前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 減価償却

    減価償却から見た設備投資設備投資

    減価償却(げんかしょうきゃく)は企業会計に関する購入費用の認識と計算の方法のひとつである。長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続きである。英語で有形固定資産にかかるものをdepreciation、無形固定資産にかかるものをamortization という。減価償却 フレッシュアイペディアより)

  • 経済成長

    経済成長から見た設備投資設備投資

    経済成長は、生産と消費の増大である。このため、経済成長には供給の側面と需要の側面がある。付加価値は工場や農場、オフィスで生産される。そのため工場などの設備投資の増大は供給力の増大をもたらし経済成長の源泉となる。一方、消費者による購入の増大や企業・政府による設備投資の増大により需要が増加し経済成長の源泉となる。この二側面に共通して重要な影響を与えるのが設備投資に代表される投資である。投資は需要と供給の増大をもたらし、経済成長の原動力となっている。経済成長 フレッシュアイペディアより)

  • 景気循環

    景気循環から見た設備投資設備投資

    約10年の周期の循環。中期波動とも呼ばれる。フランスの経済学者J・クレメンス・ジュグラーが1860年の著書の中でその存在を主張したため、「ジュグラーの波」と呼ばれる。企業の設備投資に起因すると見られる。景気循環 フレッシュアイペディアより)

  • 工業化

    工業化から見た設備投資設備投資

    輸出、国策による殖産興業、国内需要の発生、輸入代替などさまざまな理由から工業製品の需要が生まれ工業化を支える。この需要には、工業が成長する過程で行う設備投資も含まれるため、自らの成長が自らの需要を生む循環が発生する。工業化 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た民間投資設備投資

    1960年代末から、アメリカの積極財政は赤字傾向を強めていった。1970年代には、スタグフレーションに対して拡張財政を用いたために高インフレを招いた。1980年代、レーガノミックスによって減税と軍拡が行なわれた結果、財政赤字は膨張し経常赤字と併せて双子の赤字と呼ばれた。1992年をピークに財政赤字は縮小し始め、1998年にはついに黒字化を達成した。これは、民間投資を刺激し税制を改革した結果である。しかし、ITバブル崩壊により2002年からは再び財政が赤字化し双子の赤字への懸念が再燃している。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 企業

    企業から見た設備投資設備投資

    マクロ経済学では、民間投資(特に設備投資)の担い手として扱われる。投資財を購入・投資して生産力の増大(総供給)と乗数効果による総需要増大をもたらす。企業 フレッシュアイペディアより)

  • 家内制手工業

    家内制手工業から見た設備投資設備投資

    富の蓄積が進み、受注量が増大すると、蓄積した資金で設備投資をし、これを他人に貸し出して仕事を発注し、生産物を買い取る問屋制家内工業へ変化する。しかし、このシステムは設備があちこちの家に分散し、進捗管理が困難になるため、その後設備と作業者を一箇所に集めた工場で生産する工場制手工業(マニュファクチュア)へ変化する。家内制手工業 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコンピュータ産業史

    スーパーコンピュータ産業史から見た設備投資設備投資

    1980年代、バブル景気により企業の設備投資が盛んになった事により、日本のスーパーコンピュータベンダーは最盛期を迎えていた。その結果、NEC/日立/富士通の御三家のスーパーコンピュータは性能を格段に上げ、世界を席巻することになる。スーパーコンピュータ産業史 フレッシュアイペディアより)

  • アイルランドの経済

    アイルランドの経済から見た設備投資設備投資

    アイルランド経済は他のヨーロッパ諸国と比べ小規模で、外国との貿易に大きく依存している。独立後は長らく近年まで欧州の最貧国のひとつであったが、1990年代に入ってから爆発的な急成長を遂げ、1995年から2000年の経済成長率は10%前後であり、世界において最も経済成長を遂げた国のひとつであった。以前に経済の中心をなしていた農業は産業の工業化により重要度が低下した。現在では工業はGDPの46%、輸出額の80%、雇用の29%を担っている。近年のアイルランド経済の力強い成長は輸出が寄与するところが大きいが、国内における個人消費および建設、設備投資による影響も見逃せない。好調な経済に伴いここ数年のインフレ率は4%から5%で推移していたが、2005年度には2.3%に低下した。アイルランド国民の関心を集めている住居価格は2005年2月で251,281ユーロであった。失業率は低水準を維持しており収入も順調に増加している。世界の主要都市における調査によると、アイルランドの首都ダブリンは22番に物価の高い都市であり、2003年度の調査から2位上昇している。アイルランドはEUの中でルクセンブルクに次いで人口あたりGDPが大きい国であり、これは世界においても4位に位置している。アイルランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ケインズ政策

    ケインズ政策から見た設備投資設備投資

    19世紀末から20世紀にかけて、重化学工業の割合が次第に高まっていくとそれまでの景気循環のパターンは次第に崩れていった。重化学工業の設備投資は巨額であり、経済に与える影響が絶大であったためである。第一次世界大戦により急速に重化学工業が拡大すると、循環パターンはますます崩れた。戦後、世界的に反動不況が訪れたが、アメリカにおいて民間投資が伸張し世界経済は小康状態に入った。ケインズ政策 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「機械受注統計」のニューストピックワード

おすすめ画像