128件中 11 - 20件表示
  • 太平洋戰爭史

    太平洋戰爭史から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ、GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く?戦後日本人の歴史観はこうして歪められた?小学館文庫、平成14年 ISBN 4094028862太平洋戰爭史 フレッシュアイペディアより)

  • TREASURY

    TREASURYから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    キャスターの櫻井よしこか聞き惚れて自身の出演するニュース番組のエンディングテーマ曲にしたという、母性愛を歌ったバラード。TREASURY フレッシュアイペディアより)

  • 桜井よし子

    桜井よし子から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    桜井よし子 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井良子

    櫻井良子から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井良子 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井良子

    桜井良子から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    桜井良子 フレッシュアイペディアより)

  • 冨高由喜

    冨高由喜から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこを目標とし、ニュースを真摯に伝える姿勢(自ら取材し特集を制作)を大切にしている。冨高由喜 フレッシュアイペディアより)

  • フェノテロール

    フェノテロールから見た櫻井よし子櫻井よしこ

    1997年ごろ、薬害オンブズパースンやジャーナリストの櫻井よし子は、喘息患者の死亡は当時最もよく使われていたβ2刺激剤であるベロテックの心臓への副作用が原因であると主張し、当時の厚生省と販売元の日本ベーリンガーインゲルハイム社にベロテックの販売中止を要求するなどの運動が起こしていた。当時専門家によって、β2刺激剤の常用による耐性の発生や、β2刺激剤の乱用を許すことによる通院の遅れなどによって、喘息悪化・喘息死のリスクが増大していることは指摘されていた。しかし同時に、発作時のβ2刺激剤の使用は喘息治療に必須であることも認められていた。薬害オンブズパースンらは、喘息治療の現場への無知、喘息死に対する誤解(喘息死のほとんどは喘息症状の悪化によるものであり、β2刺激剤の副作用ではない)、データの悪質な誤用による主張などがあり、喘息の専門家・患者団体からの支持をまったく受けることができず、現場を混乱させたとして批判されている。フェノテロール フレッシュアイペディアより)

  • 山縣由美子

    山縣由美子から見た櫻井良子櫻井よしこ

    入社当時の南日本放送は、鹿児島の土地柄もあってか男尊女卑の空気がまだ強く、人手が足りないのでやむを得ずニュースを読んだのに「おなご(鹿児島弁で「女」を意味する)がニュース読むか!」と先輩から理不尽に叱られた事もあったと、放送批評誌である『GALAC』(2009年2月号)で述べている。当時は前年に「NHKニュース (午後7時)」や「NNNきょうの出来事」等の全国ニュースへ女性キャスター(加賀美幸子、村田幸子、櫻井良子 etc.)が漸く登場し始めた時期で、女性がニュースを読む事に強い抵抗感を持つ業界関係者も多い時代だった。しかし、山縣の登場を機に鹿児島では次々と女性アナウンサーがニュースへ登場し始めた為、アナウンス部時代の山縣が鹿児島・九州の民放へ果たした貢献は大きい。山縣由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京工芸大学女子短期大学部

    東京工芸大学女子短期大学部から見た櫻井よし子櫻井よしこ

    東京工芸大学女子短期大学部の同窓会は「華輪会」と称し、卒業生が輩出される1982年に発足された。同窓会会報誌『かりん』が1984年より発行される。1985年よりほぼ毎年華輪会総会が催され、北野大・トニー田中・櫻井よし子・安藤和津・小林カツ代などの著名人が招かれたことがある。東京工芸大学女子短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 北村稔

    北村稔から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『諸君!』2002年1月号では、 櫻井よしこ 、鈴木明・石川瑞穂・阿羅健一らによって北村説が肯定的に紹介された。北村稔 フレッシュアイペディアより)

128件中 11 - 20件表示