59件中 31 - 40件表示
  • バブル景気

    バブル景気から見た設備投資設備投資

    企業の資金調達が容易になったことで財務体質が改善され、設備投資が容易に行えるようになったこと。バブル景気 フレッシュアイペディアより)

  • ファウンドリ

    ファウンドリから見た設備投資設備投資

    ファウンドリの建設には、日本円で数千億円規模の莫大な設備投資が必要である。これは、そこに設置する装置が高価であることも原因であるが、最もコストのかかるものは、ファウンドリのメインであるクリーンルームの建設である。これらのクリーンルームでは、製造するデバイス・電子回路を正常に動作させる、すなわち歩留まりを向上させるため、空気中に含まれる塵や埃を取り除く必要がある。これらの塵や埃のサイズは半導体回路に使用しているプロセス(製造技術)とそれに基づくデザインルール(設計規則、FETのゲート長や、配線幅、間隔など)に依存し、それが小さくなるにつれクリーンルーム製造コストは大きく増加する。ファウンドリ フレッシュアイペディアより)

  • オムニバスタウン

    オムニバスタウンから見た設備投資設備投資

    補助金の割合は、個々の事業内容によって1/5から1/2まで幅がある。都市によって事業内容も総事業費の大きさも異なっているが、松山市の例では、5年計画の総事業費が21億8千万円、負担割合が国26.5%、県0.7%、市24.5%、事業者48.3%である。金沢市の例では、総事業費約31億円、負担割合は市28.4%、事業者20.4%。岐阜市の例では、総事業費約16億円、負担割合は市28%。松江市の例では総事業費約7億円で、負担割合は市46.5%、事業者8.9%。事業内容が異なるものの、事業者は設備投資の相当な割合を補助してもらってリニューアルが可能な施策となっている。オムニバスタウン フレッシュアイペディアより)

  • EBITDA

    EBITDAから見た設備投資設備投資

    また、企業が設備投資やM&Aなどの先行投資を積極的に行なえば、短期的には減価償却費が増大したり、のれんを再評価すれば償却費が発生するなど、現金支出を伴わない費用が大きくなり、会計上の利益は小さくなる。EBITDAではこのような短期的な影響が除かれるため、「電気通信事業などの巨額の設備投資を伴う業種では、EBITDAは長期的な視点で企業価値を評価するには適切な指標である」というような説明がなされることもあった。EBITDA フレッシュアイペディアより)

  • 製造業

    製造業から見た設備投資設備投資

    製品を生産するためには原材料や機械設備などを必要とするため、ある製品の生産が増加した場合、製品に関連する他の産業の生産活動にも影響を与える(波及効果)。この傾向は、自動車のように大量の部品、大規模な工場を必要とする製品において顕著となる。さらにこれらの産業による設備投資は乗数効果を通じて総需要を増大させる。国内総生産(GDP)に占める割合は第三次産業の方が高いにもかかわらず、製造業の動きが景気に影響を与えるのは、波及効果が大きいためである。製造業 フレッシュアイペディアより)

  • ゼロ金利政策

    ゼロ金利政策から見た設備投資設備投資

    金利負担の低下が財政政策の発動や設備投資、住宅投資などの容易さに結びつき、総需要増大効果をもたらす。また、いわゆるゾンビ企業仮説として(ゾンビ)、重債務企業の存続が容易になるため、経済資源の再配分が低調になり、生産性の低い企業が残存すると唱えられる。このゾンビ企業仮説に関しては、ゾンビ企業とされた企業がその後多数復活した事実から、ゾンビ企業を清算することの是非が問われるとの研究や、そもそも生産性低下の原因はゾンビ企業存続ではなく内部効果の減少や高生産性企業の退出であったとの研究もある。ゼロ金利政策 フレッシュアイペディアより)

  • 産業革命

    産業革命から見た設備投資設備投資

    地方の地主、いわゆるジェントリたちがこの種の産業の担い手であったが、こういった農村工業の進展はプロト工業化と呼ばれる。毛織物工業で蓄積された資本は、後に綿織物工業に利用され、産業革命につながったとされるが、初期の綿織物工業にはそれほど大きな設備投資が必要ではなく、毛織物の担い手であったジェントリ以外にも雑多な職業の人間が参入していたことが分かっている。彼らの多くは蓄積された資本ではなく、借金によって必要な資金を賄ったといわれ、柔軟な資金供給が当時としては問題であったとも言われる。産業革命 フレッシュアイペディアより)

  • ジャストインタイム消費システム

    ジャストインタイム消費システムから見た設備投資設備投資

    ジャストインタイム生産システムは設備投資を増やし、逆に在庫を減らすことで、家計の需要に柔軟に効率よく対応することを目的とする。一方、ジャストインタイム消費システムは、固定投資を減らし、社会資本を必要なときに必要なだけ利用することで、効率の良い家計消費を行うことを目的とする。ジャストインタイム消費システム フレッシュアイペディアより)

  • 電子マネー

    電子マネーから見た設備投資設備投資

    「様々な店舗で利用できる」ような汎用性の高い電子マネーを発行する事業者となるには、小売店にまで行き届いたインフラの構築が必要となる。情報を記録するサーバや利用者が支払いに利用するインターフェースの普及などへの膨大な設備投資が必要で、これら決済システムの導入が普及の前提となるため、参入のハードルは高い。電子マネー フレッシュアイペディアより)

  • ニューエコノミー

    ニューエコノミーから見た設備投資設備投資

    直後に起きた、ITバブル崩壊により1990年代に長く続いた設備投資主導の景気拡張が終焉し景気後退が始まったことから、ニューエコノミー論は間違いであったとされ、以後広く伝えられることは無くなった。ニューエコノミー フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「機械受注統計」のニューストピックワード

おすすめ画像