714件中 31 - 40件表示
  • 遊び (工学)

    遊び (工学)から見た機械機械

    工学における遊び(あそび)とは、機械や装置の操作を行う機構(ユーザーインターフェイス/マンマシンインタフェース)に設けられる、操作が実際の動作に影響しない範囲のこと。あるいは、接合部(→接合法)などに設けられた隙間や緩み。遊び (工学) フレッシュアイペディアより)

  • 三田純義

    三田純義から見た機械機械

    三田 純義(みた すみよし、1949年12月6日 - )は、日本の学者・教育学者である。群馬大学教授。専門は金属加工、機械・電気・電子・情報技術教育。三田純義 フレッシュアイペディアより)

  • 全自動圧着機

    全自動圧着機から見た機械機械

    全自動圧着機(ぜんじどうあっちゃくき)とは、指定長での電線の切断動作、ストリップ動作(被覆電線の被覆を剥いで電線の芯線を露出させる事)、電線への圧着端子の圧着動作を行う機械を指す。全自動圧着機 フレッシュアイペディアより)

  • べた基礎

    べた基礎から見た機械機械

    べた基礎(べたきそ)とは、建築物や設備機械の直下全面を板状の鉄筋コンクリートにした基礎をいう。べた基礎 フレッシュアイペディアより)

  • 機械音痴

    機械音痴から見た機械機械

    機械音痴(きかいおんち)とは機械類を使いこなすことが苦手な人を指す言葉である。音痴とは本来、音に関する感覚が鈍い人を指すが、そこから派生した言葉である。メカ音痴と呼ぶこともあり、またその中でパソコン動作に関して自由に使えない、使うのが苦手な人はパソコン音痴などと呼ぶこともある。機械音痴 フレッシュアイペディアより)

  • テレスコピック

    テレスコピックから見た機械機械

    テレスコピック(telescopic)とは、望遠鏡で風景を拡大すること(テレスコーピング(Telescoping)が転じて、機械などで、携帯型の望遠鏡のように、重なり合った筒が伸び縮みする構造のこと。テレスコピック フレッシュアイペディアより)

  • 通信機

    通信機から見た機械機械

    通信機(つうしんき)とは、電気通信や電磁波通信や音波通信等を行うための機械のことである。通信機 フレッシュアイペディアより)

  • 楽しい工作シリーズ

    楽しい工作シリーズから見た機械機械

    楽しい工作シリーズは模型工作に特化した機械部品や機械要素のセットである。例えば無限軌道用のギアボックスや水中モーター、あるいは有線式リモートコントロールロボットや制御用マイクロコンピュータ、太陽電池や風力発電機、さらには輪ゴム動力の組み立て模型など多岐にわたる。楽しい工作シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 濁水処理機

    濁水処理機から見た機械機械

    濁水処理機(だくすいしょりき)とは、通常工事現場内等で出る工業用排水を通常の排水路に生活排水レベルに適合するようにPH値や水質を変えて流せるようにする機械濁水処理機 フレッシュアイペディアより)

  • 立体視

    立体視から見た機械機械

    立体視(りったいし)は、動物やそれを模した機械が、立体的な視覚を得る方法。立体視 フレッシュアイペディアより)

714件中 31 - 40件表示

「機械」のニューストピックワード