1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • 村田大介

    村田大介から見た設備投資設備投資

    2003年父村田純一の後任として、村田機械社長に就任。機械の動作制御など、繊維機械、工作機械など4事業部共通の研究を開始。世界金融危機で設備投資が抑制される中で、中国、インドなど新興国向けへのシフトを進める。2002年東レエンジニアリング、帝人製機と共同出資でTMTマシナリーを設立し、化合繊機械事業を移管。2009年8月全額出資のムラテックオートメーションを設立。半導体工場・FPD工場向け搬送装置分野を分社化、アシストテクノロジーズジャパンより全事業の事業譲渡を受け事業統合した。村田大介 フレッシュアイペディアより)

  • 日立精機

    日立精機から見た設備投資設備投資

    NC旋盤などの工作機械を主力商品としていたが、バブル崩壊後の設備投資意欲の減退の影響を受け経営破綻した。その後工作機械に関わる全事業は森精機製作所に引き継がれた(森精機ハイテック)。2004年9月にグループ各社と共に破産宣告を受けた。民事再生法適用申請時には東証1部、大証1部及び名証1部に上場していた。なお日立製作所との資本関係はない。日立精機 フレッシュアイペディアより)

  • 装置産業

    装置産業から見た設備投資設備投資

    装置産業(そうちさんぎょう)とは、一定以上の生産やサービスの提供のために巨大な装置(システム)を要すると考えられる産業、あるいは十分な装置や設備を整えればそれだけで一定の成果・収益が期待できると見られる産業を指す用語。積極的な設備投資が求められる製造業を中心とした第二次産業全般を指すことが多い。装置産業 フレッシュアイペディアより)

  • 金融危機

    金融危機から見た設備投資設備投資

    近代に金の預り証から始まった銀行は、金本位制の下で発展を続けた。産業革命後、設備投資や商業取引による資金需要増大で銀行は大いに成長したが、不安定な信用構造はたびたび崩壊し十年周期の景気循環を引き起こす要因となっていた。金融危機 フレッシュアイペディアより)

  • 産業構造の転換

    産業構造の転換から見た設備投資設備投資

    その一方1980年代には重厚長大産業は生産を縮小し高付加価値製品に特化した戦略にシフトする。しかし、21世紀初頭には長年停滞していた重厚長大産業も中国経済の旺盛な設備投資により復権した。(ただし、2008年の世界金融危機により輸出産業は軒並み打撃を受けている)産業構造の転換 フレッシュアイペディアより)

  • 信用創造

    信用創造から見た設備投資設備投資

    設備投資による借り入れなどが増加する景気のよい時期には、自然と貨幣が増加する。一方、設備投資が一巡し、新たな借入よりも返済が多くなれば、景気は落ち着き、貨幣は減少する。信用創造 フレッシュアイペディアより)

  • オフセット印刷

    オフセット印刷から見た設備投資設備投資

    非常に鮮明な印刷が可能で、版が直接紙に触れないことから胴の磨耗が少なく、大量印刷にも適する。輪転機を使用すれば短時間で大量の印刷が可能になる。紙に施す印刷技術としては、立体感が劣る、設備投資にかかる費用が高いといった点以外はほとんど欠点らしい欠点が無く、オフセット印刷用の用紙の発達もあり、現在世界中で供給される商業印刷機の多くをオフセット機が占めている。オフセット印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 資本ストック

    資本ストックから見た設備投資設備投資

    設備投資は設備のフロー」「資本ストックは設備のストック」と言われる。これは設備投資が毎年なおの一定期間ごとに設備に投入される量で、そこから減価償却などを除いてなお残った分がストック(在庫)として資本ストックに加えられる。資本ストック フレッシュアイペディアより)

  • 民間投資

    民間投資から見た設備投資設備投資

    民間投資 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「機械受注統計」のニューストピックワード

  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜

  • 甲子園に足を踏み入れたときは鳥肌が立ちました

  • 今の僕があるのは、荒川さんの情熱あったから

おすすめ画像