98件中 71 - 80件表示
  • 旅客機

    旅客機から見た機内食機内食

    運用自重(、OEW): 上記の自重に潤滑油、作動油、 操縦士や客室乗務員などのクルー、飲料水、機内食、トイレの水等の重量を加えたもの旅客機 フレッシュアイペディアより)

  • ビビンバ

    ビビンバから見た機内食機内食

    現代では、韓国の代表的な料理のひとつとなって家庭・飲食店等で広く供されている。大韓航空は国際線の機内食にこのビビンバを取り入れており、1998年には国際トラベルケータリング協会 (International Travel Catering Association) が主催するマーキュリー賞 (The Mercury Award) の最高賞を受賞した。ビビンバ フレッシュアイペディアより)

  • 客室乗務員

    客室乗務員から見た機内食機内食

    なお勤務評価が高い社員は、訓練教官や機内サービス企画、機内食や機内販売の企画などの地上業務や、系列会社の先任客室乗務員や管理職などに、1年から数年間の期間で異動させられることもある。客室乗務員 フレッシュアイペディアより)

  • サウスウエスト航空

    サウスウエスト航空から見た機内食機内食

    機内サービスについては、ドリンク類やピーナッツは提供されるが、機内食のサービスはなかった。これは「その分運賃を安くしたほうが乗客は喜ぶ」というポリシーによる。近年は長距離路線でブレッドスティック・クッキーなどのスナック類が提供されている。ソフトドリンクとスナック類は無料、アルコール類は有料である。サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • AIRDO

    AIRDOから見た機内食機内食

    1998年12月20日、新千歳空港 -羽田空港間に第1便が就航した。前出の大手3社の普通運賃(当時は片道約2万5千円、後に割引運賃の拡充を理由に3万5千円台まで値上げしている)の半額を目指していたが、事業基盤が弱く、大手の6 - 7割程度の運賃でスタートした。初期投資を抑えるため機材はリースで調達し、整備や羽田空港でのグランドハンドリング業務はJALに委託。航空券(搭乗券)は、日本国内では1980年代前半まで使われていたシール貼付によるアナログな方法を採用し、ボーディング・ブリッジは不使用(施設利用料の安い駐機場までランプバスで移動し、タラップ車で搭乗・降機)、茶菓・ドリンクやオーディオ放送などの機内サービスの殆どを省くなど、低価格運賃実現のため徹底したコスト削減を図った。AIRDO フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た機内食機内食

    エアーニッポンにより運航されるANA便の国内線は、原則としてANAのサービスを基準とする(機内誌『翼の王国』・オーディオ、ビデオサービス・プレミアムクラス等)。国際線も機内食とサービス等はANAと同じ基準で、ボーイング737-700は国内線運航時のプレミアムクラスをビジネスクラスとしている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エジプト航空

    エジプト航空から見た機内食機内食

    エジプトは国教をイスラム教と定めているため、機内食では豚肉は使われない。また、アルコール飲料も提供されないが、機内への持ち込みは可能である。長距離路線ではファーストクラス、ホルスクラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの3クラス制で、短中距離路線及び、国内線はホルスクラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの2クラス制である。エジプト航空 フレッシュアイペディアより)

  • フライング・ハイ

    フライング・ハイから見た機内食機内食

    かつて、優秀な戦闘機乗りだったテッド・ストライカーは、戦争の後遺症で飛行機恐怖症に苦しんでいた。何とか恐怖症を克服したテッドは、それが原因で別れた恋人のエレインが搭乗する飛行機に乗り込み、よりを戻してくれるよう懇願するが、彼女はにべもない。そんな中、飛行機内で機内食が原因の集団食中毒が発生し、パイロット全員がダウン。乗客の運命はテッドの操縦桿に託された…。フライング・ハイ フレッシュアイペディアより)

  • エアアジア・ジャパン

    エアアジア・ジャパンから見た機内食機内食

    エアアジア・グループ同様に有料の機内食がある。ケータリングはティーエフケーが担当しているエアアジア・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • プリンスホテル

    プリンスホテルから見た機内食機内食

    成田プリンスホテル - 成田空港の開港にあわせ、現在のティエフケー(日本航空インターナショナル子会社で機内食製造と飲食店・ホテル「成田エアポートレストハウス」経営を行う)によって竣工。当初は三菱商事とトラベルロッジ(オーストラリア)とのジョイントベンチャーによる経営を目論んでいたが、トラベルロッジが撤退し、三菱商事がプリンスへ運営委託する形態で1978年9月に開業。1988年6月に三菱商事が経営権を家主のティエフケーへ売却し、プリンスホテルとしての運営を終了。成田ウインズホテルへ改称後、1997年にホテル日航ウインズ成田へと名称の変遷を辿り、2007年10月に閉館。不動産が売却され、2007年11月に同じ建物で東横イン成田空港として開業している。プリンスホテルから東横インへ移行した唯一のケースである。プリンスホテル フレッシュアイペディアより)

98件中 71 - 80件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード