前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示
  • 田久保忠衛

    田久保忠衛から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2014年10月、櫻井よしこと共同で「美しい日本の憲法をつくる国民の会」を結成。2015年、三好達の後任として日本会議会長に就任した。国際フォーラム理事。財団法人ディフェンスリサーチセンター・日本財団理事。国家基本問題研究所の筆頭副理事長。「新しい歴史教科書をつくる会」・「体罰の会」顧問。映画「南京の真実」の賛同者も務める。田久保忠衛 フレッシュアイペディアより)

  • 北村稔

    北村稔から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    北村稔, 櫻井よしこ , 田久保忠衛「棍棒なき外交 「田母神殺し」が「尖閣」を招いた」(『歴史通』(10) (総力特集 尖閣・朝鮮半島は歴史問題だ!),pp.52-68, 2011年01月号)北村稔 フレッシュアイペディアより)

  • 波 (雑誌)

    波 (雑誌)から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    1967年(昭和42年)1月、全24ページ、定価10円の季刊誌として創刊された。1969年に隔月刊となり、1972年3月号より月刊誌となる。「表紙の筆蹟」は、第5号に当たる1968年春季号の川端康成の書「風雨」からスタートする。創刊号の執筆陣は、福田恆存、小林秀雄、福原麟太郎、円地文子、野間宏、中島河太郎、吉田秀和、原卓也、大江健三郎など。井上ひさし『私家版 日本語文法』、山口瞳『居酒屋兆治』、櫻井よしこ『何があっても大丈夫』など、『波』に連載された作品でベストセラーとなったものは多い。2007年1月号より、レイアウトがリニューアルされ、全128ページとなる。2011年8月号で通巻500号を達成している。波 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 乙骨正生

    乙骨正生から見た櫻井よし子櫻井よしこ

    政治的位置を問わず、きわめて多岐にわたる人脈を持つ。乙骨と同様に創価学会を脱会した元創価学会教学部長の原島嵩や元創価学会顧問弁護士の山崎正友、元公明党代議士の大橋敏雄、元公明党都議会公明党幹事長の龍年光、元公明党都議会公明党幹事長の藤原行正らとの連携・協力に加え、著作の多くは共産党系の出版社から出ている(参照)一方、櫻井よし子・平沼赳夫・水島総などの保守系人脈と共著がある(参照)。朝木明代市議転落死事件(東村山市)では、事件の翌日から東村山市議会議員矢野穂積と連携して他殺説の広報を行い、『文藝春秋』に執筆した記事は自民党議員の国会質問の根拠となった。2008年には矢野に協力する瀬戸弘幸・西村修平ら右翼活動家の集会に参加している。また、石井一・前田雄吉ら小沢一郎系の民主党国会議員らによる流通ビジネス議員連盟による番組「ネットワーク・プラザ」が乙骨が法人理事をつとめる多摩レイクサイドFMで放送され、乙骨は番組制作費として同連盟から数十万を受領し、番組の著作権は同連盟に譲渡されて、番組収録CDの販売代金は同連盟の収益となっている。石井・前田らはFORUM21にも数度寄稿している。乙骨正生 フレッシュアイペディアより)

  • 田母神論文問題

    田母神論文問題から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、講談社)や『黄文雄の大東亜戦争肯定論』( ワック出版)」、『日本よ、「歴史力」を磨け』(櫻井よしこ編、文藝春秋)」によれば、1928年の張作霖爆殺事件は関東軍の仕業ではなく、コミンテルンの仕業であるという説が極めて有力である。田母神論文問題 フレッシュアイペディアより)

  • 眞相はかうだ

    眞相はかうだから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『眞相はかうだ』は『太平洋戰爭史』を劇化したもので、これらGHQによるプロパガンダは「各層の日本人に、彼らの敗北と戦争に対する罪、現在及び将来の苦難と窮乏に対する軍国主義者の責任、連合国の軍事占領の理由と目的を、周知徹底せしめること」を眼目として開始され、「大東亜戦争」という言葉の抹殺、及びそれに代る「太平洋戦争」という言葉の導入によってそれが持つ意味、価値観が入れ替えられることとなった。櫻井よしこや保阪正康ら、一部の保守系評論家はこれら一連のGHQによる歴史観は現在主流の根底を占めることになっているとの見解を示している。眞相はかうだ フレッシュアイペディアより)

  • 子供が寝たあとで

    子供が寝たあとでから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    ジャーナリストの櫻井よしこがナレーションを務めたことでも有名。子供が寝たあとで フレッシュアイペディアより)

  • 新報道プレミアA

    新報道プレミアAから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    毎週、安藤優子・滝川クリステル・櫻井よしこの3人に加え、プレミアゲスト(ゲストコメンテーター)が出演する。これにより、安藤と滝川は土曜日以外のテレビ番組に出演することとなった。初期の頃は、ゲストが1人のときが多かったが、2008年に入ってからはゲストが3人以上の回も出てきた。新報道プレミアA フレッシュアイペディアより)

  • ニュースキャスター

    ニュースキャスターから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    それまで男性のキャスターがニュース番組の進行を務めることが多かったが、1980年代に各局が女性キャスターを起用し始める。その先駆けとなったのが、『きょうの出来事』(日本テレビ)を担当した櫻井よしこである。だが実際は、1978年に田丸美寿々が『FNNニュースレポート6:30』を担当し、既にキャスターの位置付けをとっており、田丸を日本初の女性キャスターだとする意見もある。様々意見は分かれるが、テレビ証券は「田丸さんは、日本でいうキャスターの先駆けで、ジャーナリストからアンカーを務める米国流で言えば、櫻井さんが日本初のアンカーパーソン」と、両者ともにキャスターの先駆けであることに違いはない、と述べている。ニュースキャスター フレッシュアイペディアより)

  • 文藝春秋読者賞

    文藝春秋読者賞から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    第67回(2005年)「日中韓「靖国参拝」大論争」櫻井よしこ,田久保忠衛, 劉江永1 「日本 敗れたり--あの戦争になぜ負けたのか」半藤一利, 保阪正康, 中西輝政、福田和也、加藤陽子、戸高一成文藝春秋読者賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード