714件中 91 - 100件表示
  • 工作少年

    工作少年から見た機械機械

    工作少年(こうさくしょうねん)とは、機械いじりや工作の得意な少年、少女の総称。工作少年 フレッシュアイペディアより)

  • 故障率曲線

    故障率曲線から見た機械機械

    故障率曲線(こしょうりつきょくせん)とは、機械や装置の時間経過tに伴う故障率y (t) の変化を表示した曲線のこと。その形からバスタブ曲線と呼ばれて、時間の経過により初期故障期、偶発故障期、摩耗故障期の3つに分けられる。故障率曲線 フレッシュアイペディアより)

  • GEOMILL326

    GEOMILL326から見た機械機械

    高精度マイクロミル「GEOMILL326」(こうせいどマイクロミル)は、独立行政法人海洋研究開発機構地球内部変動研究センターと国立大学法人島根大学が共同開発した、岩石試料をマイクロメートル単位で切削できる機械である。GEOMILL326 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立平塚西工業技術高等学校

    神奈川県立平塚西工業技術高等学校から見た機械機械

    前身の県立平塚技術高校は高度経済成長期の1960年代当時、日本の基幹産業であった自動車・機械製造業界の即戦力となる人材の育成を目指して、横浜・川崎・大船・相模原の各技術高校と共に4年制の昼夜間定時制高校として設立された。通常の工業高等学校に比べて専門科目が多く、2学年次より実際の企業現場での実習が行われ、それに伴い変則的に夜間授業(1昼2夜、3日のうち1日は昼間、2日間は夜登校)を行うなど、実践的な授業形態を取っていた。その後、他の技術高校と共に再編され、全日制(3年制)の工業技術高校となる。神奈川県立平塚西工業技術高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 明治町 (米子市)

    明治町 (米子市)から見た機械機械

    建設関係では、大正時代からの加藤豊吉商店(浅野セメント特約店、煉瓦・土管・セメントなど取扱)、北村鉄工(機械・建具・金物、鉄道工事下請)が営業。その他、長尾製材、児玉家具店、原酒店、吹野製氷店がある。明治町 (米子市) フレッシュアイペディアより)

  • 潤滑油

    潤滑油から見た機械機械

    潤滑油(じゅんかつゆ)とは、機械の歯車などを、効率よく潤滑するための油である。エンジンオイルもこの一種。 また、この化学的性質を例えとして、物事が円滑に運ばれるための仲立ちとなる物や人を指す言葉としても使われる。潤滑油 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の経済

    カリフォルニア州の経済から見た機械機械

    カリフォルニア州は歴史的に国際貿易と観光からかなりの収入を得てきた。しかし、アメリカ合衆国の製品輸出額に占めるカリフォルニア州の構成比は2000年の15.4%から2008年の11.1%と着実に縮小している。2007年におけるカリフォルニア州の製品輸出高は1,340億ドルであり、そのうち480億ドルはコンピュータと電子機器であり、その次には運輸、非電気機械、農業、化学と続いている。カリフォルニア州の貿易と輸出は100万人以上の州民に高給の得られる職を提供している。アメリカ合衆国商務省経済分析局 (BEA) に拠れば、2005年に外国籍企業がカリフォルニア州の労働者542,600人を雇用しており、50州の中でも最大である。2005年でカリフォルニア州における海外投資の主要国は日本、イギリス、スイス、フランスおよびドイツである。この海外投資は州内私企業雇用者総数の4.2%に相当した。カリフォルニア州の経済 フレッシュアイペディアより)

  • インシュレーター

    インシュレーターから見た機械機械

    原動機、ギアボックス、その他の振動を発する機械装置を支持するマウントや、機器を振動から守るために用いられる防振材。金属ばね、ゴム、シリコーン、ナイロン、ウレタンなど、弾性や塑性のある材料が一般的。インシュレーター フレッシュアイペディアより)

  • 永久運動の夢

    永久運動の夢から見た機械機械

    『永久運動の夢』(えいきゅううんどうのゆめ、)は、イギリスの著述家、アーサー・オードヒュームの永久機関の歴史に関する著書である。1975年の英国放送協会(BBC)のテレビ番組のために調査が始められ、1977年にイギリスで出版された。オードヒュームは航空エンジニア出身で、オルゴールや機械仕掛けの楽器に関する分野の著書のある人物である。永久運動の夢 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥッラー2世国王設計開発局

    アブドゥッラー2世国王設計開発局から見た機械機械

    アブドゥッラー2世国王設計開発局(アラビア語: 、英語: King Abdullah II Design and Development Bureau、略称 KADDB)はヨルダンの防衛産業企業。同局は1999年8月24日、勅令によりに設立された。ヨルダン軍(Jordanian Armed Forces)への科学技術を外国に頼らず自前で提供しよう、というのがその目的だ。また、KADDBが設立されたのは、中東の気候や地形に合う兵器、軍需品、機械設備などを、1ヶ所で供給できるようにするためでもある。同局はヨルダン軍の中にある独立した機関で、活動に当たっては営利を追求し、予算は防衛費と営業利益の両方を財源としている。アブドゥッラー2世国王設計開発局 フレッシュアイペディアより)

714件中 91 - 100件表示

「機械」のニューストピックワード