128件中 21 - 30件表示
  • 清水勉

    清水勉から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『住基ネットとは何か』(明石書店):伊藤穣一、櫻井よしこらと共著清水勉 フレッシュアイペディアより)

  • FNN選挙WARS〜改革の最終審判〜

    FNN選挙WARS〜改革の最終審判〜から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    コメンテーター・三宅久之、櫻井よしこFNN選挙WARS〜改革の最終審判〜 フレッシュアイペディアより)

  • 米田 建三

    米田建三から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『危ない!人権擁護法案』(展転社,2006年/共著・平沼赳夫・城内実・櫻井よしこ等)米田建三 フレッシュアイペディアより)

  • 明成社

    明成社から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    皇室関連では、侍従長を務めた渡邉允『平成の皇室』、櫻井よしこらが寛仁親王にインタビューした話をまとめた『皇室と日本人 寛仁親王殿下お伺い申し上げます』、椎谷哲夫(東京新聞宮内庁担当)『敬宮愛子さまご誕生―宮中見聞記』(前東宮大夫・野村一成執筆、明成社編)『皇太子殿下 皇位継承者としてのご覚悟』等を刊行している。明成社 フレッシュアイペディアより)

  • 朱建栄

    朱建栄から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2008年8月24日放送のテレビ朝日「サンデープロジェクト」においては、中国は変化しており、報道規制もなくなりつつあると述べ、「チベット民族などの暴動」についての報道規制を特に批判した国境なき記者団は過激で信頼できない団体であり、それをもって中国が現在、報道規制が強いというのは間違いであると主張。それに対して同席していた櫻井よしこからは、外国特派員協会も同じように報道規制について批判していると反論され、「朱さんは、中国政府の代弁者と言っていい形の方」と評された。2005年の8月15日放送の『日本の、これから』では南京大虐殺論争では櫻井よしこの虐殺否定説を否定しており、ティルマン・ダーディン記者の証言を肯定している。朱建栄 フレッシュアイペディアより)

  • 許文龍

    許文龍から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    外交面では、1996年から約4年間総統府の国策顧問を務めた他、陳水扁総統の相談役として、台湾独立運動を支持している事で知られている。しかし、2005年には「台湾と中国は一つの中国に属している。台湾の独立は支持しない。反分裂国家法を支持する」などといった、事実上「一つの中国」を容認する中国政府の政治原則に同調する書簡を発表し、物議を醸した事もあった(中国大陸に進出した奇美実業に、中華人民共和国政府が圧力をかけたため)。櫻井よしこは中国経済に寄与したことなど一顧だにせず、感謝もせず、中国経済に貢献した人物をもたたきつぶすこの徹底した冷酷非情と現世利益追求が中国のやり方と酷評している1。許文龍 フレッシュアイペディアより)

  • ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

    ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く?戦後日本人の歴史観はこうして歪められた?』小学館文庫、2002年(平成14年)ISBN 4094028862ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 四宮康雅

    四宮康雅から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    1981年、日本テレビ放送網に入社。報道記者やNNN系列の当時メインニュース番組だった「NNNきょうの出来事」(櫻井良子(現:櫻井よしこ)がアンカーパーソン)の企画ディレクターを務める。特に1988年に昭和天皇が倒れてから翌1989年1月7日に崩御するまでの間は宮内庁詰めの報道記者として一連の病状報道に関わる。後にその模様をまとめた「昭和最後の日?テレビ報道は何を伝えたか」(日本テレビ報道局天皇取材班)を出版した際には、同書執筆の中心人物の一人となった。四宮康雅 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年中国における日本人死刑執行問題

    2010年中国における日本人死刑執行問題から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    産経新聞4月3日の社説『主張』は、「中国の裁判制度も世界を納得させるものに変わるには、言論の検閲やチベットの人権問題と同様、一党独裁体制の劇的転換しかないだろう」としたり、同じく産経新聞のニュースサイトで櫻井よしこは、麻薬犯罪は憎むべきものだとしたうえで、「首相は中国には中国の法律がある、それを尊重すべきだと語っている。たしかにひとつの理屈である。だが、法律だからといって、中国政府の定めた法律に日本国政府が無条件に従ってよいものか。」と、尖閣諸島問題や中国の人権問題などを引き合いに出し、中国国内法に対する不満を露にしている。なお毎日新聞の伊藤正志は産経の「主張」に対し「司法の問題であり、政治がテーマではない。だが、産経の中国観の突出ぶりが目立った」と指摘している。2010年中国における日本人死刑執行問題 フレッシュアイペディアより)

  • 大宅壮一ノンフィクション賞

    大宅壮一ノンフィクション賞から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』大宅壮一ノンフィクション賞 フレッシュアイペディアより)

128件中 21 - 30件表示