856件中 11 - 20件表示
  • 未来派

    未来派から見た機械機械

    未来派(みらいは)とは、フトゥリズモ(、フューチャリズム、)とも呼ばれ、過去の芸術の徹底破壊と、機械化によって実現された近代社会の速さを称えるもので、20世紀初頭にイタリアを中心として起こった前衛芸術運動。この運動は文学、美術、建築、音楽と広範な分野で展開されたが、1920年代からは、イタリア・ファシズムに受け入れられ、戦争を「世の中を衛生的にする唯一の方法」として賛美した。未来派 フレッシュアイペディアより)

  • 故障

    故障から見た機械機械

    機械の円滑な動作に問題がある場合このように表現することもあれば、(人間および動物の)身体に不調がある場合にもこの語が使われる。故障 フレッシュアイペディアより)

  • メカ

    メカから見た機械機械

    メカは "mechanism"(機械装置)または "mechanical"(機械の)を略した日本で生まれた用語。日本では機械とほぼ同義に使われることもあるが、海外では人間が搭乗して操縦するロボットなど「空想的機械装置」の総称として認識されている。以下、後者の意味のメカについて解説する。メカ フレッシュアイペディアより)

  • 八幡製鐵

    八幡製鐵から見た機械機械

    合理化の一方、事業の多角化が進んだ。それまで社内需要を賄っていた工作部門を「工作本部」として1963年(昭和38年)に発足させ、製鉄所に関する機械の外販を開始した。海外での技術協力を開始したのもこのころで、複数のメーカーが参加して1960年代前半に操業を開始したブラジル・ウジミナスのプロジェクトに続いて、1965年にはマレーシアの現地資本と合弁でマラヤワタ・スチール (Marayawata Steel)を設立し、海外への技術協力を本格化させた。八幡製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • サム技研II

    サム技研IIから見た機械機械

    株式会社サム技研セカンドは、愛知県東海市にある日本の機械装置メーカーである。サム技研II フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みシステム

    組み込みシステムから見た機械機械

    組込みシステムとは、特定の機能を実現するために機械や装置等に組み込まれるコンピュータシステムである。PC等の汎用的なシステムと対比され、特定の機能を実現する目的で組み込まれる。産業用機器、医療用機器、家庭用機器等、制御を必要とする多くの製品に用いられている。組み込みシステム フレッシュアイペディアより)

  • オクシデンタリズム

    オクシデンタリズムから見た機械機械

    といった類のすべてが「超克」されねばならない、とされた。座談会の出席者の一人、映画評論家の津村秀夫は、ハリウッド映画を激しく非難し、レニ・リーフェンシュタールの撮ったナチス政治集会のドキュメンタリー映画を絶賛した。強力な国家コミュニティをどう建設するかにおいて、後者の方が彼の考えに近かったからである。津村によれば、西洋に対する戦いとは、「ユダヤ人の金融資本」によって作られた「有毒な物質文明」との戦いだった。そして文化―伝統的な日本文化―は精神的かつ深遠であるのに対し、現代西洋文明は軽薄で根無しで創造性を破壊するものだという見解は、座談会の出席者たちの間で一致していた。彼らの考えでは、西洋(特にアメリカ)は冷淡で機械的である。そこで日本の皇道支配の下に、長い伝統を持つ東洋が統一されれば、慈愛に満ちた有機的かつ健全なコミュニティを取り戻せる、とされた。オクシデンタリズム フレッシュアイペディアより)

  • ガープス

    ガープスから見た機械機械

    呪文を使用するにはエネルギーが必要であり、普通は術者が持っている「疲労点」の一部をエネルギーとして消費する。「疲労点」の代わりに自らの体を傷つけて「ヒットポイント」の一部を削ってエネルギーに変換することもできる。ただし呪文にヒットポイントを1点消費するごとに、その呪文の目標値は-1の修正を受ける。「パワーストーン」を持っていれば、パワーストーンからエネルギーを引き出して呪文を使用こともできる。《動力奪取/TL》、《動力消費/TL》などの「動力系呪文」を使用すれば電池やエンジン、機械、発電所などから呪文に消費するエネルギーを消費することができる。「儀礼魔法」の儀式では複数の魔術師や助手から「疲労点」を貰って膨大なエネルギーを消費する呪文を使うことができる。ガープス フレッシュアイペディアより)

  • 幕末期の文化

    幕末期の文化から見た機械機械

    薩摩藩主島津斉彬は7年半の治世で驚異的な藩政改革をすすめ、人材登用とともに富国強兵に尽力した。上述の反射炉だけではなく日本初となる溶鉱炉をつくり、機械・紡績・ガラス・帆船などの洋式工場を建設して地雷・水雷の製造もおこなった。これら工場群は集成館と称され、ガス灯の実験もおこなわれた(「集成館事業」)。幕末期の文化 フレッシュアイペディアより)

  • 第四間氷期

    第四間氷期から見た機械機械

    『第四間氷期』(だいよんかんぴょうき)は、安部公房のSF長編小説。「序曲」「プログラム カード No.1」「プログラム カード No.2」「間奏曲」「ブループリント」の5章から成る。日本で最初の本格的長編SF小説だとされている。万能の電子頭脳「予言機械」を研究開発した博士が、実験台として或る中年男の未来を予言しようとするが、ハプニングに見舞われ事態が思わぬ方向に導かれ、やがて「予言機械」による人類の苛酷な未来予測像と、己の運命が明らかとなる物語。受け容れがたい人類の未来が博士自身の予言機械の未来像であり、それに適応するために、己の研究組織により現在の己が否定されることになるというパラドックスと葛藤が描かれ、日常性と未来の関係、現在にとって未来とは何かを問うている。第四間氷期 フレッシュアイペディアより)

856件中 11 - 20件表示

「機械」のニューストピックワード

  • ADR日本株ランキング

  • シカゴ日経平均先物(CME)

  • どんなユニホームであれ、自分はこのレベルのリーグでプレーできることを光栄に思う