714件中 51 - 60件表示
  • 平行定規

    平行定規から見た機械機械

    平行定規の機能はT定規と共通点が多いが、平行定規は定規の水平が保たれているので作業しやすい利点がある。垂直線を描くときは平行定規の定規面に三角定規を置いて使用する。また、水平・垂直以外の角度の線を描く際には勾配定規を置いて使用する。あらゆる製図作業に使用可能だが、平行定規は平行線を描くことの多い建築設計で好んで使われ、複雑な角度を描くことが多い機械製図や土木製図では一般にドラフターがよく利用された。平行定規 フレッシュアイペディアより)

  • 下等生物

    下等生物から見た機械機械

    下等生物は、例えば単細胞生物のように極めて単純な体構造(それでも、人間の作る機械などに比べ、極めて精妙な存在である)をしているため、多細胞生物で、かつ複雑な進化の過程を経てきたヒトにとっては、自分の体と比較して極めて単純であるということをもって「下等」と表現される。下等生物 フレッシュアイペディアより)

  • 機械油

    機械油から見た機械機械

    機械油(きかいあぶら)は、機械・装置に使われる油全般のこと。用途により様々なものが利用されている。マシンオイルとも呼ばれる。機械油 フレッシュアイペディアより)

  • 月島機械

    月島機械から見た機械機械

    月島機械株式会社(つきしまきかい、)は、東京都中央区に本社を置く機械メーカー。みどり会の会員企業である。月島機械 フレッシュアイペディアより)

  • 大島農機

    大島農機から見た機械機械

    大島農機株式会社(おおしまのうき)は、農業機械の製造分野で日本を代表する大手メーカーのうちの1つ。自社ブランドでの販売だけではなく、実際には他の大手農業機械メーカーへのOEM供給も行っている。大島農機 フレッシュアイペディアより)

  • 揚貨装置

    揚貨装置から見た機械機械

    揚貨装置(ようかそうち)は、船舶に取り付けられたデリックやクレーン様の設備のことをいい、陸から船へあるいは船から陸へ積載貨物を積み替える港湾での荷役作業に用いられる機械である。 同様の作業を行うクレーンであっても、港湾側に設置・配置されたものは揚貨装置には含まれない。あくまで船上に設置されたもののみを指す。揚貨装置 フレッシュアイペディアより)

  • グレムリン

    グレムリンから見た機械機械

    20世紀初頭にイギリスの空軍パイロットの間でその存在が噂されたのが始まりと言われている。また第二次大戦中は東京に空襲をかけたアメリカ軍爆撃機の乗組員を悩ませた。機械やコンピュータが原因不明で異常な動作をする事をグレムリン効果と言ったりする。またインドの北西戦線に駐留していた英国空軍の兵士たちの想像力の産物とも言われる。名の由来は士官食堂にあった本「グリムの妖精物語」、唯一飲めたビール「フレムリン」の合作とされる。志願部隊のジョフリー・レナード・チェシャー大佐はその名をヨークシャー空港の航空機トラブルのさいに挙げている。またその名はチャールズ・グレイヴズ著『薄い青色の線』(The Thin Blue Line)(1941年)で描かれ、「パンチ」、「スペクテイター」、「ニューヨークタイムス」紙(1942?1943年)でも記事として取り入れられた。グレムリン フレッシュアイペディアより)

  • 定格

    定格から見た機器機械

    定格(ていかく 英語:Rating)とは、機器や装置、部品などについて、指定された条件における仕様、性能、使用限度などのこと。製造者が、その機器の仕様や、適正な使用方法を示した数字で、その値を定格値(英語:Rated value)と言う。定格 フレッシュアイペディアより)

  • 台枠

    台枠から見た機械機械

    台枠(だいわく)とは、機械装置や車両等の概ね底部にあって、上部構造の重量を支え形を安定させるための構造である。台枠 フレッシュアイペディアより)

  • 特別非常勤講師

    特別非常勤講師から見た機械機械

    情報技術、建築、インテリア、デザイン、製図、機械製図、工作、機械工作、設計、機械設計、機械、原動機、電気、電気機器、電力技術、電力応用、電子、電子技術、電子回路、通信技術、電子情報、工業化学、化学工業、化学工学、化学システム技術、繊維製品、繊維技術、染色技術、デザイン技術、染織デザイン、工業数理、土木、測量、土木施工、土木設計、課題研究など特別非常勤講師 フレッシュアイペディアより)

714件中 51 - 60件表示

「機械」のニューストピックワード