177件中 11 - 20件表示
  • 人権擁護法案

    人権擁護法案から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    廃案後も、政府・与党では引き続き法案の検討が行われ、報道機関を特別救済の対象としないことなどの修正を加えた上で、再提出が試みられた。2005年(平成17年)2月には、政府・与党が前回の法案に一部修正を加えた上で、同年の第162回国会(常会)に再提出する方針を一旦固めた。しかし、法案について議論・検討した自民党法務部会での議事進行が、法案推進派の古賀誠・元自民党幹事長らによって強引に行われたとして、法案慎重派の平沼赳夫(法案に反対する真の人権擁護を考える懇談会会長)、亀井郁夫、城内実、衛藤晟一らから反対意見が噴出した結果、党執行部は同年7月に法案提出を断念した。産経新聞、日本文化チャンネル桜などのメディアや、西村幸祐、櫻井よしこ、西尾幹二などの文筆家、インターネット上のブログや掲示板でも、この動きに同調して、反対運動が活発化した。このときには、「人権侵害」の定義が曖昧であること、人権擁護委員に国籍要件がないこと、人権擁護委員の推薦候補者として「その他人権の擁護を目的とし、又はこれを支持する団体の構成員」を挙げたことなどを主な反対理由としていた。人権擁護法案 フレッシュアイペディアより)

  • 日本会議

    日本会議から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    イギリスのエコノミストに2015年6月に掲載された記事について、取材を受けた櫻井よしこの主張が紙面でとりあげられていないことから、「初めから日本会議を叩くのが目的で、櫻井さんから何か裏付け材料になるものを得ようという魂胆だったのだろう」と田久保忠衞は主張している。また、エコノミストが「憲法九条の第一項の廃止しようとしている」と報道したことについては、改憲論者であるとしても「第九条の二項を変えようという者はいるが、一項を変えようという者はいない」とし、「呆れた報道である」と反論している。日本会議 フレッシュアイペディアより)

  • NNNきょうの出来事

    NNNきょうの出来事から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    日本初の民間放送テレビ局として開局してからまだ1年余りしか経っていなかった日本テレビで、一日のニュースを振り返る番組として1954年10月4日に放送開始された。当初は月曜日から金曜日で、1958年4月5日の土日版スタート以降は全日放送となる。出演当時同局のアナウンサーだった小林完吾や、女性アンカーパーソンの先駆けとなったジャーナリストの櫻井よしこなどがキャスターを務めたことでも知られる。NNNきょうの出来事 フレッシュアイペディアより)

  • 皇位継承問題 (平成)

    皇位継承問題 (平成)から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ(ジャーナリスト)皇位継承問題 (平成) フレッシュアイペディアより)

  • 平和安全法制

    平和安全法制から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ(ジャーナリスト)平和安全法制 フレッシュアイペディアより)

  • ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

    ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    江藤は「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」(戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画)という名称がGHQの内部文書に基づくものであると論じ、高橋史朗、藤岡信勝、小林よしのり、櫻井よしこ、保阪正康、西尾幹二、勝岡寛次、『産経新聞』、ケント・ギルバートらが追随している。ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム フレッシュアイペディアより)

  • そこまで言って委員会NP

    そこまで言って委員会NPから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ(出演回数14回、ジャーナリスト)そこまで言って委員会NP フレッシュアイペディアより)

  • 桜井よしこ

    桜井よしこから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    桜井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よし子

    櫻井よし子から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よし子 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井よし子

    桜井よし子から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    桜井よし子 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード