスクラスでは無料だが、エコノミークラスは有料となる。受託荷物は、1つ目は無料だが、2つ目は3000円、3つ目は4000円と課金する。サイパンエアー フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤルホールディングス

    ロイヤルホールディングスから見た機内食機内食

    1950年に江頭匡一が福岡県で創業し、航空機の機内食や給食事業などを展開した。のちにファミリーレストランにも進出するなど様々な事業を展開している。ロイヤルホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • bmi (航空会社)

    bmi (航空会社)から見た機内食機内食

    ブループラスはスターアライアンスでは上級会員の扱いとならないが、国内線・短距離国際線で有償となっている機内食が無料になるなどの特典がある。bmi (航空会社) フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード