149件中 91 - 100件表示
  • 機内食

    機内食から見た機長

    万が一食中毒が起こった時に乗務員が全員発症して機内に混乱を招くという事態が起きることのないよう、客室乗務員の一部は乗客と異なる食事を摂る。また、特に操縦クルーについては、同様の理由で操縦不能という最悪の事態を防ぐため、機長(もしくはPIC)と副操縦士(もしくはSIC)は機内食はもとより地上での食事でもそれぞれ食材・調味料などが全く異なるものを食べる。操縦クルーの場合、選択肢は機長の意思が優先されるので、副操縦士は好きなメニューを選べないことがまれにある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たとびっきりおうどん

    この他に機内食として出される食事以外にも、随時ビスケットなど軽食のサービスや、夜行便等では夜食としてパンやサンドイッチ、日本への発着便ではおにぎりやカップ麺(JALの「うどんですかい」やANAの「とびっきりおうどん」ほか)などの軽食を用意している会社もある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た中華人民共和国

    基本的には相手国の業者と契約して復路便の分を手配してもらうが、日本発の韓国や中華民国、中華人民共和国、フィリピン、グアム線のような近距離路線では復路の分もまとめて載せることもある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たメリーランド州

    例外として、アメリカ合衆国大統領専用機(VC-25・通称エアフォースワン)には、機内にキッチンが2箇所備わっており、同機が拠点とするメリーランド州アンドルーズ空軍基地で全日程の食材を一括で仕入れ(毒物混入防止の為、現地調達は禁止)、基地内の厨房で下ごしらえしたものを真空パックで保管して積み込み、機内で仕上げをして提供される。この為、米空軍の給仕係もシェフとして搭乗する機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た海上自衛隊

    狭義には航空会社のサービスとして無料で(航空運賃の一部として)機内で乗客に提供される食事を指すが、パイロットや客室乗務員が機内で仕事中(デッドヘッドを含む)に摂る食事も機内食である。一方、「空弁」など、当該機体を運航する会社とは無関係に乗客が持ち込んだ食事は機内食とは呼ばれない。航空自衛隊や海上自衛隊(対潜哨戒機)においても長期間の飛行の際は機内食が準備され、冷凍化されたものを電子レンジで温める方式がとられている。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た大韓民国

    基本的には相手国の業者と契約して復路便の分を手配してもらうが、日本発の韓国や中華民国、中華人民共和国、フィリピン、グアム線のような近距離路線では復路の分もまとめて載せることもある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た日本

    日本国内では、第二次世界大戦前に朝鮮半島の植民地を含む国内線に就航していた大日本航空が、国内線の乗客に軽食を提供していたのが始まりとされる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た朝鮮半島

    日本国内では、第二次世界大戦前に朝鮮半島の植民地を含む国内線に就航していた大日本航空が、国内線の乗客に軽食を提供していたのが始まりとされる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たエコノミークラス

    酒は上級席種では無料であるが、エコノミークラスでは酒の種類によっては有料となることもある。エールフランスはエコノミークラスでもシャンパンが無料で提供されている。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た神戸ワイン

    飲料は全て有償での提供となる。ソフトドリンク類は100円、缶ビールは200円、神戸ワインを300円で販売している。機内食 フレッシュアイペディアより)

149件中 91 - 100件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード