59件中 21 - 30件表示
  • 内部留保

    内部留保から見た設備投資設備投資

    内部留保の多くは設備投資されており、現金(および現金同等物)が積み立てられている訳ではない。生産設備や棚卸資産などは換金が難しい。内部留保 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た設備投資設備投資

    警視庁、設備投資名目で約600億円を騙し取った詐欺容疑で、平成電電元社長ら5人を逮捕。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 村田恒

    村田恒から見た設備投資設備投資

    戦後一貫して日本経済は設備投資を図り、ミシン・カメラ、繊維・鉄鋼から機械・輸送機器を輸出し、さらに石油ショックを技術革新による省エネルギーで克服させたが、ますます世界各国と貿易上「不均衡構造の世界」を生んできた。そして1978年頃から目立って経常的出超が問題となって特に米国・ECとの貿易摩擦が初期段階にあった。そのため、米国やECの議会による保護貿易的な動きに対して、一企業では到底対処できず、政府も立場上正面切っては言えない問題を、ジェトロが側面から宣伝・PRなど調整・緩和する役割が期待されることとなった。1970年代以降、大企業主導型輸出になるに連れて、商社などとその事業内容が被ることも多くなったジェトロの不要論も出ていたが、それから脱却し、こうした時代の転換期のさなかに同じく通産官僚であった生駒勇(元大阪通産局長、1939年商工省入省)が副理事長に、村田が理事長に座ることとなった。村田恒 フレッシュアイペディアより)

  • 投資

    投資から見た設備投資設備投資

    例えば、設備投資や公共投資が挙げられる。これらの投資は、民間資本や社会資本を増加させ、経済の生産力を向上させる。また同時に生産設備などの投資財(財を生み出すための財)を需要することでもあり、合わせて乗数効果による需要拡張効果も持つ。つまり、投資は供給力を増加させ、同時に需要も増加させる(投資の二重性)。閉鎖経済においては、この需給が均衡するのは「ナイフの刃」(ハロッドによって提唱された)の上を歩くように厳しい条件があり困難であるが、開放経済においては、貿易がこれらの需給ギャップを吸収する。このような国では投資が盛り上がることで需給がバランスを取った黄金時代を迎えることができる。投資 フレッシュアイペディアより)

  • AH-64D アパッチ・ロングボウ

    AH-64D アパッチ・ロングボウから見た設備投資設備投資

    しかし2008年度予算の概算要求に計上された3機の調達費には、残りの52機の調達費に分割するはずだったライセンス料金や設備投資費などを上乗せしたため、単価が216億円にまで高騰してしまった。その結果3機分の予算計上は見送られ、わずか10機で調達を終了することとなった。富士重工はボーイング側に支払ったライセンス料や設備投資費など約400億円を回収できなくなったため国を提訴している。AH-64D アパッチ・ロングボウ フレッシュアイペディアより)

  • 利益

    利益から見た設備投資設備投資

    設備投資について、減価償却を行う必要がある。利益 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のIP電話

    日本のIP電話から見た設備投資設備投資

    セカンダリ電話のIP電話では、サービスの利用可否に細かい区分がある。特に光ファイバーインターネット接続などに切り替えて、固定電話の利用を止めた場合に問題が顕在化することも多い。これらの利用可否は、技術的・制度的なものではなく、事業者側が、設備投資等の営業上の理由等から、固定電話の併用を前提とし、各種電話網との相互接続やサービス提供を実施していないためである。日本のIP電話 フレッシュアイペディアより)

  • 英国病

    英国病から見た設備投資設備投資

    1960年代になると、国有化などの産業保護政策はイギリス資本による国内製造業への設備投資を減退させることとなり、資本は海外へ流出し、技術開発に後れを取るようになっていった。また、国有企業は経営改善努力をしなくなっていき、製品の品質が劣化していった。これらの結果、イギリスは国際競争力を失っていき、輸出が減少し、輸入が増加して、国際収支は悪化していった。英国病 フレッシュアイペディアより)

  • セカンドソース

    セカンドソースから見た設備投資設備投資

    今も昔も最新の半導体製品の生産設備を整えるには、大きな設備投資と1年半以上2年強程度の期間が必要であり、半導体の需要増に応じて半導体製造会社が自社の生産能力を拡充するのは困難である。セカンドソース フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・117クーペ

    いすゞ・117クーペから見た設備投資設備投資

    117スポルトをなんとか販売したいといういすゞ首脳陣の意向を汲んで、生産化にむけてのリデザインがジウジアーロ自身の手で行われ、オリジナルの美しさを可能な限り尊重して主に室内高を増やすなどの変更が加えられた。しかし、極端に細いピラーなど、コンセプトカーとしてデザインされた117スポルトを市販車として改良することは困難で、当時のいすゞの製造技術では全ての外板をプレス機で再現することは難しく、また経営状態が芳しくなかったことから設備投資への余裕も無かった。いすゞ・117クーペ フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

おすすめ画像