149件中 41 - 50件表示
  • 機内食

    機内食から見たチョコレート

    一部の早朝便はコモ製のクロワッサンの提供を行っているほか、全路線でシャトレーゼの菓子(チョコレートまたはクッキー)や馬場製菓の飴玉を無償で提供している。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たドン・ペリニヨン (ワイン)

    飲み物はアルコールを含めて無料である。ただし、中東など宗教上の理由でアルコールが提供されない場合がある。ファーストクラスではサロンやドン・ペリニヨン、クリュッグ等の高級シャンパンを用意している航空会社もある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た釜山広域市

    ごく短距離の路線(福岡 - 釜山など)を除き、1 - 2回の機内食が提供される。配膳時間は出発地や到着地の時間(時刻)に関係ない場合が多い。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た寿司

    副菜(サラダ等、野菜中心のことが多い。これ以外にも、例えば日本線の場合は、蕎麦や寿司等が、韓国発着便はキムチがそれぞれ提供されることもある)機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た電子レンジ

    狭義には航空会社のサービスとして無料で(航空運賃の一部として)機内で乗客に提供される食事を指すが、パイロットや客室乗務員が機内で仕事中(デッドヘッドを含む)に摂る食事も機内食である。一方、「空弁」など、当該機体を運航する会社とは無関係に乗客が持ち込んだ食事は機内食とは呼ばれない。航空自衛隊や海上自衛隊(対潜哨戒機)においても長期間の飛行の際は機内食が準備され、冷凍化されたものを電子レンジで温める方式がとられている。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たマイレージサービス

    客室乗務員がカートに載せて通路から各席の可動式テーブルに配膳する。機体の前後や、ワイドボディ機では主翼付近(ギャレーのある位置)から順番に回る。なお、種類の選択が可能な場合、マイレージ上級会員から先にオーダーを取り選択肢を残すようにしていることが多い。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た菓子

    その後、同社に追従して他社も朝の便や夕方から夜間の長距離路線では箱詰めにされたパン類やスープなどの軽食が提供され、その他の時間は菓子(茶菓)が提供されるようになる。国際線とは異なり、飛行時間の短さや提供人数の多さによる積載量とコストの観点から、少量でギャレーでの加熱を要さない冷製の食材(おにぎり、サンドイッチ)が用いられた。また、日本航空、日本エアシステム (JAS) 、全日本空輸 (ANA) の大手3社がスーパーシートを導入した後は、3社ともに昼食および夕食時には加熱された機内食が提供されるようになった。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た大阪国際空港

    第二次世界大戦後は、日本航空 (JAL) が、アメリカのノースウエスト航空から乗員とともにリースしたマーチン2-0-2型機「もく星号」で、1951年10月25日に羽田空港 - 伊丹空港 - 福岡板付空港間の定期旅客運航を開始(機体はこの半年後、52年4月9日にもく星号墜落事故で失われる)。この第一便の往路には東京ステーションホテルが、そして復路にはロイヤル株式会社(現在のロイヤルホールディングス株式会社)が、卵とハムのサンドイッチや魔法瓶に入れた紅茶を機内で提供したのが、戦後の機内食の始まりである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た客室乗務員

    狭義には航空会社のサービスとして無料で(航空運賃の一部として)機内で乗客に提供される食事を指すが、パイロットや客室乗務員が機内で仕事中(デッドヘッドを含む)に摂る食事も機内食である。一方、「空弁」など、当該機体を運航する会社とは無関係に乗客が持ち込んだ食事は機内食とは呼ばれない。航空自衛隊や海上自衛隊(対潜哨戒機)においても長期間の飛行の際は機内食が準備され、冷凍化されたものを電子レンジで温める方式がとられている。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たヨーグルト

    デザート(フルーツやヨーグルト機内食 フレッシュアイペディアより)

149件中 41 - 50件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード