149件中 61 - 70件表示
  • 機内食

    機内食から見た名古屋エアケータリング

    名古屋エアケータリング(名古屋鉄道グループ、名鉄犬山ホテル系、中部国際空港)機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たなだ万

    朝は和定食または洋定食、昼は重箱弁当ならびに茶菓、夜はなだ万などの有名料亭や、アロマフレスカなどの有名レストラン監修のセットメニュー。10日ごとにメニューが変わる。また、カップ麺(うどんですかい)や軽食、クッキー等の茶菓も用意されている他、飲み物に普通席やクラスJなど他の下位クラスにはない、シャンパンをはじめとするアルコール類が加わる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たAIRDO

    スカイマークを除く新規航空会社のうち、フジドリームエアラインズは早朝便に限りクロワッサンの提供をしているほか、全路線で茶菓の提供を行っている。一方AIRDO、スカイネットアジア航空、スターフライヤーの3社は原則飲み物のみとなっている(スターフライヤーで一部例外あり)。アイベックスエアラインズは早朝便で2006年11月までアルコールを含む食事を提供されていたが現在は飲み物のみである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たエイエイエスケータリング

    エイエイエスケータリング(AASC、かつては朝日エアポートサービスと日本航空の合弁企業だったが現在はグルメ杵屋系)機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たルフトハンザドイツ航空

    多くの航空会社では、クルー向け機内食はビジネスクラスと同程度の食材・献立をエコノミークラスの食器などに簡易的に詰めたものである。また、ルフトハンザドイツ航空のように、客室乗務員用の食事が用意されていない航空会社もある。その場合、客室乗務員の食事は、ビジネスクラスやファーストクラスの乗客向けに調達された機内食から余った物が食事として割り当てられることもある。また、大規模な空港の多くでは、事前に乗務員用の機内食を購入することが可能となっている。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たアイベックスエアラインズ

    スカイマークを除く新規航空会社のうち、フジドリームエアラインズは早朝便に限りクロワッサンの提供をしているほか、全路線で茶菓の提供を行っている。一方AIRDO、スカイネットアジア航空、スターフライヤーの3社は原則飲み物のみとなっている(スターフライヤーで一部例外あり)。アイベックスエアラインズは早朝便で2006年11月までアルコールを含む食事を提供されていたが現在は飲み物のみである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たファーストクラス

    普通席での提供廃止後も、大手3社のスーパーシートでは早朝・夕方出発便で提供されてきた。日本航空では、日本エアシステムの事業が統合された2004年にスーパーシートを廃止し「クラスJ」への転換を図り茶菓のみの提供となったが、2007年12月にファーストクラスの提供を開始し本格的な機内食の提供が再開された。その後全日本空輸も「スーパーシートプレミアム」を提供するなど上級クラスのサービス向上が図られたが、新規航空会社のスカイマーク (SKY) ではスーパーシートに相当する「シグナスクラス」の値下げに伴い、それまで実施していた軽食や飲み物のサービスを2006年2月限りで取りやめ、2008年8月末をもってシグナスクラスそのものも廃止している。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たうどんですかい

    朝は和定食または洋定食、昼は重箱弁当ならびに茶菓、夜はなだ万などの有名料亭や、アロマフレスカなどの有名レストラン監修のセットメニュー。10日ごとにメニューが変わる。また、カップ麺(うどんですかい)や軽食、クッキー等の茶菓も用意されている他、飲み物に普通席やクラスJなど他の下位クラスにはない、シャンパンをはじめとするアルコール類が加わる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たシャンパン

    朝は和定食または洋定食、昼は重箱弁当ならびに茶菓、夜はなだ万などの有名料亭や、アロマフレスカなどの有名レストラン監修のセットメニュー。10日ごとにメニューが変わる。また、カップ麺(うどんですかい)や軽食、クッキー等の茶菓も用意されている他、飲み物に普通席やクラスJなど他の下位クラスにはない、シャンパンをはじめとするアルコール類が加わる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たサンドイッチ

    第二次世界大戦後は、日本航空 (JAL) が、アメリカのノースウエスト航空から乗員とともにリースしたマーチン2-0-2型機「もく星号」で、1951年10月25日に羽田空港 - 伊丹空港 - 福岡板付空港間の定期旅客運航を開始(機体はこの半年後、52年4月9日にもく星号墜落事故で失われる)。この第一便の往路には東京ステーションホテルが、そして復路にはロイヤル株式会社(現在のロイヤルホールディングス株式会社)が、卵とハムのサンドイッチや魔法瓶に入れた紅茶を機内で提供したのが、戦後の機内食の始まりである。機内食 フレッシュアイペディアより)

149件中 61 - 70件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード

  • 経済の好循環の実現に寄与する内容が盛り込まれ、評価したい

  • Alcatel SHINE LITE

  • 国際情勢の不確実性まだ続く