149件中 71 - 80件表示
  • 機内食

    機内食から見たクロワッサン

    スカイマークを除く新規航空会社のうち、フジドリームエアラインズは早朝便に限りクロワッサンの提供をしているほか、全路線で茶菓の提供を行っている。一方AIRDO、スカイネットアジア航空、スターフライヤーの3社は原則飲み物のみとなっている(スターフライヤーで一部例外あり)。アイベックスエアラインズは早朝便で2006年11月までアルコールを含む食事を提供されていたが現在は飲み物のみである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たカップ麺

    朝は和定食または洋定食、昼は重箱弁当ならびに茶菓、夜はなだ万などの有名料亭や、アロマフレスカなどの有名レストラン監修のセットメニュー。10日ごとにメニューが変わる。また、カップ麺(うどんですかい)や軽食、クッキー等の茶菓も用意されている他、飲み物に普通席やクラスJなど他の下位クラスにはない、シャンパンをはじめとするアルコール類が加わる。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たマーチン2-0-2

    第二次世界大戦後は、日本航空 (JAL) が、アメリカのノースウエスト航空から乗員とともにリースしたマーチン2-0-2型機「もく星号」で、1951年10月25日に羽田空港 - 伊丹空港 - 福岡板付空港間の定期旅客運航を開始(機体はこの半年後、52年4月9日にもく星号墜落事故で失われる)。この第一便の往路には東京ステーションホテルが、そして復路にはロイヤル株式会社(現在のロイヤルホールディングス株式会社)が、卵とハムのサンドイッチや魔法瓶に入れた紅茶を機内で提供したのが、戦後の機内食の始まりである。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た航空機

    機内食(きないしょく)とは、航空機内で航空会社が提供する食事のこと。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たVC-25

    例外として、アメリカ合衆国大統領専用機(VC-25・通称エアフォースワン)には、機内にキッチンが2箇所備わっており、同機が拠点とするメリーランド州アンドルーズ空軍基地で全日程の食材を一括で仕入れ(毒物混入防止の為、現地調達は禁止)、基地内の厨房で下ごしらえしたものを真空パックで保管して積み込み、機内で仕上げをして提供される。この為、米空軍の給仕係もシェフとして搭乗する機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た日本国政府専用機

    政府専用機の機内食は、本国もしくは訪問先であらかじめ発注し、積み込まれるのが基本である。日本国政府専用機の場合はJALの関連会社であったティエフケーが機内食を担当し、同社では他国の専用機の機内食も受注・納品する。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た貨物機

    貨物機にも小規模ながら機内食の設備があり、遠距離便を中心にエコノミークラス相当の食事が用意されるが、客室乗務員がいないため手の空いている乗務員(主に航空機関士か副操縦士)が用意する。貨物の関係で乗務員以外の者が貨物機に添乗する場合はその人間の分も手配されるが、乗務員の飲酒を防ぐため飲み物に酒類は含まれない。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たボーイング747-400

    主菜は半加工品。冷蔵状態で搭載され、配膳の直前に加熱調理される。加熱方法は旧型機(主にボーイング747-400より前に路線就航した機種)はオーブンで数個ずつ加熱する方法と、各トレイに加熱板を備えて主菜だけを一斉に加熱する方法(主にボーイング747-400以降に搭載)とがある。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たブリュッセル

    1919年10月にハンドリー・ページ・トランスポート(現・ブリティッシュ・エアウェイズ)がロンドン - ブリュッセル線での機内食を提供したのが世界初である。日本以外の国における国内線では、機内食を有料で販売するケースがある。また、格安航空会社の多くは国内、国際線問わず有料販売である(日本に就航している国際線ではジェットスター航空のエコノミークラスが有償で販売)。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たイスラム教徒

    ムスリム・ミール(イスラム食) - イスラム教徒向け。豚肉・酒を使用しない。機内食 フレッシュアイペディアより)

149件中 71 - 80件表示

「機内食・機内サービス」のニューストピックワード