714件中 41 - 50件表示
  • 産業機械

    産業機械から見た機械機械

    産業機械(さんぎょうきかい)は、機械の一種であり、化学工業、建設業などを含む産業現場で、人にとって苦痛、困難、不可能な作業を補助、代行するもの。産機(さんき)と略される。産業機械 フレッシュアイペディアより)

  • 事務機器

    事務機器から見た機械機械

    特に「機器(機械)」に限定されない広義の事務機器では、机や椅子、あるいは書類・資料を収めるキャビネットなど家具が含まれる。一方の「機器・装置」としての事務用品でも、時代と共に求められる装置は様々なものが登場、利用されてきた。事務機器 フレッシュアイペディアより)

  • メカニマル

    メカニマルから見た機械機械

    メカニマルとはメカニック(機械)とアニマル(動物)の合成語で、動物の骨格・関節・筋肉を機械的な装置で模して作り、その運動機能や行動原理を理論的に再現しようとする試みによって生まれた機械装置、またはそれらを製品化した玩具である。メカニマル フレッシュアイペディアより)

  • 補償

    補償から見た機械機械

    電子回路や、機械などの機構や制御において、誤差、変動や特性バラツキなどを技術的に補正すること。補償 フレッシュアイペディアより)

  • 数取器

    数取器から見た機械機械

    長い間、機械式のものが主流であったが、近年は電池などを用いる電子式のものも登場している。数取器 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣計算機

    紙幣計算機から見た機械機械

    紙幣計算機(しへいけいさんき)とは、紙幣を数える機械である。メーカーによっては紙幣計数機と呼称する。ノートカウンターともいう。紙幣計算機 フレッシュアイペディアより)

  • レバー (操作機具)

    レバー (操作機具)から見た機械機械

    レバー()とは、機器を操作するための入力装置の一種であり、多くの機械に取り付けられている。一般的には棒状で、固定された支点があり、支点に対してレバー自体を動かすことで操作する。機械の動作状態を変更したり、機械の動作するトルク・速度などを調節する為に使用される。レバー (操作機具) フレッシュアイペディアより)

  • チャージ機

    チャージ機から見た機器機械

    電子マネーにチャージする機器や方法は様々であり、電子マネーを取り扱う店舗のレジでのチャージや、チャージ専用の機器(チャージ機)を利用したチャージ、Edyに限ってパソコンとFeliCaリーダ・ライタを利用してのインターネット経由でのチャージなどがある。さらにおサイフケータイを利用している場合には、電子マネーの種類によるが端末から直接オンラインでチャージすることも出来る。チャージ機 フレッシュアイペディアより)

  • 音響・映像機器

    音響・映像機器から見た機器機械

    音響・映像機器 (おんきょう えいぞうきき)とは、記録(録音・録画)をしたり、再生、変換することなどを目的とした機器で、音を対象とする音響機器と、映像を対象とする映像機器の総称。音響・映像機器 フレッシュアイペディアより)

  • 魔神

    魔神から見た機械機械

    英語のmachine(機械)と掛けて「マシン」と読ませる作品も存在する(『魔神英雄伝ワタル』、『魔法騎士レイアース』)。魔神 フレッシュアイペディアより)

714件中 41 - 50件表示

「機械」のニューストピックワード