149件中 11 - 20件表示
  • 機内食

    機内食から見たフジドリームエアラインズ

    スカイマークを除く新規航空会社のうち、フジドリームエアラインズは早朝便に限りクロワッサンの提供をしているほか、全路線で茶菓の提供を行っている。一方AIRDO、スカイネットアジア航空、スターフライヤーの3社は原則飲み物のみとなっている(スターフライヤーで一部例外あり)。アイベックスエアラインズは早朝便で2006年11月までアルコールを含む食事を提供されていたが現在は飲み物のみである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たスカイネットアジア航空

    スカイマークを除く新規航空会社のうち、フジドリームエアラインズは早朝便に限りクロワッサンの提供をしているほか、全路線で茶菓の提供を行っている。一方AIRDO、スカイネットアジア航空、スターフライヤーの3社は原則飲み物のみとなっている(スターフライヤーで一部例外あり)。アイベックスエアラインズは早朝便で2006年11月までアルコールを含む食事を提供されていたが現在は飲み物のみである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たエミレーツ航空

    特別食はどの機体にも常備しているわけではなく、大抵は事前に(多くは出発24時間前までに、祈祷など手数のかかるコーシャ・ミールは48 - 72時間前に)予約を要する。ただし、航空会社や目的地によっては乗客の需要が異なるため、2種類ある通常食の一方がベジタリアン・ミールだったり、ムスリム・ミールのみ(例:エミレーツ航空)となることもある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たジェットスター航空

    1919年10月にハンドリー・ページ・トランスポート(現・ブリティッシュ・エアウェイズ)がロンドン - ブリュッセル線での機内食を提供したのが世界初である。日本以外の国における国内線では、機内食を有料で販売するケースがある。また、格安航空会社の多くは国内、国際線問わず有料販売である(日本に就航している国際線ではジェットスター航空のエコノミークラスが有償で販売)。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たタイ国際航空

    近年では、顧客獲得のため機内食のメニューを増やすことも多い。たとえば、日本航空をはじめとする日本の航空会社では和食をメニューの一部に入れる他、大韓航空ではビビンバ、タイ国際航空ではタイカレーなどを提供する。またエールフランスの長距離路線ではシャンパンやパンの無制限での提供が行われる。ただしその量や質は高いものばかりではなく、近年では機内食を摂らずにインスタント食品を持ち込み、お湯のサービスを受けて調理、食事する乗客もいる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たスカイマーク

    普通席での提供廃止後も、大手3社のスーパーシートでは早朝・夕方出発便で提供されてきた。日本航空では、日本エアシステムの事業が統合された2004年にスーパーシートを廃止し「クラスJ」への転換を図り茶菓のみの提供となったが、2007年12月にファーストクラスの提供を開始し本格的な機内食の提供が再開された。その後全日本空輸も「スーパーシートプレミアム」を提供するなど上級クラスのサービス向上が図られたが、新規航空会社のスカイマーク (SKY) ではスーパーシートに相当する「シグナスクラス」の値下げに伴い、それまで実施していた軽食や飲み物のサービスを2006年2月限りで取りやめ、2008年8月末をもってシグナスクラスそのものも廃止している。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た格安航空会社

    1919年10月にハンドリー・ページ・トランスポート(現・ブリティッシュ・エアウェイズ)がロンドン - ブリュッセル線での機内食を提供したのが世界初である。日本以外の国における国内線では、機内食を有料で販売するケースがある。また、格安航空会社の多くは国内、国際線問わず有料販売である(日本に就航している国際線ではジェットスター航空のエコノミークラスが有償で販売)。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た成田国際空港

    ジャルロイヤルケータリング(JRC:日本航空とロイヤルホールディングスの合弁、成田国際空港機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た弁当

    朝は和定食または洋定食、昼は重箱弁当ならびに茶菓、夜はなだ万などの有名料亭や、アロマフレスカなどの有名レストラン監修のセットメニュー。10日ごとにメニューが変わる。また、カップ麺(うどんですかい)や軽食、クッキー等の茶菓も用意されている他、飲み物に普通席やクラスJなど他の下位クラスにはない、シャンパンをはじめとするアルコール類が加わる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たおにぎり

    その後、同社に追従して他社も朝の便や夕方から夜間の長距離路線では箱詰めにされたパン類やスープなどの軽食が提供され、その他の時間は菓子(茶菓)が提供されるようになる。国際線とは異なり、飛行時間の短さや提供人数の多さによる積載量とコストの観点から、少量でギャレーでの加熱を要さない冷製の食材(おにぎり、サンドイッチ)が用いられた。また、日本航空、日本エアシステム (JAS) 、全日本空輸 (ANA) の大手3社がスーパーシートを導入した後は、3社ともに昼食および夕食時には加熱された機内食が提供されるようになった。機内食 フレッシュアイペディアより)

149件中 11 - 20件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード