856件中 81 - 90件表示
  • ジョン・ブリッテン

    ジョン・ブリッテンから見た機械機械

    ジョン・ケントン・ブリッテン (John Kenton Britten, 1950年8月1日 – 1995年9月5日) は、ニュージーランド出身の機械エンジニア、オートバイ設計者である。同世代の設計に先んじた革新的な特徴を持ち世界記録を保持した。ジョン・ブリッテン フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・フォン・ケンペレン

    ヴォルフガング・フォン・ケンペレンから見た機械機械

    ケンペレンが有名になったのは、「トルコ人」というチェスを指すオートマタ(自動人形)の発明によってだったが、後にこれは悪戯(中に人間が入って動作させていた)と判明した。一方、手動で操作するSpeaking Machine(話す機械、音声合成機)は試験的な音声学の先駆けの一歩としてまぎれもない本物だった。ヴォルフガング・フォン・ケンペレン フレッシュアイペディアより)

  • 濁水処理機

    濁水処理機から見た機械機械

    濁水処理機(だくすいしょりき)とは、通常工事現場内等で出る工業用排水を通常の排水路に生活排水レベルに適合するようにPH値や水質を変えて流せるようにする機械濁水処理機 フレッシュアイペディアより)

  • 船政学堂

    船政学堂から見た機械機械

    1867年夏、求是堂芸局は馬尾へ移転すると同時に船政学堂と改称し、更に前学堂と後学堂の2部門に分けられた。前学堂は造船、エンジン及び設計を講義し、後学堂は航海学と操舵技術の教授を担当した。学堂は外国人教授を招聘した関係上テキスト及び講義は全て原語による教育となった。造船方面ではフランス語が採用され、講義科目としてフランス語、幾何学、数学、微積分、物理、機械等が定められ、航海学は英語が採用され、講義科目として英語、数学、幾何学、天文学、地理学、航海理論等が定められた。更に射撃、体操、中国語経史を別に必修と定めている。就業年限は5年であり、卒業後は前学堂の場合は造船所で実習を受け、後学堂の場合は訓練船で実習航海を行なった。更に学業首席の卒業生はヨーロッパへ派遣され、前学堂の場合はドイツの造船所へ、後学堂の場合はイギリスの王立海軍兵学校に派遣され見習い士官として実習経験を積んだ。船政学堂 フレッシュアイペディアより)

  • 蒸気ハンマー

    蒸気ハンマーから見た機械機械

    蒸気ハンマー(じょうきハンマー、)とは、蒸気機関を動力源として、重量ある金属のハンマーを上下させて、鍛造・圧延を行う金属加工機械である。スチームハンマーともいう。蒸気ハンマー フレッシュアイペディアより)

  • LMガイド

    LMガイドから見た機械機械

    LMガイド(えるえむガイド)は、機械の直線運動部を「ころがり」を用いてガイドする機械要素部品である。名称は『Linear Motion Guide(リニア・モーション・ガイド)』の略である。LMガイド フレッシュアイペディアより)

  • エレツ

    エレツから見た機械機械

    19世紀にはエレツはこの地方最大の交易の中心地として栄えた。手作りのレースはこのとき以来エレツの名産品である。その他、製粉、機械生産が主要産業となっている。エレツ フレッシュアイペディアより)

  • 立体視

    立体視から見た機械機械

    立体視(りったいし)は、動物やそれを模した機械が、立体的な視覚を得る方法。立体感はさまざまな方法で得られ、脳内で総合的に判断される。ヒトなど両眼が前面に向いた動物が最大数百メートル以下の近距離を見るときは、両眼視差による両眼視差立体視が最も重要である。立体視による視覚は、完全な3次元の知覚ではなく、2次元の視覚に奥行き情報を追加した、2.5次元の知覚である。立体視 フレッシュアイペディアより)

  • パイロットランプ

    パイロットランプから見た機器機械

    パイロットランプ()は、電力を消費して動作する機器が、通電状態にあることを示す電灯のこと。広義には点灯することのみで何らかの状態を示す一種の表示装置を含む場合がある。表示灯(ひょうじとう)とも。パイロットランプ フレッシュアイペディアより)

  • 削り出し

    削り出しから見た機械機械

    削り出しは、素材の加工において均一な塊から形を圧延を行わずに切削することで形を作ることである。広義には彫刻も一種の「削り出し」ではあるが、一般には機械の部品(機械要素)などを製作する場合を指す。削り出し フレッシュアイペディアより)

856件中 81 - 90件表示

「機械」のニューストピックワード